フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« フォントについて | トップページ | かぐや姫 國木田獨步 »

2019/03/20

和漢三才圖會卷第三十八 獸類 犛牛(らいぎう) (ヤク)

Raigyu


らいぎう 毛犀 牧牛
      竹牛 犘牛
      貓牛 犨牛
犛牛
      犛【毛俚來三音】
本綱犛牛【※1牛之屬】野牛也居深山中狀及毛尾俱同※1牛但
[やぶちゃん注:「※1」=「牜」+(「旄」-「方」)。]
※1小而犛大有重千斤者其體多長毛其尾可爲旌旄纓
帽之用身角如犀故曰毛犀角甚長而黃黒相間以僞犀
角卒莫能辯也角之花班皆類山犀而無粟紋其理似竹
不甚爲奇蓋犛之角勝于※1而※1之毛尾勝于犛
犩牛 如牛而大肉重數千斤又名虁牛
※2牛 色青黃與蛇同穴性嗜鹽人褁手塗鹽取之其角
 如玉可爲噐
[やぶちゃん注:「※2」=(上)「魏」+(下)「牛」。]
海牛 形似牛鼉脚鮎毛其皮甚軟脂可燃燈一名潜牛
山牛 狀如牛角有枝如鹿茸
月支牛 出大月氏國今日割取肉明日其創卽復合也
 【以上五種亦野牛之類也】

 

 

