フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 眞晝 (ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティの訳詩) | トップページ | 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 『ルバイヤツト』より »

2019/03/05

蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 聖燈 (ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティの訳詩)

 

  聖 燈

 

深(ふか)き眞晝(まひる)を弗拉曼(フラマン)の鄙(ひな)の路(みち)のべ、

いつきたる小(ちさ)き龕(ほくら)の傍(かた)へ過(す)ぎ

窺(うかが)へば懸(か)け聯(つら)ねたる(ゑ)の中(なか)に、

 

聖母(せいぼ)は御子(みこ)の寢(ね)すがたを擁(いだ)きたまへり

羊(ひつじ)を飼(か)へる少女(をとめ)らは羊(ひつじ)さし措(お)き、

晴(は)れし日(ひ)の謝恩(しやおん)やここにひざまづく、

はたや日(ひ)の夕(ゆふべ)もここにひざまづく、

悲(かな)しき宿世(すぐせ)泣(な)きなむも、はたまたここに。

 

夜(よ)も更(ふ)けしをり、同(おな)じ路、同(おな)じ龕(ほくら)の

かたへ過(す)ぎ、見(み)ればみ燈(あかし)ほのめきて

如法(によほふ)の闇(やみ)の寂(さび)しさを耀(かがや)き映(うつ)す、

かくも命(いのち)の溫(ぬく)み冷(ひ)え、疑(うたが)ひ胸(むね)に

燻(くゆ)る時(とき)、「信(しん)」のひかりをひたぶるに

賴(たの)め、その影(かげ)、あるは滅(き)え、あるは照(て)らさで。

         ロセチ白耳義旅中の吟

 

[やぶちゃん注:「弗拉曼(フラマン)の」は実は底本は「弗拉曼(ブラマン)の」となっているが、これは誤植で、底本の「名著復刻 詩歌文学館 紫陽花セット」の解説書の野田宇太郎氏の解説にある、有明から渡された正誤表に従い、特異的に呈した。同じく三行目の「(ゑ)」も、底本ではルビが「ね」となってしまっているが、これも誤植で、同じく正誤表によって特異的に呈した。

 

 前と同じくダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ(Dante Gabriel Rossetti 一八二八年~一八八二年)の訳詩。後書きは底本ではもっと下方にある。その「白耳義」「ベルギー」(België)の旅も恐らく同じ一八四九年九月から十月にかけてのものである。原詩は「Returning To Brussels」。

   *

 

Returning To Brussels

 

Upon a Flemish road, when noon was deep,

I passed a little consecrated shrine,

Where, among simple pictures ranged in line,

The blessed Mary holds her child asleep.

To kneel here, shepherd-maidens leave their sheep

When they feel grave because of the sunshine,

And again kneel here in the day's decline;

And here, when their life ails them, come to weep.

Night being full, I passed on the same road

By the same shrine; within, a lamp was lit

Which through the silence of clear darkness glowed.

Thus, when life's heat is past and doubts arise

Darkling, the lamp of Faith must strengthen it,

Which sometimes will not light and sometimes dies.

 

   *

「弗拉曼(フラマン)の」(冒頭注参照)原詩の「Flemish」で、「フランドル地方の」の意。フランドル(オランダ語:Vlaanderen/フランス語:Flandr/ドイツ語:Flandern)は旧フランドル伯伯(フランス語:Comte de Flandre)はフランドルを八六四年から一七九五年まで支配し続けた領主及びその称号)領を中心とする、オランダ南部・ベルギー西部・フランス北部にかけての、現在は三国に跨った広域地域を指す。中世に毛織物業を中心に商業・経済が発達し、ヨーロッパの先進的地域として繁栄した。]

« 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 眞晝 (ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティの訳詩) | トップページ | 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 『ルバイヤツト』より »