フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« さいたづま すゞしろのや(伊良子清白) | トップページ | 基督 ツルゲエネフ(生田春月訳) »

2019/05/31

友と敵と ツルゲエネフ(生田春月訳)

 

    友 と 敵 と

 

 或る修身禁錮に處せられた囚人が一獄を破つて一散に逃走した……彼の後には踵を接して監守どもが追跡してゐた。

 彼は一生懸命に走つた……追跡者(おつて)は漸くおくれはじめた。

 然るに、突然彼の行く手に斷崖絕壁をなした一條の河が現れた、幅は狹いが深い河である……しかも彼は泳ぐことが出來ない!

 一枚の朽(く)ちかかつた薄い板が岸から岸へかかつてゐた。逃走者はすでにその上に片足をかけた……然るに、たまたまその兩岸に彼の親友と怨敵とが立つてゐた。

 仇敵は何も言はないで、ただ腕を拱(こまね)いてゐた。けれども親友は聲の限り叫んだ、『危い! 何をするんだ? 君は氣が違つたか? 氣を附けろ! 板のまるつきり腐つてるのがわからないか? 乘つたが最後身體の重みで析れて、君は死んぢまふぞ!』

『だつて外に助かる道が無いぢやないか、そら追跡者(おつて)はもう迫つてゐる!』

と不幸な男は絕的の呻聲を(うめき)舉げて、板を踏んだ。

『斷じていけない!……君の破滅するのが見てゐられるものか!』と熱心に親友は叫んで、逃走者の足もとから板を奪取(ひつたく)つた。逃走者は忽ち逆卷く激流に墜落して溺れてしまつた。

 仇敵は滿足の笑ひを浮べて行つてしまつた。けれども親友は岸に身を投げかけて、彼のあはれな……あはれな友人を悲しんで激しく泣きはじめた。

 しかしながら、彼はその友を死に至らしめたのについて、自分を責める念などは起らなかつた……ただの一瞬間といへども。

『私の言ふことを聞かなかつたからだ! 聞かなかつたからの事だ!』と彼はがつかりして呟いた。

『もつとも』と彼は最後に附け加へた、『どうせ一生恐ろしい牢獄(ろうや)で苦しまなきやならなかつたんだ! まあその苦みだけは免れたと云ふものだ! 今は樂になつたんだ! かうなるのもあの男の因果だつたんだらう! とは言ふものの、人情だもの、いかにもかあいさうだ!』

 そして此の親切者は、身を誤つた友の運命を思つて、熱い遣瀨(やるせ)ない淚を流すのをやめなかつた。

    一八七八年十二月

 

[やぶちゃん注:「絕的」「苦み」はママ。後者は「くるしみ」と読めるからよいが、前者は恐らく「絕望的」の脱字であろう。中山省三郎氏の訳でも『哀れな男は絕望的な呻きごゑをあげて、板を蹈んだ。』であり、神西清氏の訳でも『哀れな男は絶望の呻きをあげて、板を渡りはじめた。』である。]

« さいたづま すゞしろのや(伊良子清白) | トップページ | 基督 ツルゲエネフ(生田春月訳) »