フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 空色の國 ツルゲエネフ(生田春月訳) | トップページ | 老人 ツルゲエネフ(生田春月訳) »

2019/05/28

二富豪 ツルゲエネフ(生田春月訳)

 

    二 富 豪

 

 冨豪口スチヤイルドがその莫大な收入の中から子供の教育、病人の治療、老人の扶助に、巨萬の金を寄附すると言つて人の賞めるのを聞く度に、私は讃嘆し感動する。

 然しそれを讃嘆し、それに感動する時ですら、私は孤兒(みなしご)になつた姪をそのみすぼらしい小舍(こや)に引取つた貧しい百姓一家を思ひ出さずにはゐられない。

『もしカチカを家(うち)へ引取るとすると』と女房は言つた。『一文無しになつちまつて、汁に入れる盬だつて買へなくなりますよ』

『いゝやな……盬が無くつたつて食へるさ』と亭主の百姓が答へた。

 ロスチヤイルドは此の百姓を相距ること遠いと云はねばならぬ!

    一八七八年七月

 

[やぶちゃん注:「富豪口スチヤイルド」「Rothschild」はユダヤ系金融業者の一族で、イギリス最大の富豪。始祖マイヤー・アムシェル・ロートシルト(ロスチャイルドのドイツ語読み)Meyer Amschel Rothschild(一七四四年~一八一二年)が、フランクフルトで金融業によって財産の基礎を形成し、その子の代でイギリス・フランス・イタリア・ドイツ・オーストリア等、ヨーロッパ各国に「ロスチャイルド財団」を形成した(イギリスでは孫の代に貴族に列している)。フランスではマイヤーの息子ジェームスが鉄道事業に着目して、パリ―ブリュッセル間の北東鉄道を中心に事業を拡大し、本詩が書かれた数年前(一八七〇年)には、「ロスチャイルド銀行」による財政難のバチカンへの資金援助が行われる等、着実に欧州に於ける金融支配を固めた。ロシアへは日露戦争前後に於ける石油開発の投資でも知られ、一族はヨーロッパ各地での金融業の他、現在も石油・鉱業・マスコミ・軍産共同体・製薬等の企業を多く傘下に置きつつ、主にロンドンとパリに本拠地を置いて、世界経済に対し、隠然たる権力を有しているとされる。ちなみに私の好きなボルドーの「シャトー・ムルトン・ロートシルト」(Château mouton rothschild)はマイヤーの息子ネイサン・ロスチャイルドの三男ナサニエルが一八五三年に購入し(「ローシルト」が「ロスチャイルド」のドイツ語読みとは私は不覚にも知らなかったのであった)、更に、やはり私のお気に入りのカリフォルニア・ワイン「オーパス・ワン」(Opus One)もナサニエルの曾孫のものと知るに及んで、何とも複雑な気持ちになっている。

「相距る」「あひへだたる」。]

« 空色の國 ツルゲエネフ(生田春月訳) | トップページ | 老人 ツルゲエネフ(生田春月訳) »