フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 國木田獨步 短歌 三首 | トップページ | 柳田國男 山島民譚集 原文・訓読・附オリジナル注「河童駒引」(41) 「虬は水神」(2) / 「河童駒引」~了 »

2019/03/26

柳田國男 山島民譚集 原文・訓読・附オリジナル注「河童駒引」(40) 「虬は水神」(1)

《原文》
虬ハ水神 河童ヲ猿ニ似タル物ト云フ說ノ、牛馬ノ保護ヲ祈禱スル信仰ニ出デタルコトハ、以上ノ解釋ニテ先ヅ明ラカニナリタリトシテ置クべシ。唯此ダケニテ濟マヌト感ゼラルヽハ、龜ダ川獺ダト主張スル他ノ地方ノ異說ナリ。更ニ退キテ考フルニ、猿ヲ水中ノ物トシタル理由モ單ニ竃ト馬トノ關係ヲ言フノミニテハ些シク不十分ナリ。故ニ今暫ク此問題ニ足ヲ駐ムルノ必要アラン。サテ河童ノ一名ヲ加賀又ハ能登ニテ「ミヅシ」ト呼ブコトハ前ニ唯一言セリ。能登ニテハ胡瓜ヲ食ヒテ水泳ギニ行ケバ「ミヅシ」ニ取ラルト云フ。【河童ノ藥】羽咋(ハクヒ)郡堀松村大字末吉ノ川ノ邊ニ、淵端某ト云フ疳ノ藥ヲ賣ル舊家アリ。其家ノ先祖或日門前ノ川ニテ馬ヲ洗ヒ居タルニ、「ミヅシ」來タリテ馬ノ脚ヲ纏ヒ陸ニ引揚ゲラル。捕ヘテ之ヲ殺サントスル時助命ヲ切ニ求メ、其禮トシテ疳ノ藥ノ製法ヲ教ヘタリト云フ。此藥今ハ遠ク北海道ニ迄モ販路ヲ有セリ〔鄕土硏究一ノ四號〕。コノ「ミヅシ」ハ南部地方ノ「メドチ」ト同ジキコト疑ナシ。南部ノ八戶邊ニテハ、川ニ泳ギテ「メドチ」ニ取ラレタリト云フ話、今モ每夏絕エズアリ〔石田收藏氏談〕。然ルニ蝦夷ノ土人ノ中ニテモ、河童ヲ「ミンツチ」ト呼ビ來レリ。【芥子坊主】金田一京助氏ノ話ニ、バチェラア氏ノ語彙ヲ見レバ、「ミンツチ」ハ單ニ湖又ハ川ニ棲ム半人半獸ノ靈物トノミアレドモ、「アイヌ」ガ之ニ就キテ語ルヲ聞ケバ、全ク奧州ノ河童ト同ジク、三尺バカリノ芥子坊主ニテ其オ芥子ヲ煙管デデモ打テバスグ死ヌ者ダナドト云フ。彼等ガ傳承ニ從ヘバ、「ミンツチ」ハ元ハ草人形(チシナプカムイ)[やぶちゃん注:これはルビではなく、本文。]ナリ。【疱瘡神】昔「オキクルミ」天降リテ人間世界ヲ支配セシ時代ニ、沖ヨリ疱瘡神渡リ來リ數多ノ「アイヌ」其爲ニ命ヲ殞ス。「オキクルミ」ハ乃チ六十一ノ草人形ヲ造リテ其疱瘡神ト戰ヒ之ヲ逐ヒ退ケシム。其折討死シタル草人形、化シテ「ミソツチ」ト成ル。【蓬】草人形ハ蓬ヲ十字ニ結ビテ人ノ形トシ、橫ノ一本ハ卽チ左右ノ手ナルガ故ニ、今モ「ミンツチ」ハ片手ヲ拔ケバ兩手トモ拔ケルナリト稱ス。又紫雲古津(シウンコツ)ノ「アイヌ」ノ中ニハ又「ミンツチ」ガ人ノ家ノ好キ娘ニ聟入シタル物語アリ。「アイヌ」語ニテハ又「シリシヤマイヌ」ト呼ビ、海川ノ漁獵ヲ掌ル神ナリト云ヘリ〔鄕土硏究一ノ十二號〕。【河童ノ腕】此記事ノ中ニテ殊ニ注意スべキハ亦例ノ河童ノ腕ノ話ナリ。内地ニテモ之ニ似タルコトヲ云フ。例ヘバ強力ナル武士河童ヲ捕ヘ其腕ヲ引拔キシニ、後ニテ見レバソハ唯一本ノ藁稈(ワラシベ)ナリト云ヒ〔日本傳說集〕、又ハ河童ト相撲ヲ取リテ甚シク取リニクキハ、其兩手ガ一本ニテ左右ニ貫キ伸縮自在ナルガ爲ナリト云フガ如キ是ナリ。豐前耶馬溪宮園村ノ庄屋次右衞門曰ク、河童ヲ捕ヘシ者ノ話ニ、其肩ノ骨一本ニシテ左右ニ通リ、譬ヘバ手拭掛ノ臺ニ手拭ヲカケタルヤウニアリシ云々〔水虎錄話〕。此等ノ話ノ奧羽ニ存セズシテ遙カニ九州ニ飛離レテアルハ殊ニ奇ト云フべシ。【手長猿】中國ニテモ「エンコザル」トハ手長猿ノコトニテ、此猿ノ左右ノ手ハ貫通シテ一本ナルガ故ニ、梢ヨリブラ下リテ水中ノ月ヲ探ルニ便ナリナド、老人ノ語リ聞カセシコトアルヲ記憶ス。而モ其由來ニ至ツテハ獨リ「アイヌ」ノミ之ヲ説明シ得テ、我々ハ未ダ之ヲ尋ネントモセザリシナリ。 


