フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 碑銘 | トップページ | 和漢三才圖會卷第三十八 獸類 獅子(しし) (ライオンをモデルとした仮想獣類) »

2019/03/01

蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) かかる日を冬もこそゆけ

 

 かかる日を冬もこそゆけ

 

ゆをびぬる日南(ひなた)のかをり、

かかる日(ひ)を冬(ふゆ)もこそゆけ、

柔(やは)らげる物(もの)かげの雪(ゆき)、

枝(えだ)ゆらぐ垣(かき)のいちじゆく。

 

かかる日(ひ)を、噫(あゝ)、かかる日(ひ)を

待(ま)ちわびぬ、わびしきわが世(よ)、

寂寞(じやくまく)の胸(むね)の日南(ひなた)を

ゆをびぬる思(おも)ひのかをり。

 

幽(かす)かにも水沼(みぬま)の遠(をち)を

水禽(みづとり)の羽音(はおと)の調(しらべ)。

 

ひときほひ、嵐(あらし)はまたも

靑空(あをぞら)の淵(ふち)にすさべば

その面(おも)は氷(ひ)の泡(あわ)だちて

銀(しろがね)の色(いろ)に燦(きら)めく。

 

冬(ふゆ)はいま終(はて)のいぶきか、

常盤木(ときはぎ)は深(ふか)くをめきぬ、

いちじゆくの枝(えだ)はたゆらに

音無(おとなし)の夢(ゆめ)のさゆらぎ。

 

かくて後(のち)、時(とき)の靜(しづ)けさ、

かかる日(ひ)を冬(ふゆ)もこそゆけ、

春(はる)の酵母(もと)――雪(ゆき)のしたみに

かぐはしの思(おも)ひは沸(わ)きぬ。

 

しかすがに水沼(みぬま)のあなた、

水禽(みづとり)の羽音(はおと)のわかれ。

 

[やぶちゃん注:「ゆをびぬる」はママ。「ゆほびぬる」が歴史的仮名遣としては正しい。形容動詞ナリ活用「ゆほびやかなり」(現代仮名遣は「ゆおびか」。「広々としているさま・ゆったりとして穏やかなさま」の意。「源氏物語」に既に用例がある)をかなり強引に動詞化し、それに完了或いは強意の助動詞「ぬ」の連体形をつけたもの。「ゆほびぬる」と訂そうとも思ったが、そうしても多くの読者はこの語に不審を持ち、注を見るであろうから、ここは敢えてママとした。

「いちじゆく」無花果(いちじく:バラ目クワ科イチジク属イチジク Ficus carica)は「いちじゆく(いちじゅく)」とも呼ぶ。

「ひときほひ」「一競(ひときほ)ひ」であろう。「競(きほ)ふ」には「木の葉などが争(あらそ)うかのように散り乱れる」の意があり、それの名詞化した「きほひ」には「激しい勢い」の意がある。ここは動詞の連用形ではなく、後者に接頭語「一(ひと)」(ここは「常と異なった」の意であろう)が付加された名詞と採る。

「常盤木(ときはぎ)」常緑広葉樹。松・杉・椎・樫・楠など。

「酵母(もと)」ここでは判らないが、底本では視覚的に問題がある。「もと」のルビは「酵」の字の右に纏めて附いて「母」に掛かっていないからである。しかし無論、この「もと」は「酵母」二字へのルビであるのは言うまでもない。

« 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 碑銘 | トップページ | 和漢三才圖會卷第三十八 獸類 獅子(しし) (ライオンをモデルとした仮想獣類) »