らいぎう 毛犀 牧牛
      竹牛 犘牛〔(ばぎう)〕
      貓牛〔(びやうぎう)〕
      犨牛〔(しうぎう)〕
犛牛
      犛は【毛〔(マウ)〕・俚〔(リ)〕・
      來〔(ライ)〕の三音〔たり〕。】
「本綱」、犛牛は【※1牛〔(やく)〕の屬。】野牛なり。深山の中に居り、狀及び毛・尾、俱に※1牛に同じ。但し、※1は小さく、犛は大なり。重さ、千斤[やぶちゃん注:明代の一斤は五百九十六・八二グラムであるから、五百九十七キログラム弱とあるが、あり得ない。中国得意の誇張表現。後に出る架空の巨牛「犩牛」の数値である。]の者〔も〕有り。其の體、長毛多く、其の尾、旌旄〔せいぼう〕[やぶちゃん注:旗竿の先に「旄」というヤクの毛の旗飾りを附け、これに鳥の羽などを垂らした旗。天子が士気を鼓舞するのに用いたり、皇帝から将軍や使節に任命の印章として与えられた旗。]・纓帽〔(えいぼう)〕[やぶちゃん注:頂きから赤い房を垂らした官人の式帽。]の用と爲すべし。身・角、犀のごとし。故に「毛犀」と曰ふ。角、甚だ長くして、黃・黒、相ひ間(まじ)はる。以つて犀角を僞はる。卒(つい[やぶちゃん注:ママ。])に能く辯ずること莫し[やぶちゃん注:本物と偽物を見分けることは出来ない。]。角の花〔の〕班〔(まだら)も〕、皆、山犀に類して、粟〔のごとき〕紋、無し。其の理(きめ)、竹に似て、甚だ奇なりと〔は〕爲さず。蓋し、犛の角、※1より勝れり。※1の毛尾は犛より勝れり。[やぶちゃん注:「※1」=「牜」+(「旄」-「方」)。]
犩牛(き〔ぎう〕) 牛のごとくにして大〔(だい)〕なり。肉の重さ、數千斤。又、「虁牛」と名づく。
※2牛〔(だうぎう)〕 色、青黃なり。蛇と穴を同〔じう〕す。性、鹽を嗜〔(この)〕む。人、手を褁〔(つつ)み〕て鹽を塗りて、之れを取る。其の角、玉のごとく、噐〔(うつは)〕と爲すべし。[やぶちゃん注:「※2」=(上)「魏」+(下)「牛」。]
海牛 形、牛に似、鼉〔(わに)〕の脚、鮎〔(まなづ)〕の毛。其の皮、甚だ軟〔か〕なり。脂、燈〔(ともし)〕に燃すべし。一名、「潜牛」。
山牛 狀、牛のごとく、角に枝有りて、鹿茸〔(ろくじよう)〕[やぶちゃん注:鹿の袋角(ふくろづの)。]のごとし。
月支牛 大月氏國に出づ。今日、割〔(さ)き〕て肉を取るに、明くる日〔には〕其の創(きず)、卽ち、復(い)ゑ[やぶちゃん注:ママ。「愈え」と同義。]合ふなり[やぶちゃん注:翌日には肉を取った部分の傷は忽ちのうちに癒合していて、元通りに治っている。]【以上の五種も亦、野牛の類ひなり。】。
[やぶちゃん注:ウシ目ウシ亜目ウシ科ウシ亜科ウシ属ヤク。野生種の学名は Bos mutus。家畜化された種としての学名はBos grunniensウィキの「ヤク」を引く。『インド北西部、中華人民共和国(甘粛省、チベット自治区)、パキスタン北東部に自然分布』する。体長は♂で二メートル八十~三メートル二十五センチメートル、♀で二メートル~二メートル二十センチメートル。尾長は♂で八十センチメートルから一メートル、♀で六十~七十五センチメートル。肩高は♂で一メートル七十センチメートルから二メートル、♀で一メートル五十~一メートル六十センチメートル。体重は♂で八百グラムから一キログラム、♀で三百二十五~三百六十キログラム。『高地に適応しており、体表は蹄の辺りまで達する黒く長い毛に覆われている』。『換毛はしないため、暑さには弱い。肩は瘤状に隆起する』。『鳴き声はウシのような「モー」ではなく、低いうなり声である』。『基部から外側上方、前方に向かい、先端が内側上方へ向かう角がある』。『最大角長』は九十二『センチメートル』に達する。『四肢は短く』、『頑丈』。『標高』四千から六千『メートルにある草原、ツンドラ、岩場などに生息する』。八~九『月は万年雪がある場所に移動し、冬季になると』、『標高の低い場所にある水場へ移動する』。『高地に生息するため、同じサイズの牛と比較すると』、『心臓は約』一・四『倍、肺は約』二『倍の大きさを有している。食性は植物食で、草、地衣類などを食べる』。『妊娠期間は約』二百五十八日で、六月に、一回に一頭の『幼獣を産む』。『生後』六~八『年で性成熟し、寿命は』二十五『年と考えられている』。『野生個体は食用の乱獲などにより生息数は激減して』おり、中国では『法的に保護の対象とされている』、一九六四年に『おける生息数は』三千から八千『頭と推定されている』。二千『年前から家畜化したとされる』、一九九三『年における家畜個体数は』千三百七十万『頭と推定されている』。殆どの『ヤクが家畜として、荷役用、乗用(特に渡河に有用)、毛皮用、乳用、食肉用に使われている。中』『国ではチベット自治区のほか、青海省、四川省、雲南省でも多数飼育されている』。『「ヤク」の語はチベット語』の「g-yag」(発音)『 に由来するが、チベット語では雄のヤクだけを指す言葉で、メスはディという』。『チベットやブータンでは、ヤクの乳から取ったギー』『であるヤクバターを灯明に用いたり、塩とともに黒茶を固めた磚茶(団茶)』『を削って煮出し入れ、チベット語ではジャ、ブータンではスージャと呼ばれるバター茶として飲まれている。また、チーズも作られている』。『食肉用としても重要な動物であり、脂肪が少ないうえに赤身が多く味も良いため、中国では比較的高値で取引されている。糞は乾かし、燃料として用いられる』。『体毛は衣類などの編み物や、テントやロープなどに利用される』。『ヤクの尾毛は日本では兜や槍につける装飾品として武士階級に愛好され、尾毛をあしらった兜は輸入先の国名を採って「唐の頭(からのかしら)」と呼ばれた。特に徳川家康が「家康に過ぎたるものが二つあり、唐の頭に本多平八」と詠われたほど好んだため、江戸時代に入って鎖国が行われてからも』、『清経由で定期的な輸入が行われていた』。『幕末、新政府軍が江戸城を接収した際に、収蔵されていたヤクの尾毛が軍帽として使われ、黒毛のものを黒熊(こぐま)、白毛のものを白熊(はぐま)、赤毛のものを赤熊(しゃぐま)と呼んだ』。『これらの他に、歌舞伎で用いる鏡獅子のかつら』『や、仏教僧が用いる払子にもヤクの尾毛が使用されている』とある。

 

