フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) おもひで | トップページ | 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 聖燈 (ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティの訳詩) »

2019/03/05

蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 眞晝 (ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティの訳詩)

 

  眞 晝

 

眞晝時(まひるどき)とぞなりにける、あるかなきかの

軟風(なよかぜ)もいぶき(た)えぬる日盛(ひざかり)や、

野(の)のかたを見(み)やればひとつ鐘(かね)のかげ、

うねりつづける生垣(いけがき)の圍(かこ)ひの隙(ひま)を

軒低(のきひく)き鄙(ひな)の家(や)白(しろ)くかつ照(て)りつ、

壁(かべ)を背(せ)に盲(めしひ)の漢子(をのこ)凭(よ)りかかり、

その面(おもて)をば振(ふり)りかへし日(ひ)にぞあてたる。

 

停(とどま)り足搔(あが)く旅(やび)の馬(うま)、土蹴(つちけ)る音(おと)は

緩(ゆる)やかに堅(かた)し、輝(かゞや)く光(ひかり)こそ

歌(うた)ふらめ、歌(うた)あひのしじま長(なが)きかな、

眞晝(まひる)は脚(あし)を休(やす)めつつ、ひとつところに、

かにかくに過(すが)ひ去(い)ぬべきさまもなく、

濃(こ)き空(そら)の色(いろ)はかなたにうち澱(よど)み、

暑(あつ)さはたゆき夢(ゆめ)載(の)せて重(おも)げに蒸(む)しぬ。

         ロセチ白耳義旅中の吟

 

[やぶちゃん注:蒲原有明が傾倒していたイギリスの詩人で画家のダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ(Dante Gabriel Rossetti 一八二八年~一八八二年)の訳詩。後書きは底本ではもっと下方にある。その「白耳義」は「ベルギー」(België)と読む。この旅は一八四九年九月から十月にかけてのもの。原詩は「Near Brussels」と添書きする「A Half-way Pause」。

   *

 

A Half-way Pause

 

The turn of noontide has begun.

In the weak breeze the sunshine yields.

There is a bell upon the fields.

On the long hedgerow's tangled run

A low white cottage intervenes:

Against the wall a blind man leans,

And sways his face to have the sun.

Our horses' hoofs stir in the road,

Quiet and sharp. Light hath a song

Whose silence, being heard, seems long.

The point of noon maketh abode,

And will not be at once gone through.

The sky's deep colour saddens you,

And the heat weighs a dreamy load.

 

   *]

« 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) おもひで | トップページ | 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 聖燈 (ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティの訳詩) »