フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 鰹船の唄 伊良子清白 | トップページ | 和漢三才圖會卷第三十八 獸類 水豹(あざらし) (アザラシ) »

2019/04/27

太平百物語卷二 十五 吉田吉郞化物に逢ひし事

   ○十五 吉田吉郞化物に逢ひし事

 中京(なかぎやう)に吉田吉郞といふ者あり。

 或夜、子の刻ばかりに、五条醒井(さめがい[やぶちゃん注:ママ。])を通りけるに、うしろより、しづかに步み來る者、あり。

 ふりかえりみれば、年のほど、七、八才斗(ばかり)なる童子なり。

 吉郞、あやしくおもひ、童子にむかひ、

「いかに、小伜(こせがれ)、此くらき夜(よ)の、しかも更行(ふけゆき)て、おのれ壱人、何國(いづく)へか行く。」

と、いひければ、わらは、答へて、

「我は、何(いつ)も、此所を通る者なり。我(わが)形(かた)ちの、ちいさく幼きが、御氣に參らずば、いざや、大きく成(なり)申さん。」

とて、其儘(まゝ)、六尺餘りの大童(おほわらは)となり、吉郞をにらみけるに、吉郞、元來、しれ者にて、

「さこそおもひし。」

とて、大脇指(わきざし)を、

「すらり。」

と引ぬき、橫樣に切り付ければ、頓(やが)て形は消失(きえうせ)たり。

 吉郞、あざ笑ひて過(すぎ)ける所に、又、向ふより、いと誮(やさ)しき女、壱人、出(いで)きたり、吉郞が傍(そば)ちかく、寄(より)そひ、

「いかに。其方(そなた)樣へ、物申さん。われは四条あたりの者なるが、只今、其樣(さま)、すさまじき大坊主に行(ゆき)あひ、餘りのおそろしさに、これ迄、やうやう迯(にげ)きたりぬ。あはれ、御情(なさけ)に、われを誘(いざな)ひ玉へ。」

と、誠しやかに、いふ。

 吉郞、此女の体(てい)を、つくづく見て、

『これ、誠の女にては有(ある)まじ、今の化者(ばけもの)が無念さに、又、我をたばかるならん。』

と、おもひながら、さあらぬ体(てい)にて、

「いざ、伴ひ申さん。」

と、少(すこし)もゆだんをせずして行けるが、吉郞、女にむかひ、

「其大坊主(おほぼうず)は、いか樣成[やぶちゃん注:「やうなる」。]者にて侍りしや。」

とゝへば、此女、袖、かき合せて、

「さん候ふ。其坊主が姿は、かやうにこそはべりし。」

とて、さしも美しかりし女、忽ち、壱丈斗の古(ふる)入道となり、面(おもて)の眞中(まんなか)に車輪のごとくなる眼(まなこ)、壱つ、ひからし、吉郞を、

「はつた。」

と、ねめしを、すかさず、脇指、ぬき放し、

『柄(つか)も碎け。』

と切付(きりつく)れば、切られて迯(にぐ)るを、追(おひ)つむれば、門(もん)の際(きは)にて漂(たゞよ)ふ所を、拜み打(うち)に切りこみしに、彼(かの)ばけ物は消失(きへうせ[やぶちゃん注:ママ。])て、大石(だいせき)にぞ切付たり。

 吉郞、前後を、よくよく、見定め、

「今は恐るゝ事あらじ。」

と、氣色(きしよく)ぼうて[やぶちゃん注:ママ。]、宿に歸りしが、夜明(よあ)けて、人々に語り、彼(かの)脇指、取出(とりいだ)し見てあれば、悉く、刄(やいば)、こぼれてげり。

 されども、不敵なりしゆへに、災(わざはひ)はなかりしとぞ。

[やぶちゃん注:「中京(なかぎやう)」近世、京都の中心部を成した商業地域を指し、二条から四条までの附近を称した。元禄期(一六八八年~一七〇四年)頃からこの呼称は用いられた(小学館「日本国語大辞典」に拠る)。本「太平百物語」は享保一七(一七三三)年の板行であるから、本話柄はごく直近の都市伝説(urban legend)ということになる。

「五条醒井(さめがい)」この附近(グーグル・マップ・データ)だが、現在、南北にあった醒井通は、この五条通以南では西隣りの堀川通が東よりに拡張されたため、これと重なって消滅してしまっている。

「頓(やが)て」そのまま。

「誮(やさ)しき」「優しき」に同じい。「優美である・上品で美しい」の意。

「四条」現在位置より北。

「門(もん)」国書刊行会「江戸文庫」版ではルビに『もの』と振る。不審。

「拜み打(うち)」刀の柄(つか)を両手で握り、頭上高く振り被って、上から下に一気に斬り下げること。

「氣色(きしよく)ぼうて」気色(けしき)ばんで。ここは「得意げに意気込んで・気負い込んだ顔つきになって」の意。]

« 鰹船の唄 伊良子清白 | トップページ | 和漢三才圖會卷第三十八 獸類 水豹(あざらし) (アザラシ) »