フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 橡の雨 | トップページ | 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 晚秋 »

2019/03/02

蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 皐月の歌

 

 皐月の歌

 

雲(くも)は今(いま)たゆらにわたる、

ああ皐月(さつき)、――雲の麝香(じやかう)よ、

麥(むぎ)の香(か)もあたりに薰(くん)ず、

麥(むぎ)の香(か)の波折(なをり)のたゆた。

 

日(ひ)は醉(ゑ)ひぬ、綠(みどり)は蒸(む)しぬ、

ゆをびかに野(の)はうるみたり、

揚雲雀(あげひばり)――阿剌吉(アラキ)のみ魂(たま)、

軟風(なよかぜ)や輕(かろ)き舞(まひ)ぎぬ。

 

見(み)よ、瑞枝(みづえ)、若葉(わかば)のゆらぎ、

ゆらめける梢(こずゑ)のひまを

靑空(あをぞら)や孔雀(くじやく)の尾羽(をばね)、――

數(かず)の珠(たま)、瑠璃(るり)のつらなみ。

 

皐月野(さつきの)の胸(むね)のときめき――

節(ふし)ゆるきにほひの歌(うた)ぞ

日(ひ)に蒸(む)して、綠(みどり)に醉(ゑ)ひて、

たよたよと傳(つた)ひゆきぬる。

 

[やぶちゃん注:「阿剌吉(アラキ)」小学館「日本国語大辞典」によれば、オランダ語「arak」(アラック)で、『江戸時代、オランダから渡来した酒。アルコールに香気をつけたもの、あるいは、丁子、肉桂、ういきょうなどを焼酎につけたものという。アラキざけ』とある。しかし、有明の「阿剌吉(アラキ)のみ魂(たま)」という表現は逐語的には採りにくい。同辞典の用例を見るに、松尾芭蕉編の延宝六(一六七八)年の「桃青三百韻附両吟二百韻」に『花に嵐あらきちんたをあたためて』(信章)『胸につかへし霞はれ行く』(信徳)とある例を見るに(「ちんた」は「チンタ酒」で、やはりポルトガル語の「vinho tinto」に基づく、ポルトガルから伝来した「赤ぶどう酒」のことを指す語である)、これは単に「あらし」に「アラキ」(「荒き」、アルコール度が高い強烈な酒のイメージ)を掛けたものであろう。しかし、ここで有明が「荒御魂(あらみたま)」を雲雀に比喩したとするのは、とてものことに困難であり、寧ろ、これは第一連の「雲の麝香(じやかう)よ」と同じで、皐月の空に舞い上がる揚げ雲雀の飛翔と囀りを、度数の高い酒のキュンとくる感じにメタファーしたものと私は採る。大方の御叱正を俟つ。

« 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 橡の雨 | トップページ | 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 晚秋 »