フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 安乘の稚兒 清白(伊良子清白) (初出形) | トップページ | 戲れに 清白(伊良子清白) (初出形) »

2019/04/07

陰の卷 清白(伊良子清白) (「鬼の語」初出形)

 

陰 の 卷

 

顏(かほ)蒼白(あをじろ)き若者(わかもの)に

祕(ひ)める不思議(ふしぎ)きかばやと

村人(むらびと)數多(あまた)來(きた)れども

彼(かれ)はさびしく笑(わら)ふのみ

 

前(きそ)の日(ひ)村(むら)を立出(たちい)でゝ

仙者(せんじや)が嶽(たけ)に登(のぼ)りしが

恐怖(おそれ)を抱(いだ)くものゝごと

山(やま)の景色(けしき)を語(かた)らはず

 

傳(つた)へ聞(き)くらく、此(この)河(かは)の

きはまる所(ところ)瀧(たき)ありて

其(そ)れより奥(おく)に入(い)るものは

必(かなら)ず山(やま)の祟(たゝり)あり

 

蝦蟆(がま)、氣(き)を吹(ふ)きて立曇(たちくも)る

篠竹原(しのだけはら)を分(わ)け行(ゆ)けば

冷(ひ)えし掌(てのひら)あらはれて

項に顏(かほ)に觸(ふ)るゝとぞ

 

陽炎(かげろふ)高(たか)さ二萬尺(まんじやく)

黃山、赤山、黑山の

劍(けん)を植ゑたる頂(いただき)に

祕密(ひみつ)の主(ぬし)は宿(やど)るなり

 

盆(ぼん)の一日(ひとひ)は暮(く)れはてゝ

淋(さび)しき雨(あめ)と成(な)りにけり

怪(け)しく光(ひか)りし若者(わかもの)の

眼(まなこ)の色(いろ)は冴(さ)え行(ゆ)きぬ

 

劉邦(りうはう)未(いま)だ若(わか)うして

谷路(たにぢ)の底(そこ)に蛇(じや)を斬(き)りつ

而(しか)うして彼(かれ)漢王(かんわう)の

位(くらゐ)をつひに贏(か)ち獲(え)たり

 

この子も非凡、山の氣(き)に

中(あ)たりて床(とこ)に隠(かく)れども

禁(きん)を守(まも)りて愚鈍者(ぐどんじや)に

鬼(おに)の語(ことば)を語(かた)らはず

 

[やぶちゃん注:初出は明治三六(一九〇三)年一月一日発行の『文庫』であるが、初出では署名「清白」で、総標題「山岳雜詩」のもとに、この「陰の卷」と「山頂」「淺間の烟」(孰れも新潮社刊「現代詩人全集 第四巻 伊良子清白集」に収録、後者は収録時に「淺間の煙」と表記を変えている)の全三篇を収録。本「陰の卷」は「孔雀船」で「鬼(おに)の語(ことば)」と改題して収録してある。校異に従い、初出形に戻したが、「孔雀船」同様、「項に顏(かほ)に觸(ふ)るゝとぞ」の部分の「項」は初出では「頂」となっている。「孔雀船」でも「頂(うなじ)」となっているが、底本の「孔雀船」校訂本文は別の二書に基づき「項(うなじ)」と訂するので、特異的に誤植と断じて「項」とした。思うに、これも長篇物語詩の構想の中の一部だったのではなかろうか?

« 安乘の稚兒 清白(伊良子清白) (初出形) | トップページ | 戲れに 清白(伊良子清白) (初出形) »