フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 太平百物語卷二 十九 狐人たがへして付し事 | トップページ | 29年目の結婚記念日 »

2019/05/01

柳田國男 山島民譚集 原文・訓読・附オリジナル注「馬蹄石」(17) 「駒形權現」(3)

 

《原文》

 【駒ノ石像】箱根ノ駒形ガ馬ノ神ナリシト云フコトハ、古記ニ據リテ之ヲ推定スルコト能ハズ。唯今日僅カニ地名又ハ神名ノ解釋トシテ、爰ニモ例ノ駒ノ「カタチ」ヲ、彫リタル石アリト傳フルノミ。更ニ此火山ノ南側、伊豆ノ輕井澤ヲ下リニ赴ケバ、路ノ右ナル松ノ中ニ駒方權現ノ社アリ。三尺ニ二尺五寸ノ平石ニ駒ノ形ヲ浮彫ニシ、烏帽子單衣ヲ著シテ乘レル人アリ。土地ノ者ノ說ニハ、昔賴朝公ノ愛馬此處ニテ俄カニ死ス。依リテ駒方ノ神ニ齋フト云ヘリ〔伊豆志四〕。【馬頭觀音】里ニ在ル駒形社ノ多クハ明白ニ馬ノ保護神ナリ。武州中尾ノ駒形社ノ三個ノ白馬像ノ例ノ如ク、駒形神ノ本地佛トシテ馬頭觀音ヲ說ク者多シ。東京淺草ノ駒形堂モ本尊ハ亦馬頭觀音ナリ。今ハ町中ノ堂トナリテ馬バカリニテハ堂守ノ暮シ立タヌ故ニ、外ノ祈願モ無論聽キタマフト雖、其御禮參ニハ後々マデモ小サキ馬ノ形ヲ作リテ之ヲ奉納ス。馬頭觀音ハ日本ノ田舍ヲ見タル人々ノ何レモ由來ヲ知ランコトヲ欲スル一ノ奇現象ナリ。誤レリヤ否ヤハ知ラザルモ自分ハ之ヲ斯ク解釋ス。今日道傍ニ立ツ馬頭觀音ハ簡略ニ文字ヲ刻ミタル石碑多ケレドモ、以前ハ專ラ馬ノ頭ヲシタル石像又ハ木ノ柱ナリシヲ、道祖神(サヘノカミ)ヲ地藏ニシテ了ヒシト同一ノ筆法ニテ、佛敎ノ方ノ人々ガ辛苦シテ珍シキ經典ノ中ヨリ馬頭觀音ノ名ヲ見出シ、早速其名ヲ採用セシモノナルべシ。天竺ノ觀音ノ像ニ馬ノ頭ヲ冠ニシタルモノアルハ、佛道ヲ宣傳スルコト恰モ馬ガ野ノ草ヲ食ヒ行クガ如シト云フ象徵ナリト聞ケド〔島地大等師說〕、日本ノ馬頭觀音ニハサル思想モ無ケレバ、此ノ如キ大流行ヲ促スベキ動機ニ乏シ。【供養ト祈禱】今日ノ路傍ノ馬頭觀音ハ大抵馬ガ其場處ニ斃レシヲ供養スル爲ニ立テタリト云フモ、而モ其石ノ前ニ線香ヲ焚キ花ヲ供フルコト絕エザルハ、今後往來ノ馬ニ同ジ災ノ無キコトヲ祈ルナリト云ヘリ。全ク以テ佛法ノ薄キ被衣(カツギ)ヲ著タル昔ノ馬ノ神ノ面影ナラズヤ。此故ニ自分ハ馬頭觀音ノ元ノ名ハ馬頭神ナラント思ヘリ。【馬ノ首】甲州ナドノ馬頭觀音ノ石像ハ、今モ馬ノ首ヲ頭上ニ戴キテハアレド、頭ヨリ下ハ眞ノ觀音ニ成切ツテ、馬ノ首ハ追々ト小サク、殆ド丁髷ホドニ退化シタル者多シト云ヘリ〔甲斐落葉〕。自分ハ又相州ノ西秦野村及ビ上奏野村ニテ、近年ノ建設ニ係ル鮮明ナル馬頭神ノ石體ヲ見タリ。馬ノ首ヲ戴ケル人物ハ何レノ點ニモ觀音ラシキ樣態ナク、寧ロ常陸ナドノ子安神(コヤスガミ)トヨク似テ女體ナルカト思ヘリ。【靑面金剛】東京ノ西郊下練馬ト上板橋トノ境上ニハ、靑面金剛神ノ石像、足下ニ「アマノジヤク」ヲ蹈ミ鷄ヲ隨ヘツヽ、而モ頭ニ馬ノ首ヲ戴ケル者アリ。寬政年間ノ建設ナリキ。

