フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 和漢三才図会巻第三十九 鼠類 鼨(とらふねずみ) (ハツカネズミの変種か品種か?) | トップページ | 車に乘りて 伊良子清白 (ハイネ訳詩/附・生田春月訳) »

2019/05/08

綠の牧場 伊良子清白 (ハイネ訳詩/附・生田春月訳)

 

綠の牧場

 

綠のまきば森のうへ

夏の夕べぞたそがるる

黃金(こがね)の月は大空(おほぞら)に

薰り放ちててらすなり

 

なくや蟋蟀(こほろぎ)水近く

水のおもてぞゆらぐなる

水打つ音とその呼吸と

靜けき夜を破りつつ

 

小川の岸にただ一人

はしき少女ぞ浴みする

腕(ただむき)頸(うなじ)白々と

月の光に輝きて

 

[やぶちゃん注:明治三六(一九〇三)年十一月発行の『文庫』初出(署名「清白」)であるが、総標題「夕づゝ(四)(Heine より)」の下に、本「綠の牧場」・「車に乘りて」・「われの言葉を」・「心を痛み」・「春」の五篇からなる。本篇はPDサイト「PD図書室」のこちらの昭和一〇(一九三五)年二十四版新潮文庫刊生田春月(明治二五(一八九二)年~昭和五(一九三〇)年)譯「ハイネ詩集」の訳によるなら、一八二六年初版一八三〇年再版の詩集“Reisebilder”(「帰郷」)の第九十七歌であるが、ドイツ語が解らない私の力では原詩は捜し得なかった。

 生田春月の訳を同上ページの「帰郷」パートから示す(但し、漢字の一部を正字化した。)。

   *

 

  九十七

 

夏の夕は落ちて來た

森と綠の牧場の上に

靑い空からは黃金の月が

匂はしい光を投げてゐる

 

河のほとりには蟋蟀(こほろぎ)が鳴き

水はさらさら音立てる

旅人はそのせゝらぎに聞き惚れてゐる

靜かななかに一つの呼吸(いき)の音

 

その河邊にはただひとり

美しい妖精(エルフ)が水に浸つてゐる

白いかはいゝ腕(かひな)と頸(くび)を

月の光にてらさせて

 

   *]

« 和漢三才図会巻第三十九 鼠類 鼨(とらふねずみ) (ハツカネズミの変種か品種か?) | トップページ | 車に乘りて 伊良子清白 (ハイネ訳詩/附・生田春月訳) »