フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 太平百物語卷三 廿七 紀伊の國かくれ家の事 | トップページ | 乞食 ツルゲエネフ(生田春月訳) »

2019/05/11

我が競爭者 ツルゲエネフ(生田春月訳)

 

    我が競爭者

 

 私は一人の競爭者や持つてゐた。事業や、官職(つとめ)や、戀愛上の競爭者ではなかつたが、たゞ二人の意見はどんな問題にも一致しないので、二人が出會ヘぱ果てしもない議論が起つた。

 二人は事每に爭つた。藝術や、宗教や、科學に就いて、地上や墓の彼方(かなた)の生活に就いて、とりわけ墓の彼方の生活に就いて。

 彼は正敎信者で、且つ狂熱家であつた。或る時彼は私にかう言つた、『君は何でも嗤わら)

ふが、若し僕が君より前(さき)に死んだら、きつと他界(あのよ)から君のところへ來る……その時君がなほ嗤(わら)ふかどうか見たいものだ』

 そして事實彼は私よりも前(さき)にまだ若くて死んだ。けれども歲月(としつき)は移(うつ)つて、私は彼の約束、彼の脅喝(けふかつ)を忘れてしまつた。

 或る夜、私は床に就いたが眠れなかつた。と云ふより眠る氣がしなかつたのだ。

 部屋の中は暗くも明るくもなかつた。私はいつか灰色の薄明(うすあか)りをぢつと見入つてゐた。

 すると不意に二つの窓の間に私の競爭者が立つてゐて、靜かに悲しげに、頭を上下に振つてゐるやうに思はれた。

 私は恐れなかつた、驚きもしなかつた……けれども少し起き上つて、肘(ひぢ)を突いて、その思ひがけない幻影を一層鋭く打見やつた。

 その幻影はやはりうなづいてゐる。

『さあ?』と私はとうとう言つた、『君は勝ち誇つてゐるのか、悔い憾(うら)んでゐるのか? どうだね――警(いまし)めるのか責めるのか?……或はまた自分が間違つてゐたとか、二人共間違つてゐたとか知らせに來たのか? 君はどんなことを經驗したのか? 地獄の責苦か? 天國の愉樂か? せめて一言(こと)でも話したまヘ!』

 けれども私の競爭者はたゞの一言も言はないで、相變らず悲しげに穩(おだや)かに頭を上下に振つてゐるばかりだ。

 私は笑つた……彼は消えてしまつた。

    一八七八年二月

 

正教、露西亞の國教、希臘より傳はつた基督教である。ツルゲエネフは獨逸哲學に心醉した懷疑主義者だつたから、死後の生活について信じ得なかつたのである。この篇は「祈禱」などと比較して考へれば一層よくわかる。――競爭者と云ふのはネクラソフではないかと思はれる。ネクラソフはロシアで最も廣く讀まれた傾向詩人で、彼は詩を實利主義の奴隷となし、「乾酪は一片のプウシキンの全集より尊し」と叫んだ。だから藝術の自由を說くツルゲエネフとは合はなかつたのである。ネクラソフの代表作は長篇詩「露西亞にて幸福に生くる者は誰ぞ」「露西亞の婦人」等で、西歐にもよく知られてゐる。】

[やぶちゃん注:「祈禱」本書の終りから二番目のずっと先の作品なので、若い人のために『トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) 祈り』をリンクさせておく。

「ネクラソフ」ロシアの詩人で雑誌編集者であったニコライ・アレクセーヴィチ・ネクラーソフ(Николай Алексеевич Некрасов/。ラテン文字転写:Nikolai Alekseevich Nekrasov 一八二一年~一八七八年)。一八四七年、故プーシキン(後注)が創刊した雑誌『同時代人』の発行者の一人となり、革命的民主主義の機関誌として、その地位を確立させたが、一八六六年に同誌が発行禁止処分にされたため、一八六八年に『祖国の記録』誌の発行権を買収、死ぬまでその編集と発行に当たり、進歩思想運動の合法的機関とした(ここまではウィキの「ニコライ・ネクラーソフ」に拠った)。ツルゲーネフ(一八一八年~一八八三年:六十四歳で没)より三つ歳下であるが、五十六で亡くなった。本「散文詩」(“Стихотворение в прозе”:ラテン文字転写“Stikhotvoryeniye v proeye”)は一八八二年十二月に雑誌“Вестник Европы”(Vestnik Evropy:『ヨーロッパ報知』)に“SENILIA”という標題で発表したものが原型(その後の経緯や改題等の詳細については、私の「ツルゲーネフ 散文詩 中山省三郎譯 (全83篇)」の冒頭注を参照されたい)。

「乾酪」チーズ(cheese)。

「プウシキン」ロシアの詩人・作家でロシア近代文学の嚆矢とされるアレクサンドル・セルゲーヴィチ・プーシキン(Александр Сергеевич Пушкин/ラテン文字転写:Alexander Sergeyevich Pushkin  一七九九年~一八三七年)。妻絡みの決闘による傷で亡くなった。その経緯はウィキの「アレクサンドル・プーシキン」を参照されたい。]

« 太平百物語卷三 廿七 紀伊の國かくれ家の事 | トップページ | 乞食 ツルゲエネフ(生田春月訳) »