フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 和漢三才圖會卷第三十八 獸類 羆(しくま)・魋(しやぐま) (ヒグマ・ウスリーツキノワグマ?) | トップページ | 甲子夜話卷之五 30 厭離穢土の御旗幷參州大樹寺閂の事 »

2019/03/29

譚海 卷之三 樂器の家々 琴

樂器の家々 琴[やぶちゃん注:字空けはママ。]

○樂器の内(うち)三絃はみな其(その)家有(あり)。和琴(わごん)は四辻殿(どの)、琵琶は菊亭殿、筝(さう)は藪(やぶ)殿其家也、門弟免許なき人は猥(みだり)に彈ずる事ならぬわざ也。持明院殿は朗詠・催馬樂(さいばら)其家也。和歌披講發聲等も門入(もんにふ)してならふ事也、私(わたくし)にはうたふ事成(なり)がたし。廣橋家は書法式の家也、世尊寺殿も文字法式免許を出さるゝ家也、又勅額を彫刻せらるゝ家もありとぞ。

[やぶちゃん注:「三絃」三味線。ウィキの「三味線」によれば、十六『世紀末、琉球貿易により堺に中国の三弦がもたらされ、短期間の内に三味線へと改良された』。『現存する豊臣秀吉が淀殿のために作らせた三味線「淀」は、華奢なもののすでに基本的に現在の三味線とほとんど変わらない形状をしている。伝来楽器としての三弦は当道座』(とうどうざ:中世から近世にかけてあった男性盲人の自治的互助組織)。仁明(にんみょう)天皇(在位:天長一〇(八三三)年~嘉祥三(八五〇)年)の子である人康(さねやす)親王は盲目(眼疾による中途失明)であったが、山科に隠遁し、盲人を集め、琵琶・管弦・詩歌を教えた。人康親王の死後、そばに仕えていた者に検校と勾当の官位を与えたとする故事により、当道座の最高の官位は検校とされた。鎌倉時代に「平家物語」が流行し、多くの場合、盲人がそれを演奏した。その演奏者である平家座頭は、源氏の長者である村上源氏中院流の庇護、管理に入ってゆき、室町時代に検校明石覚一が「平家物語」のスタンダードとなる覚一本をまとめ、また足利一門であったことから室町幕府から庇護を受け、当道座を開いて、久我(こが)家が本所(名目上の権利所有者)となった。江戸時代にはその本部は「職屋敷(邸)」と呼ばれ、京都の佛光寺近くにあり、長として惣検校が選出され、当道を統括した。官位を得るためには、京都にあった当道職屋敷に多額の金子を持っていく必要があった。以上はウィキの「当道座』」に拠った)『の盲人音楽家によって手が加えられたとされ、三弦が義爪を使って弾奏していたのを改め』、『彼らが専門としていた「平曲(平家琵琶)」の撥を援用したのも』、『そのあらわれである。彼らは琵琶の音色の持つ渋さや重厚感、劇的表現力などを、どちらかといえば軽妙な音色を持つ三味線に加えるために様々な工夫を施したと思われる。とくに石村検校は三味線の改良、芸術音楽化、地歌の成立に大きく関わった盲人音楽家であろうと言われる』とある。

「四辻殿」室町家の別名。花亭家とも呼ぶ。藤原北家閑院流。西園寺家一門。家業は和琴と箏。江戸時代の家禄は二百石。

「菊亭殿」今出川家の別名。藤原北家閑院流、西園寺家庶流。家業は琵琶。江戸時代の家禄は初めは千三百五十五石。

「藪(やぶ)殿」高倉家の別名。藤原北家閑院流、四辻家支流。藤原南家の祖藤原武智麻呂の子孫である藤原範季を祖とする。江戸時代の家禄は初めは百八十石。

「持明院殿」持明院家。藤原北家中御門流。藤原道長の次男藤原頼宗の曾孫藤原俊家の子である基頼の流れを汲む。家学は鷹匠・書道(筆道宗家)・神楽。江戸時代の石高は二百石。

「廣橋家」藤原北家日野流。家業は文学。江戸時代の家禄は八百五十石。

「世尊寺殿」世尊寺家。藤原北家九条流嫡流の摂政藤原伊尹の孫行成を祖とし、「三跡」「四納言」として知られた初代行成以降、代々、入木道(書道)の家系として知られ、その流派は世尊寺流として受け継がれた。以上、それぞれの家の内容はウィキのそれぞれに拠った。]

« 和漢三才圖會卷第三十八 獸類 羆(しくま)・魋(しやぐま) (ヒグマ・ウスリーツキノワグマ?) | トップページ | 甲子夜話卷之五 30 厭離穢土の御旗幷參州大樹寺閂の事 »