《訓読》
虬(みづち)は水神 河童を猿に似たる物と云ふ說の、牛馬の保護を祈禱する信仰に出でたることは、以上の解釋にて、先づ、明らかになりたりとして置くべし。唯だ、此れだけにて濟まぬと感ぜらるゝは、「龜だ」「川獺(かはをそ)だ」と主張する他の地方の異說なり。更に退(しりぞ)きて考ふるに、猿を水中の物としたる理由も單に竃(かまど)と馬との關係を言ふのみにては、些(すこ)しく不十分なり。故に今暫く此の問題に足を駐(とど)むるの必要あらん。さて、河童の一名を加賀又は能登にて「ミヅシ」と呼ぶことは前に唯だ一言せり。能登にては胡瓜を食ひて水泳ぎに行けば「ミヅシ」に取らると云ふ。【河童の藥】羽咋(はくひ)郡堀松村大字末吉の川の邊(ほとり)に、淵端(ふちはた)某と云ふ「疳(かん)の藥」を賣る舊家あり。其の家の先祖、或る日、門前の川にて馬を洗ひ居たるに、「ミヅシ」來たりて馬の脚を纏(まと)ひ、陸に引き揚げらる。捕へて、之れを殺さんとする時、助命を切に求め、其の禮として「疳の藥」の製法を教へたりと云ふ。此の藥、今は、遠く北海道にまでも販路を有せり〔『鄕土硏究』一ノ四號〕。この「ミヅシ」は南部地方の「メドチ」と同じきこと、疑ひなし。南部の八戶邊にては、川に泳ぎて「メドチ」に取られたりと云ふ話、今も每夏、絕えずあり〔石田收藏氏談〕。然るに、蝦夷(えぞ)の土人の中にても、河童を「ミンツチ」と呼び來たれり。【芥子坊主(けしばうず)】金田一京助氏の話に、バチェラア氏の語彙を見れば、「ミンツチ」は單に、「湖又は川に棲む半人半獸の靈物」とのみあれども、「アイヌ」が之れに就きて語るを聞けば、全く奧州の河童と同じく、三尺ばかりの芥子坊主にて、其の「お芥子」を煙管(きせる)ででも打てば、すぐ死ぬ者だ、などと云ふ。彼等が傳承に從へば、「ミンツチ」は元は草人形(チシナプカムイ)[やぶちゃん注:これはルビではなく、本文。]なり。【疱瘡神】昔「オキクルミ」、天降(あまくだ)りて人間世界を支配せし時代に、沖より、疱瘡神、渡り來たり、數多(あまた)の「アイヌ」、其の爲に命を殞(おと)す。「オキクルミ」は、乃(すなは)ち、六十一の草人形を造りて、其の疱瘡神と戰ひ、之れを逐(お)ひ退(の)けしむ。其の折り、討死(うちじに)したる草人形、化して「ミソツチ」と成る。【蓬(よもぎ)】草人形は、蓬を十字に結びて、人の形とし、橫の一本は、卽と、左右の手なるが故に、今も「ミンツチ」は、片手を拔けば、兩手とも拔けるなりと稱す。又、紫雲古津(しうんこつ)の「アイヌ」の中には又、「ミンツチ」が人の家の好(よ)き娘に聟入りしたる物語あり。「アイヌ」語にては又「シリシヤマイヌ」と呼び、海川の漁獵を掌る神なりと云へり〔『鄕土硏究』一ノ十二號〕。【河童の腕】此の記事の中にて、殊に注意すべきは、亦、例の河童の腕の話なり。内地にても之れに似たることを云ふ。例へば、強力なる武士、河童を捕へ、其の腕を引き拔きしに、後にて見れば、そは、唯だ一本の藁稈(わらしべ)なりと云ひ〔「日本傳說集」〕、又は、河童と相撲を取りて甚しく取りにくきは、其の兩手が一本にて、左右に貫き、伸縮自在なるが爲なり、と云ふがごとき、是れなり。豐前耶馬溪(やばけい)宮園村の庄屋次右衞門曰はく、「河童を捕へし者の話に、其の肩の骨、一本にして左右に通り、譬へば、手拭掛(てぬぐひか)けの臺(だい)に手拭をかけたるやうにありし」云々〔「水虎錄話」〕。此等の話の奧羽に存せずして、遙かに九州に飛び離れてあるは、殊に奇と云ふべし。【手長猿】中國にても「エンコザル」とは「手長猿」のことにて、此の猿の左右の手は貫通して一本なるが故に、梢よりぶら下りて水中の月を探(さぐ)るに便(びん)なりなど、老人の語り聞かせしことあるを記憶す。而も、其の由來に至つては、獨り「アイヌ」のみ之れを説明し得て、我々は、未だ之れを尋ねんともせざりしなり。


