フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« さゞれ石 しづ子(伊良子清白/女性仮託) | トップページ | 髑髏 ツルゲエネフ(生田春月訳) »

2019/05/18

雀 ツルゲエネフ(生田春月訳)

 

    

 

 私は獵から歸つて、庭園の並木道を步いてゐた。犬は前を走つてゐた。

 突然犬は刻み足になつて、獲物を嗅(か)ぎ附けたやうに忍んで步き出した。

 私は並木道を見遣つて、嘴(くちばし)の黃色(きいろ)な頭(あたま)の上に毧毛(わたげ)の生えた一羽の子雀を認めた。巢から落ちたのだ(風はひどく並木の樺の樹をゆすぶつてゐた)そして其處にぢつとすくんだ儘、彼はまだ生え切らない翼を徒らにばたばたさせてゐた。

 犬がそつとそれに近づいて行つた時、突然直ぐ傍らの樹から、喉の黑い親雀が丁度小石のやうに犬のつい鼻先きに飛び下りた。そして全身ぶるぶる顫へながら、あはれな絕望の叫びを舉げて、彼は齒列(はなみ)のきらめく開いた口の方ヘ二三度飛びかゝつた。

 彼は助けようと思つて、身をもつて雛をかばつたのだ……けれども其の小さな全身は恐怖のために戰(をのゝ)き、其の聲は怪しう嗄(しわが)れてゐた。恐ろしさに氣を失ひながらも、彼は身を投げ出したのだ!

 彼の眼には犬はどんなにか大きた怪物(くわいぶつ)に見えたに違ひない。それでも、彼は安全な高い枝に止まつてゐる事は出來なかつた……その意志よりも强い力が彼を飛ぴ下りさせたのだ。

 私のトレソルはぢつと立止つてゐたが後退(あとしざ)りした。……彼もまた此の力を認めたに違ひない。

 私は急いで面食(めんくら)つてゐる犬を呼んで、敬虔の念に打たれて立去つた。

 さうだ、笑つてはならない。私はこの小さな悲壯(ヒロイツク)な鳥に對して、その愛情の衝動に對して、たしかに敬虔の念に打たれた。

 私は思つた、愛は死よりも死の恐怖よりも强い。たゞそれに依つてのみ、愛に依つてのみ、人生は維持され、進步するものであると。

    一八七八年四月

 

、ツルゲエネフの愛と云ふ思想を最もよく現したもの。彼の厭世主義の特質は人生の虛無を說くと共に、愛のみを眞實としたところにある。】

« さゞれ石 しづ子(伊良子清白/女性仮託) | トップページ | 髑髏 ツルゲエネフ(生田春月訳) »