フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 無題 清白(伊良子清白) | トップページ | 琴の音 伊良子清白 »

2019/04/15

落葉の歌 清白(伊良子清白)

 

落葉の歌

 

冬は美晴(びせい)の日ぞ多き

東京の天(てん)朝な朝な

不二を篩(ふる)ひて山の手の

庭は落葉の頻りなり

 

夜におき結ぶ初霜に

濃きもうすきも色かへて

日出でぬひまのきららかさ

箒(ははき)知らぬが眺めなり

 

いくさをはりて凱旋の

日に日にきこゆらつばの音(ね)

御旗たてたる軒端(のきば)より

降るも金(こがね)の木の葉かな

 

街巷(ちまた)をはさむ篠(すず)かけの

梢はすきて灯(ひ)の海の

彼方は明かし流れ入る

堆葉(うずは)は河と疑はる

 

斗牛(とぎう)の間暗うして

曇りがちなる星の空

急ぐ落葉の頃なれば

ちぎれし雲のみだれとぶ

 

十年(ととせ)も束の間すぎさりて

馴るるに早き佗住みの

窓を隔ててさらさらと

落つる木の葉をなつかしむ

 

[やぶちゃん注:明治三九(一九〇六)年一月一日発行『文庫』初出。署名は「清白」。伊良子清白満二十八歳。この前年の五月末、鳥取市の漢学者森本歓一・なかの長女で鳥取県女子師範学校附属小学校訓導であった幾美(えみ)と結婚、翌六月二十七日、当時、勤務していた帝国生命保険の保険検査医として東京へ転任、新妻とともに旧赤坂区新町四丁目に新居を構えた(現在の港区赤坂のこの中央附近と推定される。富士山は西南西に当たる)。日露戦争はその二ヶ月後の九月一日に休戦、翌月十月十四日にポーツマス条約批准によって終結している。

「斗牛」二十八宿の斗宿と牛宿。斗は射手座の一部、牛は山羊座の一部で、ともに南方の天にある。

 初出は以下。最終連を大きく改変している。

   *

 

 

落葉の歌

 

冬は美晴(びせい)の日ぞ多き

東京の天、朝な朝な

不二を篩(ふる)ひて山の手の

庭は落葉の頻なり

 

夜におき結ぶ初霜に

濃きも淡きも色更へて

日出でぬまのきららかさ

箒(ははき)知らぬが眺なり

 

戰終りて凱旋の

日に日にきこゆ町の内

御旗樹てたる軒端(のきば)より

降るも金(こがね)の木の葉かな

 

街巷を挾む櫻木の

果は夕の鐘の海

音を慕ひて流れ入る

堆葉(うずは)は河と疑はる

 

斗牛(とぎう)の間暗くして

曇りがちなる星の空

急ぐ落葉の頃なれば

しめらぬ雲の亂れ飛ぶ

 

時雨のあめか木の葉かと

うたひし古歌を思ひいで

枕欹て蕭々と

落つる響を聽けるかな

 

   *

初出最終連の「欹て」は「そばだて」。]

« 無題 清白(伊良子清白) | トップページ | 琴の音 伊良子清白 »