 

《訓読》

 【駒の石像】箱根の駒形が馬の神なりしと云ふことは、古記に據(よ)りて之れを推定すること、能はず。唯、今日、僅かに地名又は神名の解釋として、爰にも例の駒の「かたち」を、彫りたる石ありと傳ふるのみ。更に、此の火山の南側、伊豆の輕井澤を下(くだ)りに赴けば、路の右なる松の中に、駒方權現の社あり。三尺に二尺五寸の平石に駒の形を浮彫りにし、烏帽子(ゑぼし)・單衣(ひとへ)を著(ちやく)して乘れる人あり。土地の者の說には、昔、賴朝公の愛馬、此の處にて俄かに死す。依りて駒方の神に齋(いは)ふと云へり〔「伊豆志」四〕。【馬頭觀音】里に在る駒形社の多くは、明白に馬の保護神なり。武州中尾の駒形社の三個の白馬像の例のごとく、駒形神の本地佛として馬頭觀音を說く者、多し。東京淺草の駒形堂も本尊は亦、馬頭觀音なり。今は町中の堂となりて、馬ばかりにては堂守の暮し立たぬ故に、外の祈願も、無論、聽きたまふと雖も、其の御禮參りには、後々までも小さき馬の形を作りて之れを奉納す。馬頭觀音は日本の田舍を見たる人々の何れも、由來を知らんことを欲する一つの奇現象なり。誤れりや否やは知らざるも、自分は之れを、斯く解釋す。今日、道傍に立つ馬頭觀音は簡略に文字を刻みたる石碑多けれども、以前は專ら馬の頭をしたる石像又は木の柱なりしを、道祖神(さへのかみ)を地藏にして了(しま)ひしと同一の筆法にて、佛敎の方の人々が、辛苦して、珍しき經典の中より馬頭觀音の名を見出し、早速、其の名を採用せしものなるべし。天竺(てんぢく)の觀音の像に馬の頭を冠にしたるものあるは、佛道を宣傳すること、恰も、馬が野の草を食ひ行くがごとし、と云ふ象徵なりと聞けど〔島地大等(しまぢだいとう)師說〕、日本の馬頭觀音には、さる思想も無ければ、此くのごとき大流行を促すべき動機に乏し。【供養と祈禱】今日の路傍の馬頭觀音は、大抵、馬が其の場處に斃れしを供養する爲めに立てたりと云ふも、而も、其の石の前に線香を焚き、花を供ふること絕えざるは、今後、往來の馬に同じ災ひの無きことを祈るなり、と云へり。全く以つて、佛法の薄き被衣(かつぎ)を著(き)たる、昔の馬の神の面影ならずや。此の故に、自分は、馬頭觀音の元の名は「馬頭神(ばとうしん)」ならんと思へり。【馬の首】甲州などの馬頭觀音の石像は、今も馬の首を頭上に戴きてはあれど、頭より下は眞の觀音に成り切つて、馬の首は追々と小さく、殆んど、丁髷(ちよんまげ)ほどに退化したる者、多し、と云へり〔「甲斐落葉」〕。自分は又、相州の西秦野(にしはだの)村及び上奏野村にて、近年の建設に係る鮮明なる馬頭神の石體を見たり。馬の首を戴ける人物は、何れの點にも、觀音らしき樣態なく、寧ろ、常陸などの子安神(こやすがみ)とよく似て、女體なるかと思へり。【靑面金剛】東京の西郊下練馬と上板橋との境上には、靑面金剛神(しやうめんこんがうしん)の石像、足下に「あまのじやく」を蹈み、鷄を隨へつゝ、而も、頭に馬の首を戴ける者あり。寬政年間[やぶちゃん注:一七八九年~一八〇一年。]の建設なりき。