「犩牛(き〔ぎう〕)」「肉の重さ、數千斤」からまともに考える気にならない。悪しからず。そもそも異名として出す「虁」は中国神話上の龍の一種、或いは牛に似たような一本足の妖獣、或いは妖怪の名である。ウィキの「虁(中国神話)」によれば(そこにある「山海経」のトンデモ絵図をリンクさせておく)、古い伝承では『音楽と深い関係にあるとされた。夔についての伝承は時代や地域によって大きく異なっている』。『元は殷代に信仰された神で、夔龍とも呼ばれる龍神の一種であった。一本足の龍の姿で表され、その姿は鳳と共に夔鳳鏡といった銅鏡等に刻まれた。鳳が熱帯モンスーンを神格化した降雨の神であった様に、夔龍もまた降雨に関わる自然神だったと考えられており、後述の『山海経』にて風雨を招くとされるのもその名残と思われる。後に一本足の牛の姿で表されたのも』、『牛が請雨のために龍神に捧げられた犠牲獣であったためとされている。一本足は天から地上へ落ちる一本の雷を表すともいわれる』。『『山海経』第十四「大荒東経」によれば、夔は東海の流波山頂上にいる動物である。その姿は牛のようだが角はなく、脚は一つしかない。体色は蒼である。水に出入りすると必ず風雨をともない、光は日月のように強く、声は雷のようである。黄帝は夔を捕らえてその皮から太鼓をつくった。この太鼓を雷獣の骨で叩くと、その音は五百里にまで響き渡ったという。『繹史』巻五に引用されている『黄帝内伝』によれば、この太鼓は黄帝が蚩尤と戦ったときに使われたものだという。また『山海経広注』に引用されている『広成子伝』によると蚩尤が暴れるのをとめたのは夔ではなく同音の軌牛であったという』。『夔は『説文解字』第五篇下における解説では「竜のような姿をしていて角がある」とされている。また『法苑珠林』に引用されている『白沢図』によれば「鼓のようで、一本足である」という』。『『国語』「魯語」に三国時代の韋昭が付した注によると、夔は一本足であり、越人はこれを山繰と呼び、人の顔、猿の体で人語を解する動物であるという。『史記』「孔子世家」では夔は木石の怪であるとされ、魍魎と同一視されている。同様の記述が『抱朴子』「登渉篇」にもある』。『『書経』「舜典」では、夔は舜帝の配下である人間で、帝によって音楽を司るように命じられた。夔は「私が石を高く低く打てば百獣がそれに従って舞うことでしょう」と言ったという』。『『韓非子』「外儲説左下」第三十三では、夔が一本足であるかどうかについての議論が行われている。このことを問われた孔子は「夔は一本足ではない。夔は性格が悪く人々は何も喜ばなかったが、誰からも害されることはなかった。なぜなら正直だったからである。この一つで足りる、だから一足というのである」。または「夔は何の才能もなかったが、音楽の才能だけは突出していた。そのため堯帝が『夔は一で足りる』と言った」と答えたという』。『山梨県笛吹市春日居町鎮目に鎮座する山梨岡神社には、一本脚の神像が伝わっており、「山海経」に登場する夔(キ)の像として信仰を受けている』。十年に一度(現在では七年に一度)四月四日に『開帳され、雷除け・魔除けの神として信仰されている』。「虁」『神像に関する記録は、荻生徂徠』『の『峡中紀行』が初出とされる。甲府藩主・柳沢吉保の家臣である荻生徂徠は』宝永三(一七〇六)年に『吉保の命により甲斐を遊歴し、山梨岡神社にも足を運んでいる。この時、徂徠が山梨岡神社に伝来していた木像を』「虁」『に比定し、以来』、「虁」『神としての信仰が広まったと考えられている』「虁」『神の来由を記した中村和泉守』の「鎮目村山梨岡神社虁神来由記」(慶応二(一八六六)年)・『山梨県立博物館所蔵)によれば、江戸後期には』「虁」『神像に関して、天正年間に織田信長軍が山梨岡神社に乱入した際に疫病によって祟ったというような霊験譚が成立している』虁『神信仰は江戸後期の社会不穏から生じた妖怪ブームにも乗じて広まったと考えられており』、虁『神の神札が大量に流通し、江戸城大奥へも献上されている』。『明治初期には山中共古『甲斐の落葉』において紹介され』ているものの、そこでは「虁」神像として『欠損した狛犬の像が』示されており、それが『「山海経」の「』虁『」と結びつけられたものであると考えられている』。『また、山梨県では山の神に対する信仰や雨乞い習俗、雷信仰などの山に関する信仰、神体が一本脚であるという伝承がある道祖神信仰が広く存在し』虁『神信仰が受け入れられる背景にもなっていたと考えられている』。『このほか、『古事記』に出てくる一本足(という読みもある)の神久延毘古の「クエ」という音は、夔の古代中国での発音kueiと似ており、関連がある可能性がある』とする説もあり、『また』、『水木しげるは、日本の一本足の妖怪「一本だたら」「山爺(やまちち)」と夔の類似性を指摘している』とある。

