フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« さいはひ 伊良子清白 | トップページ | 柳田國男 山島民譚集 原文・訓読・附オリジナル注「馬蹄石」(18) 「駒形權現」(4) »

2019/05/03

太平百物語卷二 二十 本行院(ほんぎやうゐん)の猫女にばけし事

Hongyouinnnoneko



   ○二十 本行院(ほんぎやうゐん)の猫女にばけし事

 洛中に本行院とて日蓮宗あり。

 或日、旦那川口甚平(かはくちぢんへい)といふ者、廟參(びやうさん)しけるが、常々、上人としたしかりければ、方丈に通りけるに、折節、上人は他行(たぎやう)にて弟子も見へねば、そこら見廻しけるに、六十斗(ばかり)なる老女、出(いで)て、

「しばらく御待ち候へ。上人、もはや、歸り玉ひなん。」

といふほどに、

「さらば。」

とて、次の間に通りて、しばらく休息しゐけるに、唐紙(からかみ)の一重(ひとへ)あなたに、人のおほく立吟(たちさまよ)ふ体(てい)の聞へしまゝ[やぶちゃん注:ママ。]、甚平、そと、のぞきみれば、若き女、三人、打まじり居(ゐ)たり。

 甚平、大きにあきれておもふやう、

『上人は、日比(ひごろ)、佛(ぶつ)ぼさつのやうに沙汰し、われもふかく尊(たうと)みおもひしに、案に違(たが)ひし事哉(かな)。今は、かゝる人に逢(あひ)ても、詮なし。』

とおもひ、立ち歸らんと思ふ所に、上人、歸寺(きじ)ありて、甚平を見給ひ、

「是れは、能う[やぶちゃん注:「よう」。]問(とは)せ給ふ。まづ、是へ御入候へ。」

とて、甚平をいざなひ、彼の女共(ども)が遊び居ける所の唐紙、おしあけ、

「いざ、此方(こなた)へ。」

との給ふに、甚平、あやしみながら、座に付けば、爐(ろ)[やぶちゃん注:火鉢。]のほとりに、猫三疋、うづくまり居(ゐ)しが、上人を見て、裾(すそ)にもつれ、よろこびぬ。

 上人、可愛がりて、小僧をまねきて、物、くはせらる。

 甚平、此体(てい)をつくづく見て、

『扨は。此猫共が女に化(ばけ)たるならん。』

と、おそろしく思ひければ、上人の耳に口をよせ、有(あり)し次第をかたるに、上人も始(はじめ)て驚きたまひ、やがて、三疋の猫を傍(そば)近く呼寄(よびよせ)、仰(おほせ)けるは、

「汝等、今日(こんにち)、姿を女人(によにん)に化(ばけ)し事を知る。此ゆへに[やぶちゃん注:ママ。]、只今、いとまをとらする也(なり)。はやはや、寺を立去(たちさる)べし。」

と、にがにがしく宣へば、此猫ども、甚平が告(つげ)し事を悟り、ふかく恨(うら)むる氣色(けしき)にて、甚平をにらみ付、いづちともなく、失せにける。

 甚平は、夫(それ)より、彼(かの)猫どもが俤(おもかげ)、身にそひて、何となくいと苦しかりけるが、それよりして、ぶらぶらと煩ひ出だし、心力(しんりよく)甚(はなはだ)つかれて、終に、程なく、死(しし)けり。

「これ、偏(ひとへ)に此猫が執心なりける。」

とて、皆(みな)人、おそれ合(あひ)けるとかや。

[やぶちゃん注:「本行院」現在の京都府京都市左京区新高倉通孫橋上る法皇寺町に現存(グーグル・マップ・データ)する。同院は同所の日蓮本宗(現在)の本山多宝富士山要法寺(ようぼうじ)の境内内寺院。要法寺の開基は日尊。彼は延慶元(一三〇八)年に諸国を遍歴し、京都山城で法華堂を建てたのを創始とし、天文一九(一五五〇)年に日辰が上行院と住本寺を統合して要法寺が建立された。日蓮本宗では、宗祖日蓮・二祖日興・三祖日目とし、日尊が第四代とする。市街地の中に一万三千五百平方メートルもの境内を所有し、歴史ある建築が並ぶ、とウィキの「要法寺」にあった。]

« さいはひ 伊良子清白 | トップページ | 柳田國男 山島民譚集 原文・訓読・附オリジナル注「馬蹄石」(18) 「駒形權現」(4) »