[やぶちゃん注:「川獺(かはをそ)」既出(但し、初回は「川獺」の表記)既注
「羽咋(はくひ)郡堀松村大字末吉の川の邊(ほとり)に、淵端(ふちはた)某と云ふ「疳(かん)の藥」を賣る舊家あり」現在の石川県羽咋郡志賀町(しかまち)末吉(グーグル・マップ・データ。以下同じ)はここで、さらに調べてみたところが、何と! 現在も薬草販売店「淵端本家薬店(ふちはたほんけやくてん)」として営業しておられる!
「疳」乳幼児の複数の異常行動を指す俗称。特に夜泣き・疳癪・ひきつけなどを指す。
『南部地方の「メドチ」』既出既注。そこでもリンクさせたが、私の「谷の響 五の卷 七 メトチ」も見られたい。
『蝦夷(えぞ)の土人の中にても、河童を「ミンツチ」と呼び來たれり』既出既注
「芥子坊主(けしばうず)」供の頭髪で、頭頂だけ毛を残し、廻りを全部剃ったもの。外皮そのままの球形のケシの果実に似ているところから、かく称する。
「金田一京助」(明治一五(一八八二)年~昭和四六(一九七一)年)は言語学者・民俗学者。日本のアイヌ語研究の本格的創始者として知られる。しかし、東京帝国大学教授・國學院大學名誉教授であったものの、かつて國學院大學のある教授が講義で、『金田一先生のの業績は石川啄木を経済援助したことと、ただ「ユーカラ」の研究一本のみだ』とのたもうたのを思い出す。一本で十分じゃないか。毒にも薬にもならないような論文を積み上げるよりは。
「バチェラア氏の語彙」イギリス人の聖公会宣教師ジョン・バチェラー(John Batchelor 一八五四年~一九四四年)は同時にアイヌの研究家で「アイヌの父」と呼ばれた人物。ウィキの「ジョン・バチェラー」によれば、『サセックス州アクフィールドに生まれる。最初園丁として働いていたが、インド宣教をしていた宣教師の説教を通して、東洋伝道の志を持つ。イギリス教会宣教会(CMS)に入会し』、一八七六年に『香港のセント・ポール学院に入学した』。『香港で学んでいる時』、『健康を害し』、翌年の明治一〇(一八七七)年、『静養のために函館に来た。函館で伝道している中で、アイヌ民族のことを知り、アイヌ伝道を志』した。二年後の明治十二年、『バチェラーは』『CMSの信徒伝道者に任命され、函館を拠点にアイヌへの伝道活動を始め』た。同年、『アイヌの中心地の一つである日高地方の平取』(びらとり)『を訪問した。ここでアイヌの長老ペンリウクの家に』三『ヶ月滞在して、アイヌ語を学んだ』。明治十五年には『イギリスに一時帰国し』たが、よく明治十六年に『再び函館に帰任した』。明治十七年、『ルイザ・アンザレスと結婚』、翌年、『幌別村(現在の登別市)を訪れ、アイヌへキリスト教教育のほか、アイヌ語教育をはじめる』。明治二一(一八八八)年、『金成太郎を校主としてキリスト教教育を行なうアイヌ学校設立構想の下、金成喜蔵が息子の太郎をアイヌに教育を行うアイヌ教師とするために私塾の相愛学校を設立』し、また明治二十五年には、『アイヌが無料で施療できるように、アイヌ施療病室を開設』している。明治二十四年の元日、『バチェラーは、伊藤一隆を中心とする北海道禁酒会の招聘に応え』、『函館を離れ、翌日』、『札幌に移転した』。