フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 柳田國男 山島民譚集 原文・訓読・附オリジナル注「馬蹄石」(16) 「駒形權現」(2) | トップページ | 寢鵜捕り 伊良子清白 »

2019/04/30

大護摩詣り 伊良子清白

 

大護摩詣り

 

竹の籠頭にのせて

楊梅賣(やまももうり)が

今日も海邊の里に來る

梅雨(つゆ)明けの

焦(こ)げつくやうな炎天に

海は紺靑(こんじやう)燃える潮(しほ)

世義寺(せぎでら)の

大護摩(おほごま)焚(た)く日なり

海見れば

高々と旗はうつくし

ほのぼのと白帆は涼し

島々の

船の賑はひ

こどもも乘せて

護摩じやごまじやと

ほたえてゆくよ

 

註 世義寺は宇治山田市にある古刹、護摩の供養は陰曆六月七日に行はる。

 

[やぶちゃん注:以上の注は底本では本文ポイント一字下げでポイント落ちであるが、ブラウザの不具合を考えて、引き上げた。初出未詳。

「楊梅(やまもも)」ブナ目ヤマモモ科ヤマモモ属ヤマモモ Morella rubra。六月頃、黒赤色の果実を結び、甘酸っぱく、生で食べられる。

「世義寺(せぎでら)」三重県伊勢市岡本にある教王山(きょうおうざん)神宮寺宝金剛院世義寺(グーグル・マップ・データ)。現在は毎年七月七日の七夕の「柴燈大護摩(さいとうおおごま)」、通称「ごまさん」と、子どもの命名の祈祷で知られる。参照したウィキの「世義寺」によれば、『以前は大護摩で火渡りが行われたが、一般人には危険であるとして』二十『世紀末に廃止された』。『護摩札による祈願成就と護摩木の授与が行なわれ、護摩木は農地の虫除けや家屋の魔除けになるという』とある。]

« 柳田國男 山島民譚集 原文・訓読・附オリジナル注「馬蹄石」(16) 「駒形權現」(2) | トップページ | 寢鵜捕り 伊良子清白 »