フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 花賣 清白(伊良子清白) (初出形) | トップページ | 月光日光 伊良子清白 »

2019/04/05

柳田國男 山島民譚集 原文・訓読・附オリジナル注「馬蹄石」(4) 「白馬ヲ飼ハヌ村」(2)

 

《原文》

 村ニ白馬ヲ置カシメザル理由ニ至リテモ、地方ニ由リ些シヅツノ相違アリ。武藏入間郡高麗村大字新堀(ニヒホリ)大宮ニテハ、今モー般ニ白毛ノ馬ヲ飼ハズ。【白髭】此村ハ上代高麗人ノ殖民地ニシテ、祖神トシテ白髭明神ヲ祀レリ。其氏子ナルガ故ヲ以テ村人モ白馬ヲ忌ムナリト云フ〔東京人類學會雜誌第二百十六號柴田氏〕。【若宮八幡】橫濱市本牧町本鄕ノ若宮八幡宮ノ神體ハモト白馬ニ乘リタル神像ナリキ。此地ノ農民ハ夫ガ爲ニ嚴ニ白馬ニ乘ルコトヲ戒メタリ〔新編武藏風土記稿〕。【海邊ノ牧】本牧ハ即チ一箇海邊ノ馬牧ナレバ、此ノ如キ口碑ノ存スルハ偶然ニ非ザルべシ。【天智天皇】大隅囎唹郡東志布志村大字安樂ノ山口六社明神ハ天智天皇ヲ祀ルト傳ヘラル。此天皇ノ傳說ハ弘ク鹿兒島縣ノ南海岸ニ分布シテ此ハ其一例ナリ。此神社ノ境内ニ於テハ昔ヨリ白馬ニ騎ルコトヲ固ク戒ム。其禁ヲ犯セバ必ズ災アリ。白馬ハ此神ノ乘用ナリシガ爲ナリト言ヒ傳フ〔三國名勝圖會〕。【白山】【黑駒】之トハ正反對ニ薩摩川邊郡川邊(カハナベ)村大字淸水ノ白山權現ノ神體ハ、黑キ馬ニ騎リタマヘル像ナルガ故ニ、村中ノ民ヲシテ白馬ヲ飼ハシメズ〔同上〕。【平家谷】土佐ノ山中ニハ平家隱里ノ傳說多シ。【白旗】之ト伴ヒテ又所謂白旗傳說アリ。日向ノ那須山ナドニテハ山櫻ノ花ノ盛リヲ見テ源氏ノ旗影カト誤リシト傳ヘタルニ、【白鷺】此地方ニテハ、何レモ白鷺ノ飛ビ揚ルヲ白旗ト見誤リテ一族悉ク自殺シタリト語リ傳ヘタリ〔土佐州郡志〕。此國兩家村ノ平家谷ナドハ、此因緣ヨリ今以テ所謂不入山(イラズヤマ)ノ禁令固キノミナラズ、白馬ヲ曳キ又ハ白キ手拭モテ頰冠リシタル者ハ、此山ヲ過グルコト能ハズト云フ〔土佐國古雜志〕。白旗ト白鷺ニ就キテハ最モ多クノ傳說アリ。白キ衣ヲ著タル老女ヲ白鷺ト思ヒテ射殺シ、其他色々ノ物ニ見誤リテ後ノ災アリシ話ノ多キハ、何カ仔細アルコトナルべシ。

 

《訓読》

 村に白馬を置かしめざる理由に至りても、地方に由り些(すこ)しづつの相違あり。武藏入間郡高麗(こま)村大字新堀(にひほり)大宮にては、今もー般に白毛の馬を飼はず。【白髭】此の村は上代、高麗人(こまびと/こまうど)の殖民地にして、祖神として白髭明神を祀れり。其の氏子なるが故を以つて、村人も白馬を忌むなり、と云ふ〔『東京人類學會雜誌』第二百十六號・柴田氏〕。【若宮八幡】橫濱市本牧(ほんもく)町本鄕の若宮八幡宮の神體は、もと、白馬に乘りたる神像なりき。此の地の農民は夫(それ)が爲に、嚴に白馬に乘ることを戒めたり〔「新編武藏風土記稿」〕。【海邊の牧】本牧は、即ち、一箇[やぶちゃん注:一つのれっきとした。]、海邊の馬牧(うままき)なれば、此(かく)のごとき口碑の存するは偶然に非ざるべし。【天智天皇】大隅囎唹(そお)郡東志布志(ひがししぶし)村大字安樂(あんらく)の山口六社明神は、天智天皇を祀ると傳へらる。此の天皇の傳說は、弘(ひろ)く鹿兒島縣の南海岸に分布して此れは其の一例なり。此の神社の境内に於いては、昔より白馬に騎(の)ることを固く戒む。其の禁を犯せば、必ず災ひあり。白馬は此の神の乘用なりしが爲なりと言ひ傳ふ〔「三國名勝圖會」〕。【白山】【黑駒】之れとは正反對に、薩摩川邊郡川邊(かはなべ)村大字淸水(きよみづ)の白山權現の神體は、黑き馬に騎りたまへる像なるが故に、村中の民をして白馬を飼はしめず〔同上〕。【平家谷】土佐の山中には平家隱里(かくれざと)の傳說、多し。【白旗】之れと伴ひて又、所謂、白旗(しらはた)傳說あり。日向(ひうが)の那須山などにては、山櫻の花の盛りを見て、源氏の旗影かと誤りしと傳へたるに、【白鷺】此の地方にては、何(いづ)れも白鷺の飛び揚るを白旗と見誤りて、一族悉く自殺したりと語り傳へたり〔「土佐州郡志」〕。此の國、兩家村の平家谷などは、此の因緣より、今、以つて、所謂、「不入山(いらずやま)」の禁令、固きのみならず、白馬を曳き、又は、白き手拭(てぬぐひ)もて頰冠(ほおかむ)りしたる者は、此の山を過ぐること能はずと云ふ〔「土佐國古雜志」〕。白旗と白鷺に就きては、最も多くの傳說あり。白き衣を著たる老女を白鷺と思ひて射殺(いころ)し[やぶちゃん注:「ちくま文庫」版全集は『射チ殺シ』とするが、従えない。]、其の他、色々の物に見誤りて、後の災ひありし話の多きは、何か仔細あることなるべし。

