フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) どくだみ | トップページ | 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) かかる日を冬もこそゆけ »

2019/03/01

蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 碑銘

 

 碑 銘

 

 

  其一

 

よろこびぬ、倦(う)みぬ、

爭(あらそ)ひぬ、厭(あ)きぬ。

 

生命(いのち)の根(ね)白(しろ)く

死(し)の實(み)こそにほへ。

 

眠(ねぶり)なり、つえぬ、

墮(お)ちぬまを吸(す)ひぬ。

 

  其二

 

ここよりは路(みち)もなし、

やすし、はた路(みち)の岐(わかれ)も。

 

蒼白(あをじろ)き啜泣(すすりな)き、

聲(こゑ)罅(ひび)くゑまひの狹霧(さぎり)。

 

魂(たま)と魂(たま)あひ寄(よ)るや、

寂寞(じやくまく)の、あはれ、晶玉(しやうぎよく)。

 

死(し)はなべて價(あたひ)のきはみ、

得難(えがた)しや、されど終(つひ)には。

 

  其三

 

人々(ひとびと)よ、奧津城(おくつき)の冷(つめ)たき碣(いし)を、

われを、いざ、蹈(ふ)みて立(た)て。烏許(をこ)の輩(ともがら)、

盲(めし)ひたり、躓(つまづ)かめ、將來(ゆくすゑ)遠(とほ)く

つづきたる階(きざはし)の、われも一段(ひときだ)。

 

  其四

 

肉(にく)は、靈(れい)は、

二(ふた)つのちから、

 

生(せい)は、死(し)はよ、

眞砥(まと)の堅石(かたいし)、

 

硏(みが)きいづれ、

摩尼(まに)の金剛(こんがう)。

 

あざれし肉(にく)

「神(かみ)」の牲(いけにへ)。

 

虛(むな)しき靈(れい)

「蝮(まむし)」の智(さとり)。

 

肉(にく)の肉(にく)を

われは今(いま)おぼゆ。

 

覺(さ)めよ、「人(ひと)」は

靈(れい)の靈(れい)。

 

[やぶちゃん注:「つえぬ」ヤ行下二段の自動詞「つゆ」(潰ゆ)であろう。所謂、今も私たちが「夢がついえた」と使う「初めに予定していた計画や楽観的希望などが上手く行かず,すっかり駄目になる」の意の「完全に永遠の眠りに堕ちることとなった、総ては終わってしまった」のそれであると私は採る。

「聲(こゑ)罅(ひび)く」声が罅割れが広がるように不吉に広く、走り、響く、の意で採る。

「ゑまひ」微笑(ほほえみ)。

「狹霧(さぎり)」霧。「さ」は単に語調をえる接頭語で「狹」は当て字。

「摩尼(まに)」既出既注。サンスクリット語「マニ」の漢音写。「球」「宝球」などと訳される。「宝石」を指し、転じて仏法の真理に譬える。]

« 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) どくだみ | トップページ | 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) かかる日を冬もこそゆけ »