フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« おとづ れ ツルゲエネフ(生田春月訳) | トップページ | 太平百物語卷五 四十三 能登の國化者やしきの事 »

2019/05/25

南海の潮音 すゞしろのや(伊良子清白)

 

南海の潮音

 

 

  春 の 夜

 

ともし火くらき春の夜の、

窓によりそひ書よめば、

心のもつれはるかぜの、

氷吹きとくおもひあり。

 

都にひとりのこりゐる、

こひしき妹もわがごとく、

まなびの業のひまなさに、

夜すがら書をよむらむ。

 

障子の紙にさらさらと、

散りくる花のおとすなり。

かゝる宵にはこひ人の、

よくわが宿を訪ねしか。

 

げにわすれてはなにとなく、

人まつさまのこゝちして、

いなわぎも子は今宵しも、

おとづれこむと契りしが。

 

わがよむ聲をきくまゝに、

かれが優しきこゝろより、

柴のをり戶をあけかねて、

門に立つにはあらざるか。

 

まどを開きてながむれば、

あるかなきかの月影の、

弱きひかりにほの見えて、

たゞたえまなく花ぞ散る。

 

ともし火かゝげまたもわれ、

書よみおれば門の邊に、

とひくる人のけはひして、

わが名をよぶはかのきみか。

 

されどあたりに音はなく、

くま笹がくれうねうねと、

一すじ白く行く水の、

たえつつゞきつ見ゆるのみ。

 

しばらく書をよむほどに、

またしも妹のこゑはして、

はては障子をうつ花の、

散りくるふ音となりにけり。

 

花はますます散りしきり、

月はいよいよおぼろなり。

夜もはやいたく更けぬらし、

妹のきたるはいつならむ。

 

 

  醉 歌

 

あまつみくには

さゝやけき、

ひさごのなかに

あるぞかし。

 

ちりのうき世を

いとひなば、

きたりてこゝに

あそびませ。

 

わかきいのちの

いつまでか、

白きおもわの

われらぞや。

 

げにわか人を

たとふれば、

ゆめよりあはき

春の夜や。

 

夜はのあらしを

知れよとは、

法のうたにも

をしへたり。

 

くるしきこひの

かなしさに、

つき日をすつる

ことなかれ。

 

まなびのもりに

わけいりて、

あらたにまよふ

ことなかれ。

 

たゞなにごとも

うちわすれ、

この一つぎを

くめよかし。

 

見よ桃靑は

句にかくれ、

また雪舟は

繪にかくる。

 

をかしからずや

この酒に、

君と二人が

かくれなば。

 

ほまれといふは

ちりひぢか、

くらゐといふも

あくたなり。

 

にほへる顏の

くれなゐに、

まされるたから

世にあらめやも。

 

 

  詩 人

 

うた人ようた人よ、

君はいかなれば、

玉をまろばすいと竹の、

きよきしらべをいとはしと、

荒野のすゑにたちいでゝ、

あらしの樂をきくならむ。

 

うた人ようた人よ、

君はいかなれば、

たかきくらゐのあて人の、

たまふさかづきをうけずして、

みどりしたゝるおく山の、

松の淸水をくむならむ。

 

うた人ようた人よ、

君はいかなれば、

錦のしとねしきつめし、

たまのうてなにのぼらずに、

あらゝぎ匂ひさ百合咲く、

岩の小床にぬるやらむ。

 

うた人ようた人よ、

君はいかなれば、

彌生のはるの都路の、

花のさかりをめでずして、

名もなき草のしら露に、

熱きなみだをそゝぐらむ。

 

[やぶちゃん注:明治三〇(一八九七)年七月発行の『文庫』掲載。署名は「すゞしろのや」。

「あらゝぎ」はここでは、「万葉集」「源氏物語」以来、愛されたキク目キク科キク亜科ヒヨドリバナ属フジバカマ Eupatorium japonicum の異名と採っておく。]

« おとづ れ ツルゲエネフ(生田春月訳) | トップページ | 太平百物語卷五 四十三 能登の國化者やしきの事 »