[やぶちゃん注:「此の火山の南側、伊豆の輕井澤を下(くだ)りに赴けば、路の右なる松の中に、駒方權現の社あり」現在の静岡県田方郡函南町軽井沢にある駒形堂(グーグル・マップ・データ。同画像に函南町教育委員会の「函南町指定民俗資料 駒形像(軽井沢)」の解説板があり、そこには『本像は、高さ』九十一『センチメートル、幅』七十六『センチメートルの板状の石に烏帽子単衣の人物を乗せた馬(駒)が』浮『り彫りされている』。『製作年代は、不明であるが、町内の石造物のなかで稚拙ではあるが』、『素朴な印象を示し、源頼朝や平将門にまつわる伝説も多い民俗史料である』とある(「三尺に二尺五寸の平石」は九十・〇九×七十五・七五センチメートルで一致する)。「函南町」公式サイト内の「有形民俗文化財(町指定)」に同碑の画像があり、『一説には、頼朝がこの地で得た名馬「池月」に乗った姿を刻んだものと伝えられています。本像を納める駒形堂は、泉龍寺(せんりゅうじ)の隣接地にありますが、もとは弦巻山の中腹にあったといわれています』とあった。この弦巻山は諸資料を綜合すると、恐らくは軽井沢中心地区の東南東の五百二十一メートルのピーク(国土地理院図)ではないかと思われる(現在の駒形堂の南東七百メートル位置)。また、この駒形堂については、高橋春雄氏のサイト「謡蹟めぐり 謡曲初心者の方のためのガイド」の「謡蹟めぐり  七騎落7 その他2」に、『伊豆の函南町には駒形堂という小祠があり、頼朝の乗馬磨墨(摺墨)が嘶いたところ、名馬生月(池月)がこれに和してきたという伝説が伝えられ、頼朝がその名馬に乗った姿を刻んだ像が安置されている。堂内にその縁起を書いた』「伊豆旧跡 駒形堂縁起」なる『ものがあったので、判読を試みた』として以下のようにある。

   《引用開始》

駒形堂は今を去る九百年前、承平二壬辰、親王将門、関東下向の時絃巻山にて乗馬悩みたれば、将門観音に祈願したまうに、忽ち霊感ありて平癒したるを以て、報恩謝治のため弘法大師御作の守本尊を安置し給へり。これ泉龍禅寺内陣の本尊なり。其の後建久四癸丑、源頼朝公、富士の巻狩りの際彼の観音に参拝しけるに、愛馬の摺墨頻りに嘶き遥か向ふの池の山にまた馬の声あり。彼の山を狩らせたまうに、大成池のほとりに不思議にもその丈け七尺に余る馬一頭たたずみし故、池好と名づく。この名馬を得たるを以て絃巻山の懐に駒形堂を建立し、将門安置の馬頭観音を本尊となす。これ駒形堂起こる由来なり。かくて堂の側に秩父の守重忠矢の根を以て、頼朝公その名馬にうち乗りたる英姿を大石に刻し、駒形権現としたまう。なおかつ弓絃巻きて天下太平を祈り奉る。

弘化四年に大破したれば、名主五右衛門等発起して再建す。明治維新の折これをこぼちたり。大正六年三月この霊地を保存せんため区民協力して一小宇を建立す。

    大正六年三月吉祥日誌之

         伊豆国田方郡函南村軽井沢    駒形堂

   《引用終了》

いやいや! この高橋氏の記事で、この注は完璧だ!!

「武州中尾の駒形社」既出既注

「東京淺草の駒形堂」東京都台東区雷門の隅田川畔、駒形橋西詰にある浅草寺持分の、浅草駒形堂(グーグル・マップ・データ)。私の大好きな「駒形どぜう本店」のすぐそば。「浅草寺」公式サイト内の解説によれば、ここは浅草寺発祥の地とされ、推古天皇三六(六二八)年に『浅草寺ご本尊の聖観世音菩薩が宮戸川(隅田川)にご示現されたおり、この地に上陸されて草堂に祀られたという。すなわち、浅草寺発祥の霊地に建つお堂である。駒形堂の名の由来については諸説あるが、浅草寺の一山寺院住職の故網野宥俊僧正は、「駒形堂の地が観世音菩薩上陸の地であることから、隅田川に棲む魚類に対する愛護の必要を感じ、生物の守護仏である馬頭観音を祀り、人びとが心願成就の御礼として馬形の作り物を奉納したことが名の由来ではないか」と推考している』。『駒形堂は』、天慶五(九四二)年に『平公雅によって建立されたと伝えられる。江戸時代は駒形堂のすぐ前に船着き場があり、ここから上陸した人びとは』、『まず』、『駒形堂のご本尊を拝んでから』、『浅草寺に参拝した。堂宇の正面ははじめ』、『川側に向いていたが、時代とともに現在のように川を背にするようになった』(現在の堂宇は二〇〇三年に再建されたものとある)。本尊は馬頭観世音菩薩(木彫立像二十八・八センチメートル。

