フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 明月 伊良子暉造(伊良子清白) | トップページ | 老婆 ツルゲエネフ(生田春月訳) »

2019/05/10

藁屋 伊良子暉造(伊良子清白)

 

藁 屋

 

村のはづれのやま下に、

椎の木小陰をよすがにて、

あはれにすめる宿ありき。

屋根の古藁苔むして、

見るだにいとゞ荒たりき。

 

門にはきよき水ながれ、

せ戶には狹き畠ありき。

おみなはいでゝ衣あらひ、

おきなはいつも耕して、

その日その日を送りにき。

 

ほかにひとりの少女子の、

いともやさしき孫ありて、

町にいでゝは花を賣り、

村にかへれば花を採り、

かくて二人をなぐさめき。

 

村の人らの折々に、

つかれ休めに立よれば、

三人はいともうれしげに、

茶などくみつゝくさぐさの、

話にときを移しにき。

 

話にきけば少女子の、

父はいくさに討死し、

はゝは一昨年世をさりて、

わすれ形見に殘りしは、

花うる少女一人のみ。

 

少女はいとゞ幼くて、

まだ十一の春なれば、

二人はことにうつぐしみ、

むかふの町を朝ごとに、

花をうらせてすぐすとぞ。

 

かゝる話をきゝしより、

幼心にいとほしく、

父に乞ひては米送り、

はゝにこひては衣をやり、

三人をいたくめぐみにき。

 

はづれながらも近ければ、

あるは少女と花をつみ、

あるは媼のはなしきゝ、

朝な夕なにおとづれて、

あそばぬ日とてあらざりき。

 

さるを都にいと永く、

くらして今年きてみれば、

ふりし藁屋は人もなく、

椎の木高くたてるのみ。

門の小川は水かれて、

背戶の畠には草おひぬ。

あはれ三人はいかなれば、

この山陰をよそにして、

遠くいづちに移りけむ。

 

[やぶちゃん注:これより、明治二八(一八九五)年パートに入る。この年の十月四日で伊良子清白満十八歳となる。明治二十八年一月三日発行の『少年園』掲載。署名は本名の伊良子暉造。彼らしいしみじみとした物語風の一篇である。]

« 明月 伊良子暉造(伊良子清白) | トップページ | 老婆 ツルゲエネフ(生田春月訳) »