フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« やま彥 伊良子暉造(伊良子清白) | トップページ | 藁屋 伊良子暉造(伊良子清白) »

2019/05/10

明月 伊良子暉造(伊良子清白)

 

明 月

 

内日刺(うちびさす)、花の都(みやこ)のたか殿(どの)に、うま酒(さけ)のみて、絲(いと)聞(きゝ)て、秋(あき)の長夜(よなが)をよもすがら、浮(うか)るゝ人も、日(ひ)のもとの御國(みくに)のみ民。眞萩散(まはぎちる)、花野(はなの)の露(つゆ)にぬれぬれて、筒(つゝ)とり持(もち)て、太刀(たち)帶(はき)て、秋(あき)の長夜(ながよ)をよもすがら、守(まも)れる人も、日のもとの御國(みくに)のみたみ。

かくばかり、へだてある世(よ)をへだてなく、うかるゝ人も、守(まも)れるも、ひとつに照(て)らす、秋(あき)の夜(よ)の月の心(こゝろ)やいかならむ。

 

[やぶちゃん注:明治二七(一八九四)年十二月六日発行の『國民新聞』掲載。署名は本名の伊良子暉造。日清戦争中であることを考えれば、まず、外地で守備兵として徹宵歩哨する日本兵へを想起した慰問詩であろうが、一種の歴史詠の現代風今様として読んでも別段悪くはない。こうした散文形式は伊良子清白の詩篇では異色。「筒」は小銃。当時の陸軍の主力はボルト・アクションの村田単発銃。なお、本篇が底本の「未収録詩篇」の明治二十七年(伊良子清白満十七歳)のパートの最後である。]

« やま彥 伊良子暉造(伊良子清白) | トップページ | 藁屋 伊良子暉造(伊良子清白) »