「島地大等(しまぢだいとう)」(明治八(一八七五)年~昭和二(一九二七)年)新潟県出身の浄土真宗僧で仏教学者。西本願寺大学林に学び、明治三五(一九〇二)年、大谷光瑞のインド仏跡調査に参加したのち、東京帝大などで仏教学・仏教史を教えた。著作に「真宗聖典」「天台教学史」など。

「馬頭神(ばとうしん)」鹿児島県鹿児島市谷山中央にある「三宅美術館」公式ブログ内の「辻之堂の馬頭神」に、同美術館の敷地内にあり、もともとこの地にあった「馬頭神」の石碑(昭和二(一九二七)年建立)の写真があり、そこに『馬頭神の石碑は家畜の健康と安全を願い、また弔うために建てられ』たものとある。同美術館の位置はここ(同ブログの「アクセス」)で、『この辺り(永田橋のたもと)は伊作街道の宿場だったそうで』、『永田川の川岸で馬を』洗い、『永田橋から現JR谷山駅方面の川沿いには蹄鉄を打つ鍛冶屋や茶屋、車屋(馬車)が並んでいた』という。『乗り継ぐための馬が沢山飼われていて、今も当時の小屋が残ってい』るとある。

「相州の西秦野(にしはだの)村及び上奏野村」「西秦野村」は旧神奈川県大住郡で、「上奏野村」は旧神奈川県足柄上郡。現在の神奈川県秦野市の南西地区(この附近。グーグル・マップ・データ)と思われる。

「常陸などの子安神(こやすがみ)」二つほどであるが、グーグル画像検索「茨城 子安神」子を抱いた女神を彫った石像が見られる。

「靑面金剛」「せいめんこんごう」(現代仮名遣)とも読み、鬼病を流行させる鬼神とされ、身体は本来は青色とされ、四臂・二臂・六臂に造り、目は赤く三眼、頭髪は炎のように逆立ち、身には蛇を纏い、足下には二匹の鬼(柳田の言う「あまのじやく」も「天邪鬼」で鬼。後注参照)を踏みつけた忿怒相をとる。本邦では、特異的に中国の道教の説と結びついて、「青面金剛の法」は「伝尸(でんし)病」を除く法とされる。この「伝尸」を体内の「三尸虫(さんしちゅう)」と同義とするところから、庚申信仰と結びつき、庚申の本尊として祀られるが、庚申には帝釈天を本尊とすることもあり、三猿神も本尊とされる。「伝尸病鬼」ともいう。明治の廃仏毀釈で種々の石製神像が一緒くたに集められたが、今や、そのお蔭で存命しているものも多い。しかし私は、国家神道の宗教政策と文明開化による、ゴミ集積場の如くになった惨状を見るにつけ、何か、非常に淋しい気もするのである。

