フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 太平百物語卷三 三十 小吉が亡妻每夜來たりし事 | トップページ | マアシヤ ツルゲエネフ(生田春月訳) »

2019/05/14

世の終 ツルゲエネフ(生田春月訳)

 

    世 の 終

 

       夢

 

 私は露西亞の或る荒野(あらの)の一軒しか無い百姓家(や)にゐるやうに思つた。

 部屋(へや)は廣くて低く、窓が三つ附いてゐる。壁は白く塗られてあつて、家具一つ無い、家の前は荒凉(くわうりやう)たる原で、だんだんと傾斜してゐる。單調な灰色の空がその上に寢臺(ベツド)の天蓋(キヤノピイ)のやうに垂れ下つてゐる。

 私きりではない。部屋の中にはまだ十人ぱかりゐる。皆あたりまヘの人達で素朴な風をしてゐる。無言で、足音を忍ばせて、彼等は行きつ戾りつしてゐる。互に避け合つてはゐるが、絕えず心配さうに目を見交す。

 何故(なぜ)此の家へ來たか、一緒にゐるのはどんな人だか誰も知つてゐる者はない。どの顏にも不安と絕望とが見える……いづれも交(かは)る交(がは)る窓に寄つては、外から何か來(く)るのを待つてゐるやうに熱心に見廻す。

 それからまた不安氣に步き廻る。中に一人小さな子供がゐて、一本調子の細い聲で始終『お父さん、こはいよ!』としくしく泣きながら言ふ。この啜り泣(なき)で私の胸もわくわくして來て、私も恐(こは)くなり出した……何が恐(こは)いのか? 自分でもわからない。たゞ或る大きな、大きな災難が次第に近(ちかづ)いて來ることだけ

は感じられる。

 子供は矢張り泣きやまない。あゝ、此處から免(のが)れたい! どうも息苦(いきぐるし)い! 欝陶しい! 重苦しい……でも免れることは出來ないのだ。

 天(そら)は經帷子(きやうかたびら)のやうだ。それに風一つない……空氣は死ぬかどうかしたのだらうか?

 突然子供は窓に驅け寄つて、例の哀(あは)れつぽい聲で叫んだ、『あれ! あれ! 地而が落つこちた!』

『なに? 落つこちた?』實際、つい今迄は家の前には野原があつたのに、今は、家は大きな山の頂に立つてゐる! 地平線は墜落(つゐらく)し、陷沒(かんぼつ)して、家の直ぐ前は險しいまるで削り取つたやうな暗い絕壁になつてゐる。

 我々は皆窓に押寄せた……恐ろしさに我々の心は凝結した。『彼處(あすこ)だ! 彼處だ!』と私の隣にゐた者が囁いた[やぶちゃん注:「あすこ」はママ。]。

 そして見よ、遙か遠い地極(ちきよく)に添うて何ものかゞ動き出した、小さな圓い丘らしいものが舉(あが)つたり墜(お)ちたりし出した。

『海だ!』と云ふ念が同時に我々一同の胸に閃いた。『それは直ぐに我々を呑んでしまふだらう……だがどうしてこんなに高く來るものか! 此の絕壁の上まで!』

 けれどもそれは高まる、見る間に高まつて來る……もう遠方には起伏してゐるきれぎれの丘はない……打連つた恐ろしい一脈の波濤が全地平線を抱き込んでゐる。

 波濤は引(ひつ)さらひ、引(ひつ)さらつては、我々めがけて押寄せて來る! 地獄の闇黑(くらやみ)の中に渦卷いてゐる氷のやうな颶風(ぐふう)に乘じて逆卷き來る。あらゆるものは震撼した――かの轉がり來る塊の中には、雷のはためき、數限りなき喉から洩れる魂消(たまぎ)る叫喚があつた……

 あゝ! 何たる怒號(どがう)慟哭(どうこく)であらう! 地面そのものが恐ろしさに怒號してゐのだ……

 世の終り! 一切のものゝ終り!

 今一度子供は啜り泣いた。私は仲間の者につかまらうとしたその時、既に我我は殘らずその眞黑(まつくろ)な氷のやうな轟く波に壓(お)し潰され、葬られ、呑み込まれ、引つさらはれてしまつた!

 暗黑……永遠の暗黑!

 息もつげないで、私は目を覺ました。

    一八七八年三月

 

[やぶちゃん注:「呑み込まれ、引つさらはれてしまつた!」は底本では「呑み込まれ引つさらはれてしまつた!」であるが、「呑み込まれ」で行末であり、読点が組めなかったものと判断し、特異的に添えた。

「颶風(ぐふう)」強く激しい風。暴風。]

« 太平百物語卷三 三十 小吉が亡妻每夜來たりし事 | トップページ | マアシヤ ツルゲエネフ(生田春月訳) »