フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 蟲 ツルゲエネフ(生田春月訳) | トップページ | 柳田國男 山島民譚集 原文・訓読・附オリジナル注「馬蹄石」(24) 「甲斐ノ黑駒」(2) »

2019/05/27

キヤベツ汁 ツルゲエネフ(生田春月訳)

 

    キ ヤ ベ ツ 汁

 

 或る百姓の寡歸の一人息子に二十歲になる若者があつた、村中での一番の働き手であつたが、それが死んでしまつた。

 此の村の地主の奧樣が此の女房の不幸を聞き附けて、葬式の日に訪(たづ)ねて行つてやつた。

 女房は家(うち)にゐた。

 小舍(こや)の眞中(まんなか)の食卓(テエブル)の前に立つて、彼女はゆつくりと右の手を規則正しく動かして(左の手はだらりと垂れてゐた)、眞黑(まつくろ)になつた鍋の底から、薄いキヤベツの汁(スウプ)をしきりにすくつては飮んでゐた。

 その女房の顏は沈んで暗く、眼は赤く脹(は)れ上つてゐた……けれどもその樣子は寺院(おてら)にゐるやうにきちんとし、ちやんとしてゐた。

『まあ!』と奧樣は思つた。『こんな時にまだ食(た)べてゐられるなんて……この人達は何て感情(こゝろもち)が荒つぽいんだらう!』

 そしてそのをり、奧揉は自分が幾年前生後九ケ月になる娘を失くした時、悲しさのあまり、ペテルブルグの近傍にある大好きな別莊にも行かないで、一夏市街(まち)で過(すご)した事を思出した! その間女房はキヤベツ汁をすゝり續けてゐた。

 奧樣はとうとうこらへ切れなくなつて、『タチヤナ!』と呼んだ……『まあ! 驚いた! お前まあ息子(むすこ)の事を思はずにゐられるのかえ? こんな時にやつぱり物が食べたいのかえ? どうして汁(スウプ)なんか食べてゐられるのだらうね!』

『家(うち)のワアシヤは死んぢまひました』と女房は小聲で言つて、悲嘆の淚はまたもそのげつそり落ちた頰に流れた。『もう私(わし)も死んぢまひさうでございます、もう此の胸をかきむしられるやうでして。でも、汁(スウプ)はうつちやらかして置いちや勿體なうございます、これにはお盬が入(はひ)つとりますから』

 奧樣はたゞ肩を動かしたばかりで行つてしまつた。彼女には盬の價(あたひ)はわからなかつたのだ。

    一八七八年五月

 

キヤベツ汁、露西亞では盬に重税を課せられてゐるから、その寡婦が勿體ながつたのである。】

[やぶちゃん注:「とうとう」「死んぢまひました」は孰れもママ。「入(はひ)つとりますから」の「入(はひ)る」といふ語は「這ひ入る」の発音の一部が脱落した形の表記語であるから、歴史的仮名遣としては誤りではない。]

« 蟲 ツルゲエネフ(生田春月訳) | トップページ | 柳田國男 山島民譚集 原文・訓読・附オリジナル注「馬蹄石」(24) 「甲斐ノ黑駒」(2) »