フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 偶感 | トップページ | 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 大河 »

2019/02/15

蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 秋のこころ

 

  秋のこころ

 

黃(きば)みゆく木草(きぐさ)の薰(かを)り淡々(あはあは)と

野(の)の原(はら)に、將(は)た水(みづ)の面(も)にただよひわたる

秋(あき)の日(ひ)は、淸(きよ)げの尼(あま)のおこなひや、

懺悔(ざんげ)の壇(だん)の香(かう)の爐(ろ)に信(しん)の心(こゝろ)の

香木(かうぼく)の膸(ずゐ)の膏(あぶら)を炷(た)き燻(く)ゆし、

きらびやかなる打敷(うちしき)は夢(ゆめ)の解衣(ときぎ)、

過(す)ぎし日(ひ)の被衣(かつぎ)の遺物(かたみ)、――靜(しづ)やかに

垂(た)れて音(おと)なき繡(ぬひ)の花(はな)、また襞(ひだ)ごとに、

ときめきし胸(むね)の名殘(なごり)の波(なみ)のかげ、

搖(ゆら)めきぬとぞ見(み)るひまを聲(こゑ)は直泣(ひたな)く――

看經(かんぎん)の、噫(あゝ)、秋(あき)の聲(こゑ)、歡樂(くわんらく)と

悔(くい)と念珠(ねんじゆ)と幻(まぼろし)と、いづれをわかず、

ひとつらに長(なが)き恨(うらみ)の節(ふし)細(ほそ)く、

雲(くも)の翳(かげり)にあともなく滅(き)えてはゆけど、

窮(きは)みなき輪廻(りんね)の業(ごふ)のわづらひは

落葉(おちば)の下(もと)に、草(くさ)の根(ね)に、潜(ひそ)みも入(い)るや、――

その夕(ゆふべ)、愁(うれひ)の雨(あめ)は梵行(ぼんぎやう)の

亂(みだ)れを痛(いた)みさめざめと繁(しじ)にそそぎぬ。

 

[やぶちゃん注:実は六行目「きらびやかなる打敷(うちしき)は夢の解衣(ときぎ)、」は、底本では、

きらびやかなる打敷(うちしき)は夢の解衣(とき),

となっている。則ち、ルビ「とき」はママ(但し、「解」の右にのみ附されてあり、音数律からも脱字であることは容易に類推出来る)で、末尾の「コンマ」もママなのである。しかし、それでは流石に私の電子化を読まんとされる読者はここで躓いてこけてしまう。されば、諸本を確認し、以上の文字列の誤植(脱字)であることを確認した上で、「正規表現版」と名打ってはいるが、特異的に訂することとした。

なお、本詩篇は、明治四〇(一九〇七)年十一月号初出である。

「看經(かんぎん)」(「キン」は唐音)禅宗などで、声を出さないで経文を読むこと。後に声を出して経文を読むこと、読経と同義になったが、私は原義で採る。則ち、後の「秋(あき)の聲(こゑ)、歡樂(くわんらく)と/悔(くい)と念珠(ねんじゆ)と幻(まぼろし)と、いづれをわかず、/ひとつらに長(なが)き恨(うらみ)の節(ふし)細(ほそ)く、/雲(くも)の翳(かげり)にあともなく滅(き)えてはゆけど、/窮(きは)みなき輪廻(りんね)の業(ごふ)のわづらひは/落葉(おちば)の下(もと)に、草(くさ)の根(ね)に、潜(ひそ)みも入(い)るや、――」は総てが、詩人にとっての「秋」という季節の持つ寂滅のイメージの「聲」「音」なのだと思うのである。

「梵行(ぼんぎやう)」淫欲を断つ修行。本は一般に仏道修行をも指すが、ここは前者で採る。]

« 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 偶感 | トップページ | 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 大河 »