フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 滅の香 | トップページ | 和漢三才圖會卷第三十七 畜類 黃明膠(すきにかは) (製品としての透(す)き膠(にかわ)) »

2019/02/22

蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 底の底

 

 

 

底(そこ)の底(そこ)、夢(ゆめ)のふかみを

あざれたる泥(ひぢ)の香(か)孕(はら)み、

わが思(おもひ)ふとこそ浮(うか)べ。

 

浮漚(うきなわ)のおもひは夢(ゆめ)の

大淀(おほよど)のおもてにむすび、

ゆららかにゑがく渦(うづ)の輪(わ)。

 

滯(とどこほ)る銹(さび)の綠(みどり)に

濃(こ)き夢(ゆめ)はとろろぎわたり、

呼息(いき)づまるあたりのけはひ。

 

涯(はて)もなく、限(かぎり)も知(し)らぬ

しづけさや、――聲(こゑ)さへ朽(く)ちぬ、

あなや、この物(もの)うきおそれ。

 

浮漚(うきなわ)はめぐりめぐりぬ、

大淀(おほよど)のおもてに鈍(ね)びて

たゆまるる渦(うづ)の輪(わ)のかげ。

 

物(もの)うげの夢(ゆめ)の深(ふか)みに

魂(たましひ)の失(う)せゆくひまを、

浮漚(うきなわ)のおもひは破(や)れぬ。

 

朽(く)ちにたる聲(こゑ)張(は)りあげて

わがおもひ叫(さけ)ぶとすれど、

空(むな)し、ただあざれしにほひ。

 

涯(はて)もなきこの靜(しづ)けさや、

めくるめくおそはれごこち、

涯(はて)もなき夢(ゆめ)のとろろぎ。

 

[やぶちゃん注:「あざれたる」腐ってしまっている。

「泥(ひぢ)」「ひぢ」(現代仮名遣「ひじ」)は「埿」とも書き、特に水溜まりの泥・泥土の意。

「浮漚(うきなわ)」水の上に浮いている泡のこと。「なわ」は「水泡・水沫」の「みなわ」(元「み大淀(おほよど)なあわ」。「な」は「の」の意の格助詞)の「なわ」であるから、歴史的仮名遣は正しい。

「大淀(おほよど)」流れが停滞した大きな澱(よど)み。

「銹(さび)」「錆」に同じい。

「濃(こ)き夢(ゆめ)はとろろぎわたり」最終連でも「涯(はて)もなき夢(ゆめ)のとろろぎ」と繰り返されるが、「とろろぐ」という動詞は知らない。小学館「日本国語大辞典」にも載らぬが、そこには「とろろく」で、「すっかり溶けてどろどろになる」という意味で「古事記」の用例を示す。ここもそれか。識者の御教授を乞う。

「鈍(ね)びて」「ねびる」は「若さがなくなって年寄りじみている・老けて見える」という平安以来の古語であるから、ここは汚れて汚くなった水沫のイメージとして腑に落ちる。

「たゆまるる」「弛まるる」で、「自然、すっかり衰えてしまった」の意であろう。]

« 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 滅の香 | トップページ | 和漢三才圖會卷第三十七 畜類 黃明膠(すきにかは) (製品としての透(す)き膠(にかわ)) »