フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 和漢三才圖會卷第三十八 獸類 豺(やまいぬ) (ドール(アカオオカミ)) | トップページ | 戀の使 伊良子清白 (附・初出形「柳の芽」) »

2019/04/17

新月 清白(伊良子清白)

 

 新 月

  (短唱四篇)

 

 

   ○

 

たださすところ朝日子の

夕入るところ新月(にひづき)の

山に育ちてをとめごは

牧(まき)のうなゐとなりにけり

 

熊の毛皮を打敷きて

ねぶるは誰ぞ山のうへ

澄みてかがやく星ならで

をとめをまもるものぞなき

 

   ○

 

薔薇の花はかなしみて

冷たき土にこぼれけり

わびしくくらくためいきの

音ぞ幽(かす)かにもれくなる

 

こひのさつ矢のとぶごとく

みそらを鳥のとびきたる

彼方の空にきえゆきて

聲こそのこれほととぎす

 

   ○

 

世のすねものよのろはれて

小田にかくるるすねものよ

月の女神を垣間(かいま)見て

なれも醜くなりぬるか

 

五月雨ふりて空くらく

月の光の見えぬ時

歌よむことはゆるされて

小田にかくるるわび人よ

 

   ○

 

處女マリアのあらはれて

千々の寶を賜ひけり

ことにすぐれてめでたきは

稚兒のおもわの美はしさ

 

二人の姉は雲にのり

ひとりの姉は草に立ち

御空の雨にうるほひて

稚兒守ると見えにけり

 

[やぶちゃん注:明治三六(一九〇三)年六月発行の『文庫』初出。署名は「清白」。

「うなゐ」は既に注したが、「髫」「髫髪」で、元は「項 (うな) 居 (ゐ) 」の意かと推定され、昔、七、八歳の童児の髪を項(うなじ)の辺りで結んで垂らさせた髪型或いは女児の髪を襟首の附近で切り下げておいた「うない髪」のことで、本来は転じて「幼女」を指すが、ここはその上限を遙かに延ばした少女・乙女・処女の謂いで用いている。

「さつ矢」は「獵矢」「幸矢」で「狩猟に用いる矢」の意。「さちや」とも呼ぶ、万葉以来の古語。

 初出形は以下。

   *

 

 新 月

 

たださすところ朝日子の

夕入るところ夕月の

山に育ちてをとめごは

牧(まき)のうなゐとなりにけり

 

熊の毛皮を打敷きて

ねぶるは誰ぞ山のうへ

澄みてかがやく星ならで

をとめをまもるものぞなき

 

   ○

 

薔薇の花はかなしみて

冷たき土にこぼれけり

わびしくくらくため息の

音ぞ幽(かす)かにもれくなる

 

一聲なきてほとゝぎす

彼方の空に飛び去りぬ

戀のさつ矢のとぶごとく

かなたの空にとびさりぬ

 

   ○

 

世のすねものよ咒はれて

小田にかくるるすねものよ

月の女神を垣間みて

なれも醜くなりぬるか

 

五月雨ふりて空くらく

月の光の見えぬ時

歌詠むことはゆるされて

小田にかくるるわび人よ

 

   ○

 

處女マリアのあらはれて

千々の寶を賜ひけり

ことにすぐれてめでたきは

稚兒のおもわの美はしさ

 

二人の姉は雲にのり

ひとりのあねは草にたち

御空の雨にうるほひて

稚兒守ると見えにけり

 

   *]

« 和漢三才圖會卷第三十八 獸類 豺(やまいぬ) (ドール(アカオオカミ)) | トップページ | 戀の使 伊良子清白 (附・初出形「柳の芽」) »