『札幌に自宅を持ち、自宅で聖公会の日本人信徒のためにバイブル』・『クラスと日曜礼拝を始めた。また、札幌の自宅を拠点にアイヌ伝道を展開した』。明治二十五年に『札幌聖公会が正式に組織され』。明治二十八年『には、平取と有珠で教会堂を建設した』。明治三六(一九〇三)年時点で『北海道の聖公会信徒』二千八百九十五『人中アイヌ人が』二千五百九十五『人であった』という。『アイヌの向井八重子を養女』とした。大正六(一九一七)年に『江賀寅三』(えがとらぞう:アイヌ出身の聖公会牧師。後に聖公会を脱会して日本ホーリネス教会の牧師となったが、晩年は超教派の伝道師となり、静内に教会を建設した)『に洗礼を授ける。江賀は後に札幌に来て、アイヌ語辞典の編纂に協力して、バチェラーとの関わりで献身』している。大正一一(一九二二)年には、『アイヌの教育のために、アイヌ保護学園を設立』した。翌大正十二年、『バチェラーは』七十『歳になり、規定により』、『宣教師を退職した。しかし、その後も札幌に留まり、北海道庁の社会課で嘱託として働いた』。昭和八(一九三三)年には、『長年のアイヌのための活動が評価されて勲三等瑞宝章が授与された』が、昭和十六年)、『太平洋戦争が始まると、敵性外国人として、帰国させられ』、千九百四十四年に母国イギリスで九十一年の生涯を終えた』。『バチェラーは自身の遺稿の中で、アイヌと和人との混血が急速に進んでいることや、アイヌの子供が和人と同様に教育を受け、法の下に日本人となっていることから「一つの民族として、アイヌ民族は存在しなくなった』『」と記述している』。『バチェラーは、アイヌ語新約聖書』『の翻訳出版や』、『アイヌ語の言語学的研究と民俗学的研究に多くの業績を残した。アイヌに関する多くの著作を発表してアイヌ民族のことを広く紹介した。このことから、バチェラーは日本のアイヌ文化研究の重要な研究者の一人であるとされている』。『バチェラーの説には、現在では否定されている説もあり、「近江・アイヌ語由来説」を唱えたが、現代の語形で考えているため、無理があり、地名研究書の水準』としては『信頼度を低くしている一端と』も『される』とある。「バチェラア氏の語彙」というのは不詳。明治二二(一八八九)年に彼によって作られた「蝦和英三対辞書」(国立国会図書館デジタルコレクション)のことかと思って縦覧したが、それらしい記載は見つからなかった。
「オキクルミ」「アイヌラックル」「オイナカムイ」等の別名でも知られる、アイヌ伝承の創世神話における英雄神の名。ウィキの「アイヌラックル」によれば、『アイヌ民族の祖とされる地上で初めて誕生した神』で、『アイヌ語で』「人間のような神」『という意味。エピソードを通じて人々の日常生活を支える多くの品々の起源が語られることから、アイヌ神話の上での文化英雄の役割を持つ』という。生涯の伝承についてはリンク先を見られたい。
「蓬(よもぎ)」キク目キク科キク亜科ヨモギ属ヨモギ変種ヨモギ Artemisia indica var. maximowiczii
「紫雲古津(しうんこつ)」現在の北海道沙流郡平取町紫雲古津(さるぐんびらとりちょうしうんこつ)
「藁稈(わらしべ)」稲藁の芯。
「日本傳說集」の以上はここ(国立国会図書館デジタルコレクションの同書の当該ページ)。
「豐前耶馬溪(やばけい)宮園村」現在の大分県中津市耶馬溪町大字宮園。]

« 國木田獨步 短歌 三首 | トップページ | 柳田國男 山島民譚集 原文・訓読・附オリジナル注「河童駒引」(41) 「虬は水神」(2) / 「河童駒引」~了 »