「※2牛〔(だうぎう)〕」(「※2」=(上)「魏」+(下)「牛」)不詳。蛇と共生する牛難なんていないだろ! 但し、牛や犀が実際に塩を好むことはよく知られている。

「海牛」「牛に似」て、「鼉〔(わに)〕」(脊椎動物亜門四肢動物上綱爬虫綱双弓亜綱主竜型下綱ワニ形上目ワニ目 Crocodilia の爬虫類のワニ類)の脚を持ち、「鮎〔(まなづ)〕の毛」(中国では「鮎」はアユではなく、条鰭綱新鰭亜綱骨鰾上目ナマズ目ナマズ科ナマズ属ナマズ Silurus asotus を指すことは、禅の公案図「瓢鮎図」等でとみに知られる。この「毛」はナマズの鬚(ひげ)のことであろう)、則ち、頭部にヒゲを持つこと、「其の皮」は「甚だ軟」らかであり、その肉から「脂」を搾ることができ、それが「燈」火を「燃」やすのに利用できるという各点から、これはもう、海棲哺乳類のアフリカ獣上目海牛(ジュゴン)目Sirenia のジュゴン科 Dugongidae・マナティー科 Trichechidae のカイギュウ(海牛)類と採ってよい。時珍の知識の中には、或いは、近代に人間が肉と脂肪と皮革を手に入れるために絶滅させてしまった寒冷適応型のカイギュウ類の最後の生き残り(北太平洋のベーリング海に棲息していた)であったジュゴン科ステラーカイギュウ亜科†Hydrodamalinae ステラーカイギュウ属ステラーカイギュウ Hydrodamalis gigas も含まれていると見るべきである。属ステラーカイギュウは体長七メートルを超え、一説には最大八・五メートルに達し、体重は五~十二トンあったとも言われている巨大海獣である。我々の愚かな行為(またしてもジュゴンの滅亡劇が今現に沖縄で起こりつつある)を忘れないためにも、ステラーダイカイギュウについては、南方熊楠「人魚の話」附やぶちゃん注の私の注13を是非お読み頂きたい。

「山牛」調べる気にならない。何故かって? 「説文解字」の「巻十一」のここ(中文サイト「中國哲學書電子化計劃」)を御覧な、この「山牛」に似ている動物というのは、ほうれ、前に出た聖獣「獬豸(かいち)」だ、「山牛」で野生のウシの原種だなんて安易にやらかしたら、そこに異常な皮膚や骨増殖の起こった疾患動物が一角獣の実在を証明することになるなんていう異常変態博物学は私個人の妄想の中なら至極楽しいが、こうした注でまともにやらかす内容ではないからだよ。

「月支牛」産する「大月氏國」とは匈奴に追われて西遷してバクトリア(大夏(たいか)中央アジアの現在のアフガニスタン北部にあった国。トゥハーリスターン或いはトハラ)を支配した月氏(秦から漢代にかけて中央アジアで活躍したイラン系遊牧民族)の根拠地(後にアフガニスタン及び北インドに支配を拡大したクシャン朝をも、中国では「大月氏」と呼んだ)で実在するのであるから、この牛は実在する特定の種(或いは品種)に比定出来そうだが、判らぬ。一つ浮かんだのは、そのインドや東南アジアに分布するウシ亜科ウシ属ガウル Bos gaurus ではあったが、積極的に比定する気にはならない。速攻、傷が治るなんていうおいしい話は眉唾だからね。]

 

« フォントについて | トップページ | かぐや姫 國木田獨步 »