フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 夏の歌 | トップページ | 柳田國男 山島民譚集 原文・訓読・附オリジナル注「河童駒引」(23) 「川牛」(3) »

2019/02/20

蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 秋の歌

 

 

 

柔(やは)らかき苔(こけ)に嘆(なげ)かふ

石(いし)だたみ、今(いま)眞(ま)ひるどき、

たもとほる淸(きよ)らの秋(あき)や、

しめやげる精舍(しやうじや)のさかひ。

 

並(なら)び立(た)つ樅(もみ)の高樹(たかぎ)は、

智識(ちしき)めく影(かげ)のふかみに

鈍(ね)びくゆる紫(むらさき)ごろも、

合掌(がつしやう)の姿(すがた)をまねぶ。

 

しめやげる精舍(しやうじや)のさかひ、――

石(いし)だたみ音(おと)もかすかに

飜(ひるがへ)る落葉(おちば)は、夢(ゆめ)に

すすり泣(な)く愁(うれひ)のしづく。

 

かぎりなき秋(あき)のにほひや、

白蠟(びやくらふ)のほそき熖(ほのほ)と

わがこころ、今(いま)し、靡(なび)かひ、

ふと花(はな)の色(いろ)にゆらめく。

 

花(はな)の色(いろ)――芙蓉(ふよう)の萎(しな)へ、

衰(おとろ)への眉目(まみ)の沈默(もだし)を。

寂(さび)の露(つゆ)しみらに薰(くん)ず、

かにかくに薄(うす)きまぼろし。

 

しめやげる精舍(しやうじや)に秋(あき)は

しのび入(い)り滅(き)え入(い)るけはひ、

ほの暗(くら)きかげに燦(きら)めく

金色(こんじき)のみ龕(づし)の光(ひかり)。

 

[やぶちゃん注:「たもとほる」「た/もとほる」で「徘徊(たもとほ)る」(「た」は整調強調の接頭語)。上代語で「行ったり来たりする・歩き回る」の意。

「智識(ちしき)」仏道に教え導く指導者・導師・善知識のこと。無論、高木の樅の木のイメージの換喩。

「鈍(ね)びくゆる紫(むらさき)ごろも」「ねぶ」は「年を経る」、「くゆ」は「燻(くゆ)る・薰る」であろうから、相応に香をたきしめた匂い立つような年季の入った高貴な紫衣(しえ)という、同前の擬人表現。

「しめやげる精舍(しやうじや)」「精舎」は寺。「しめやげる」は「しめやかな」に同じく「如何にもひっそりと静まりかえった感じのする」の意。

「しみらに」「繁みらに」。副詞。「暇なく連続して・一日中」の意。

「み龕(づし)」ここは厨子の意で、仏像を祀った仏壇。]

« 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 夏の歌 | トップページ | 柳田國男 山島民譚集 原文・訓読・附オリジナル注「河童駒引」(23) 「川牛」(3) »