フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 淡路にて 清白(伊良子清白) (初出形) | トップページ | 旅行く人に 清白(伊良子清白) (初出形) »

2019/04/03

秋和の里 清白(伊良子清白) (初出形)

 

秋和(あきわ)の里(さと)

 

月(つき)に沈(しづ)める白菊(しらぎく)の

秋(あき)冷(すさ)まじき影(かげ)を見(み)て

千曲少女のたましひの

ぬけかいでたるこゝちせる

 

佐久(さく)の平(たひら)の片(かた)ほとり

あきわの里(さと)に霜(しも)やおく

酒(さけ)うる家(いへ)のさゞめきに

まじる夕(ゆふべ)の鴈(かり)の聲(こゑ)

 

蓼科山(たでしなやま)の彼方(かなた)にぞ

年經(としふ)るおろち棲(す)むといへ

月(つき)はろばろとうかびいで

八谷(やたに)の奥(おく)も照(て)らすかな

 

旅路(たびぢ)はるけくさまよへば

破(や)れし衣(ころも)の寒(さむ)けきに

こよひ朗(ほがら)らのそらにして

いとゞし心痛(こころいた)むかな

 

        (秋曉に贈る)

 

[やぶちゃん注:初出は明治三五(一九〇二)年十二月発行『文庫』(署名は「清白」)であるが、初出では総標題「霜柱」のもとに、「野衾」「淨瑠璃姫」(孰れも昭和四(一九二九)年新潮社刊「現代詩人全集 第四巻 伊良子清白集」に再録所収)及び本「秋和の里」の三篇を掲げてある。「孔雀船」との相違は(標題を「さきわ」とするのは誤植と見て採らない)、「千曲乙女(ちくまをとめ)のルビがないこと、詩篇末(位置は不明なので一行空けて有意に下げた)の「(秋曉に贈る)」という後書きがないことである。この「秋曉」は人名で、『上田市関連ソング 「秋和の里」について』に、『明治の末期、日本の文学界きっての文人滝沢秋暁(本名』は彦太郎。『文庫』派)『が種々の事情で東京の文学界を去り、故郷秋和村(現上田市秋和)に隠遁していることを知った文学界駆け出しの伊良子清白が、越後出張のおり』、『表敬訪問』して『歓迎され』、『秋暁の家に泊めてもらうことになった。そのお礼にと後日贈った詩である』とある。記者で作家の滝沢秋暁(しゅうぎょう 明治八(一八七五)年~昭和三二(一九五七)年)は、早くから『少年文庫』などに投稿し、明治二十年代から小説「田毎姫」・詩「亡友の病時」・評論「勧懲小説と其作者」「地方文学の過去未来」などを発表、明治二八(一八九五)年には『田舎小景』を創刊したが、画道を志して上京、『少年文庫』の記者となった。しかし翌年、病を得て帰郷、家業の蚕種製造に従事する傍ら、小説「手術室の二時間」などを発表した。著書に「有明月」「愛の解剖」「通俗養蚕講話」などがある(以上は日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」に拠った)。

「秋和の里」は現在の長野県上田市秋和(あきわ)(グーグル・マップ・データ)。

「佐久(さく)の平(たひら)の片(かた)ほとり」については、先の『上田市関連ソング 「秋和の里」について』に、『上田あたりを佐久の平と言うのは無理があるが、これは蓼科山に対する詩人の言葉であると言われており、「酒うる家」は上田からの途中にあった「米万」という居酒屋のことらしい』とあった。]

« 淡路にて 清白(伊良子清白) (初出形) | トップページ | 旅行く人に 清白(伊良子清白) (初出形) »