フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« しのびあるきの 伊良子清白 | トップページ | 蟲賣り 伊良子清白 »

2019/04/08

一よぐさ 伊良子清白

 

一よぐさ

 

   ○

しのびあるきの君なれば

いかで知るべき國君と

旗ひるがへる城の戶を

ひとりやいでゝきましたる

 

葡萄の岡と小流れと

あばらぶきなるやどの外

見給ふものもなきものを

しばしばきみはきましたる

 

あしきやからのおほかるを

あはれ貴きわがきみよ

あすより絕えてその門を

訪れたまふことなかれ

 

葡萄の房は年々に

いやうつくしくみのるべし

われはさびしきあばらやに

常少女にてをはらなむ

   ○

おぼしたてたるいくもとの

菊につきたる秋の蟲

いかりにたヘず火をとりて

のこるくまなくやきにけり

 

もとより菊はかれぬれど

今は心のやすくして

暮れ行く秋のさびしさを

ながめ空しくくらすなり

   ○

をのこの中にたゞひとり

はしき少女ぞまじるなる

沙漠の上に一ひらの

草生ひしげる風情あり

 

破れし城よりすくひしは

椰子の木生ふる國なりき

そのをりまでも手離さで

持ちしはかれの琴なりき

 

獅子色なせるその髮に

野營の月のてりそひて

熱きくになるをとめこは

こよひも琴をならすなり

   ○

そびらにおへる御佛に

西日かゞやく坂みちや

鉦の響に木の葉ちり

御厨のなかにおちつもる

 

身に御佛を負ふことの

こがねのはすをふみわけて

熱なき池に入ることも

すなはち今日の境なり

 

驗もたえや觀世音

木の間にとまる山鳩の

厨子にこのはを啄みて

高きみ空に翔り舞ふ

 

[やぶちゃん注:明治三四(一九〇一)年十一月発行の『文庫』に「S」のイニシャル署名(特異点)で発表した全十二連四パート構成から成る物語詩。既に電子化した「背に負へる」「おほきたてたる」「しのびあるきの」の三篇は、どれも皆、本篇の部分を独立させて改変・改題したものである。それぞれと比較されたい。]

« しのびあるきの 伊良子清白 | トップページ | 蟲賣り 伊良子清白 »