フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 夏日孔雀賦 清白(伊良子清白) (初出形近似版) | トップページ | 柳田國男 山島民譚集 原文・訓読・附オリジナル注「馬蹄石」(4) 「白馬ヲ飼ハヌ村」(2) »

2019/04/05

花賣 清白(伊良子清白) (初出形)

 

花 賣(はなうり)

 

花賣娘(はなうりむすめ)名(な)はお仙(せん)

十七、花を賣りそめて

十八、戀を知(し)りそめて

顏(かほ)もほてるや耻(はづ)かしの

 

蝮(はび)に嚙(か)まれて脚(あし)切(き)るは

山家(やまが)の子等(こら)に驗(げん)あれど

戀(こひ)の附子矢(ぶすや)に傷(きづゝ)かば

毒、とげぬくも晩(おそ)からん

 

村(むら)の外(はづ)れの媼(おば)にきく

昔(むかし)も今(いま)も花賣(はなうり)に

戀(こひ)せぬものはなかりけり

花(はな)の蠱(まど)はす業(わざ)ならん

 

市(いち)に艷(えん)なる花賣(はなうり)が

若(わか)き脈搏(みやくう)つ花一枝(はなひとえ)

彌生、小窓(こまど)にあがなひて

戀(こひ)の血汐(ちしほ)を味(あぢは)はん

 

[やぶちゃん注:初出は明治三六(一九〇三)年二月発行の『文庫』であるが(署名は「清白」)、総標題「淡雪」のもとに「赤インク」(後に「赤インキ」と表記を変えて新潮社刊「現代詩人全集 第四巻 伊良子清白集」に収録)と本篇の二篇を収録。校異に従い、初出形に戻した。「艷」は「孔雀船」の表記に従った(底本校訂本文は「艶」)。ここで一言言っておくと、底本校異ではルビを振らないものと振るものがあり、それに従っているが、底本の校異は或いはルビを完全には再現していないのではないかと感じられる節があり、或いは、ルビの有る無しを校異としては完全には示していない可能性を感ずる。例えば、本篇の場合、初出は、詩集「孔雀船」の数字を除いた総ルビの形ではなく、パラルビなのではないかという疑義が強くあるということである。ここまで電子化してきて、他の詩篇でもそれを強く感ずるからである。実際に「未収録詩篇」所収の『文庫』発表の詩篇群は概ねパラルビである。しかし、『文庫』原本を私は見ることが出来ないので、「孔雀船」のルビは残して電子化している。なお、これについてはくだくだしいばかりで実のない謂いとなるので、ここでのみ掲げておき、向後は繰り返さない。

「蝮(はび)」有鱗目ヘビ亜目クサリヘビ科マムシ亜科マムシ属ニホンマムシ Gloydius blomhoffii の方言。小学館「日本国語大辞典」によれば、採集地を千葉県夷隅郡・三重県南部・大和・奈良県・和歌山県とする。伊良子清白は鳥取県生まれであるが、明治二〇(一八八七)年、父で個人開業医であった政治(まさはる)の一家転住に伴い、満十歳の時に三重県津市に転住しているので、腑に落ちる。]

« 夏日孔雀賦 清白(伊良子清白) (初出形近似版) | トップページ | 柳田國男 山島民譚集 原文・訓読・附オリジナル注「馬蹄石」(4) 「白馬ヲ飼ハヌ村」(2) »