[やぶちゃん注:「武藏入間郡高麗(こま)村大字新堀(にひほり)大宮」現在の埼玉県日高市高麗本郷(グーグル・マップ・データ。以下同じ)

「橫濱市本牧(ほんもく)町本鄕の若宮八幡宮」之は現在の横浜市中区本牧和田にある本牧神社内の境内社である若宮八幡宮(鎌倉幕府成立以前から本牧に祀られていたとされ、源頼朝や惟康親王など崇敬を受けた。海岸に流れ着いた大日孁女貴命(おおひるめのみこと=天照大神)像を、弘長三(一二六三)年に奉斎して本郷村の総鎮守としたと伝える)を指すと考えられる。但し、かつてはここではなく、北東海浜の「十二天社」地区にあった丘の上にあったもので、ここもその旧地と考えねばならない。詳しい経緯はウィキの「本牧神社」を見られたいが、ここには例祭として「お馬流し神事」があり、『茅を編み込んで作った』、「お馬」と『呼ばれる馬頭亀体の人形に厄災をのせて、根岸湾に流す 神事で』、室町時代の永禄九(一五六六)年から『行われていると伝えられている。お馬は旧本牧六ヵ村と呼ばれる間門、牛込、原、宮原、箕輪、台にひとつずつ、計』六『体が「やぶ」という屋号をもつ氏子によって製作され、例祭初日の』「お馬迎え式」と『呼ばれる儀式と共に神社に奉納される。翌日』、「お馬送り式」の『儀式と共に奉戴車に乗せられたお馬は、本牧漁港から祭礼船に載せ替えられ、根岸湾の沖合で流される。お馬を流した祭礼船は、各船が競い合って港へと戻る』。『お馬流しは「ハマの奇祭」と呼ばれることもあるが』、『國學院大學伝統文化リサーチセンターによる調査は、その起源は鎌倉時代に本牧にある和田山が軍馬の放牧地であった地域的特性に関わっている、と指摘している』とある。本文の「馬牧」のそれである。

「大隅囎唹(そお)郡東志布志(ひがししぶし)村大字安樂(あんらく)の山口六社明神」現在の鹿児島県志布志市志布志町安楽にある山宮神社の旧称。ウィキの「山宮神社」によれば、『社伝によると』、和銅二(七〇九)年の創建で、大同二(八〇七)年に近隣の六社を『合祀して「山口六社大明神」と名乗っていた』が、明治二(一八六九)年の廃仏毀釈以降は『現在の山宮神社に改称』したとする。『現在』、『建築物などは新しくなっているが』、『宝物は平安時代からの物も含め多数にのぼり、かなり古くに創始された神社ではないかと思われる』とある。

「天智天皇を祀る」上記ウィキによれば、祭神は天智天皇・持統天皇・玉依姫・大友皇子・乙姫・倭姫とある。

「此の天皇の傳說は、弘(ひろ)く鹿兒島縣の南海岸に分布して此れは其の一例なり」古賀達也氏の論文『最後の九州王朝 鹿児島県「大宮姫伝説」の分析』がよい。

「薩摩川邊郡川邊(かはなべ)村大字淸水(きよみづ)の白山權現」場所は既出で、現在の鹿児島県南九州市川辺町清水であるが、同明神社は確認出来ない。

「日向(ひうが)の那須山」不詳。但し、高い確率で、平家落人伝説の地で、後に那須氏が支配した宮崎県東臼杵郡椎葉村(しいばそん)の域内或いはその周辺(東直近県外(熊本県八代市泉町樅木)には同じ落人伝説で知られる五家荘(ごかのしょう)がある)もにある山の異名ではないかと思われる。

「此の國、兩家村の平家谷」文脈から「此の國」は土佐としかとれないから、安徳天皇が落ちのびたとされて墓もある、高知県高岡郡越知町(おちちょう)としか思われないが、ここを「平家谷」とは呼ばないように思う。「兩家村」とは合併して「越知村」となった越知村・野老山(ところやま:と読むか)村を指すか。

「不入山(いらずやま)」癖地(くせち-:所有したり、立ち入ったりすると不幸があると信じられている土地)の一つで、入ると出られなくなるといい、行くことを忌む山。四国地方に多い。藩命で入山を禁止した保護山林もこう呼ぶ。]

« 花賣 清白(伊良子清白) (初出形) | トップページ | 月光日光 伊良子清白 »