「下練馬と上板橋との境上」現存した! この中央の交差点(グーグル・マップ・データ。ストリートビューでも像が確認出来る)! 個人ブログ・サイト「信長の野望」の「青面金剛像庚申塔(板橋区上板橋2-18)」を見られたい。画像を見ると、頭部に馬の首らしきものを戴ているように確かに見える!! 必見!!! その解説によれば、現在も『練馬区と板橋区の区境』とあって(上記地図の同地点の西側は練馬区)、『旧川越街道との交差点』に当たり、もとは『五叉路だった』らしい(現行の上記地図でもそれが判る)。『だいぶ風化が激しくて彫りが浅くなっている感じで分かりにくいところもある青面金剛像庚申塔です』。『よくみると』、『一面八臂のもので、合掌している以外には、法輪、戟、弓、矢、棒状のものを持っています。左の一番下の手には何を持っているのかが分かりませんでした。持っていないように見えます』。『下部には真ん中に顔のある邪鬼を踏みつけ、その下のは三猿がいます。真ん中の言わざるの手がうっすら見えるので分かる程度です』画像はこれ。左右の猿は中央の猿方向をそれぞれ向いているものと思われ、手の配置から向かって左が「見猿」、右側が「聴か猿」と思われる)。また、『向かって右側の側面には「奉□□青面金剛像」という文字が見えます。ちょっと風化があって文字がしっかり読み取れません』とされる画像はこれ。読めないのは碑の当該部の左側(前面方向)が有意に欠損しているためで、私が見る限りでは欠損は三文字で、二字目は「彫」のようにも見えるが、(さんづくり)が確認出来ない。恐らく四文字目は「大」であろう。「大青面金剛」と書く例は他にある)。また、『向かって左側は壁があってよく見えないので、とりあえず写真だけ撮ってみました』(画像はこれ)。『そこには「元文四」の文字が見えます』から、元文四(一七三九)年で『江戸時代中期のものであることが分かります。奥には「豊嶋郡」の文字も見えます。ここは下練馬宿の江戸側の入口にあたる場所のようで、この宿場町のものであると想像されます。なぜか板橋区にも練馬区にも公式Webに記載がないので不明なことが多いですが、もっと分かると面白いかも知れません』と擱筆しておられる。画像を見るに手前は「元文四未年」(同年の干支は己未(つちのとひつじ))とあるように見え、向うの下方に確かに「豊嶌郡上板」とあるようである(下部に損壊が見られる)。なお、ブログ主が『左の一番下の手には何を持っているのかが分か』らず、何も『持っていないように見え』るとあるが、明らかに手は何かを握る形なっている。これは或いは、比較的珍しいケースであるが(実際にある)、ショケラと呼ばれる半裸の女人を紐でぶら下げているのではなかろうか? よく見ると、石柱正面のこの部分は、向かって左上から右下に、一回割れて、それを繋いだ痕があり、一番下の左手の下がもやもやっとしているのである。改めて「信長の野望」のサイト主に心より御礼申し上げるものである。

「あまのじやく」ウィキの「天邪鬼」より引く。『悪鬼神もしくは小鬼、また日本の妖怪の一種とされる。「河伯」、「海若」とも書く』。『仏教では人間の煩悩を表す象徴として、四天王や執金剛神に踏みつけられている悪鬼、また四天王の一である毘沙門天像の鎧の腹部にある鬼面とも称されるが、これは鬼面の鬼が中国の河伯(かはく)という水鬼に由来するものであり、同じく中国の水鬼である海若(かいじゃく)が「あまのじゃく」と訓読されるので、日本古来の天邪鬼と習合され、足下の鬼類をも指して言うようになった』。『日本古来の天邪鬼は、記紀にある天稚彦』(あめのわかひこ)』『や女神天探女』(あめのさぐめ)『に由来する。天稚彦は葦原中国を平定するために天照大神によって遣わされたが、務めを忘れて大国主神の娘を妻として』、八『年も経って戻らなかった。そこで次に雉名鳴女を使者として天稚彦の下へ遣わすが、天稚彦は仕えていた天探女から告げられて雉名鳴女を矢で射殺する。しかし、その矢が天から射返され、天稚彦自身も死んでしまう』。『天探女はその名が表すように、天の動きや未来、人の心などを探ることができるシャーマン的な存在とされており、この説話が後に、人の心を読み取って反対に悪戯をしかける小鬼へと変化していった。本来、天探女は悪者ではなかったが天稚彦に告げ口をしたということから、天の邪魔をする鬼、つまり天邪鬼となったと言われる。また、「天稚彦」は「天若彦」や「天若日子」とも書かれるため、仏教また中国由来の「海若」と習合されるようになったものと考えられている』。寺島良安の江戸時代の百科事典「和漢三才図会」で「先代旧事本紀大成経(せんだいくじほんきたいせいきょう)」から引用して、素戔嗚命が『吐き出した体内の猛気が天逆毎』(あまのざこ)『という女神になったとあり、これが天邪鬼や天狗の祖先とされている』とある。最後のそれは詳しくは、私の「和漢三才圖會卷第四十四 山禽類 治鳥(ぢちやう)(実は妖鳥「冶鳥(やちょう)」だ!)」を読まれたい(事前に言っておくとかなり長いのでご覚悟あれ)。]

« 太平百物語卷二 十九 狐人たがへして付し事 | トップページ | 29年目の結婚記念日 »