フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 皐月の歌 | トップページ | 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 序のしらべ »

2019/03/02

蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 晚秋

 

 晚 秋

 

ささやきて去(い)にける影(かげ)や、

盞(さかづき)にしたみし酒(さけ)は

(飮(の)みさしぬ)、あはれ惱(なや)まし、

澁(しぶ)りたる愁(うれひ)に濁(にご)る。

 

ささやきて去(い)にける影(かげ)や、

おとづれも今(いま)はた(た)えぬ、

ほど過(す)ぎて風(かぜ)もあらぬに

ひえびえと膚(はだへ)粟(あは)だつ。

 

うらがれの園(その)にしとれる

石(いし)づくゑ、琢(みが)ける面(おも)の

薄鈍(うすにば)み曇(くも)るわびしさ、――

「歡樂(よろこび)」は待(ま)てどかへらず。

 

雲(くも)は、見(み)よ、空(そら)のわづらひ、

吹(ふ)き棄(は)つる命(いのち)のかたみ――

「悲(かなしみ)」の螺(かひ)かとばかり

晝(ひる)の月、痕(あと)こそ痛(いた)め。

 

かくてまた薄(うす)らぎ弱(よは)る

日(ひ)のひそみ、風(かぜ)のおとろへ、

黃(き)に默(もだ)す公孫樹(いてふ)の、はたや

灰(はい)ばめる楊(やなぎ)の落葉(おちば)。

 

一叢(ひとむら)の薔薇(さうび)は、かしこ、

凋(しぼ)みゆく花(はな)の褪色(あせいろ)、

くづをるる埋(うも)れこころぞ

土(つち)の香(か)の寂(さび)れに咽(むせ)ぶ。

 

空(そら)だのめ、何(なに)をかは待(ま)つ、――

いつしかに日和(ひより)かはりて

雨(あめ)もよひ、やや蒸(む)しぬれば、

秋(あき)は今(いま)ふとき呼息(いき)しぬ。

 

わりなくも聲(こゑ)になやめる

盞(さかづき)の玻璃(はり)の嘆(なげ)きと

うつろへる薔薇(さうび)の歌(うた)と、

かかる日(ひ)を名殘(なごり)のしらべ。

 

[やぶちゃん注:第六連最終行の「土(つち)の香(か)の寂(さび)れに咽(むせ)ぶ。」の「寂(さび)れに」は底本では「寂(さび)れは」。底本の「名著復刻 詩歌文学館 紫陽花セット」の解説書の野田宇太郎氏の解説にある、有明から渡された正誤表に従い、特異的に呈した。

「しとれる」「濕(しと)れる」で、「しっとりと濡れている・湿り気を含んでいる」の意。]

« 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 皐月の歌 | トップページ | 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 序のしらべ »