フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 大護摩詣り 伊良子清白 | トップページ | 秋曉 伊良子清白 »

2019/04/30

寢鵜捕り 伊良子清白

 

寢鵜捕り

 

島のお月夜

  ころころ寢鵜(ねう)

羽根にうづめて

  首がない

 

島の岩窟(いはや)の

  お月さんはくらい

寢鵜は巢にねる

  うづくまる

 

寢鵜を捕る船

  月夜に來るよ

棹をさしさし

  音もせず

 

寢鵜を捕るには

  女がとるよ

白いをんなの

  手がとるよ

 

寢鵜はころころ

  月夜も知らず

ほわり抱かれた

  手も知らず

 

寢鵜はとられて

  月夜の船で

黑い羽根伸(の)す

  首あげる

 

寢鵜の啼ごゑ

  波々こえて

月の遠潮

  よびかける

 

[やぶちゃん注:初出未詳。この「寢鵜捕り」というのは、恐らく嘗つて伊勢湾で行われていた鵜飼用のウミウ(カツオドリ目ウ科ウ属ウミウ Phalacrocorax capillatus)の捕獲を指すものと思われる。ウィキの「長良川鵜飼」によれば、岐阜県岐阜市の長良川で毎年五月十一日から十月十五日まで行われる長良川鵜飼で用いる鵜は、嘗て、『昭和初期までは伊勢湾』の『海鵜を捕獲していたが、現在は茨城県日立市の鵜の岬で捕獲している』とあるからである。伊良子清白のこれは嘱目か。ロケーション位置を特定出来ればいいのだが。鳥羽近辺でも行われていた可能性は高いと思う。識者の御教授を乞う。]

« 大護摩詣り 伊良子清白 | トップページ | 秋曉 伊良子清白 »