フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 柳田國男 山島民譚集 原文・訓読・附オリジナル注「馬蹄石」(5) 「毛替ノ地藏」(1) | トップページ | 一よぐさ 伊良子清白 »

2019/04/08

しのびあるきの 伊良子清白

 

しのびあるきの

 

しのびあるきの君なれば

いかで知るべき國君と

旗ひるがへる城の門(と)を

ひとりやいでて來ましたる

 

葡萄の岡と小流れと

あばらぶきなる屋根の外

見給ふものもなきものを

しばしば君は來ましたる

 

あしきやからのおほかるを

あはれ貴きわが君よ

あすより絕えてこの門(かど)を

訪(おとづ)れたまふことなかれ

 

葡萄の房は年々に

いやうつくしくみのるべし

われはさびしきあばら屋に

常少女(とこをとめ)にてをはらなむ

 

[やぶちゃん注:本篇は明治三四(一九〇一)年十一月発行の『文庫』に発表した全十二連四パート構成から成る「一よぐさ」の最初のパートの四連分を独立させ、一部を改変して改題したものである。次で、その「一よぐさ」全篇を掲げる。これには底本に校異・初出があるが、伊良子清白が同じ仕儀を行った前の二篇にはそれがないのは、全く以っておかしい。前の二篇「背に負へる」及び「おほしたてたる」に異同がないのならまだしも(それでも不親切ではある)、実際には比べて戴ければ判る通り、前の二篇にも異同がある以上、画期的な「伊良子清白全集」の「校異」としては痛い欠落という謗りは免れぬ。伊良子清白の全貌を明らかにする優れた著作であるだけに次回の刷では以上二篇の校異を投げ込みでも挿入せずんばならず、と強く感ずることを言い添えておく。

« 柳田國男 山島民譚集 原文・訓読・附オリジナル注「馬蹄石」(5) 「毛替ノ地藏」(1) | トップページ | 一よぐさ 伊良子清白 »