フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 藁屋 伊良子暉造(伊良子清白) | トップページ | 犬 ツルゲエネフ(生田春月訳) »

2019/05/10

老婆 ツルゲエネフ(生田春月訳)

 

    老  婆

 

 私は廣い野を一人步いて行く。

 突然背後(うしろ)に輕い用心深さうな足音が聞えた……誰かゞ從いて來る。

 振返つて見ると、灰色の襤褸(ぼろ)を纒うた小さな腰の曲つた老婆だ。襤褸(ぼろ)の中からは黃色な、皺の寄つた、鼻の尖つた、齒の無い顏ばかりが覗いてゐる。

 私は傍へ寄つた……老婆は立止つた。

『お前は何だ? 何が欲しいのか? 乞食かお前は?施與(ほどこし)を貰ひ度いのか?』

 老婆は答へない。私はその方に身を屈(かゞ)めて見て、老婆の兩眼とも一種の鳥に見られるやうに半透明な白い薄皮(うすかは)で蔽はれてゐるのに氣が附いた。彼女の眼はそれに依つて鋭い光から保護されてゐるのだ。

 けれどもこの老婆にあつてはこの薄皮(うすかは)が動かないで、瞳(ひとみ)も蔽うてゐる……それで私は彼女が盲目であると推した。

『施興(ほどこし)をくれろと云ふのか?』と私はもう一度聞いて見た。『何故(なぜ)お紛は私に從(つ)いて來(く)るのだ?』

 けれども老婆はやつぱり返事をしないで、かすかに身顫(みぶる)ひした。

 私は身を返して步き出した。

 するとまた例の輕い規則正しい忍び足とも云はゞ云はれる足音がする。

『また婆めが!』と私は思つた、「何故(なぜ)私にくつゝいて來るんだらう?』けれども私は直ぐにひそかに附け加へた。『大方目が見えないものだから道に迷つて、私の足音について人里へ出ようとするんだらう、てつきりさうだ』

 けれども一種異樣な不安の念がだんだん私の心を捕へた。老婆は私に從(つ)いて來るぱかりではなくして、右へ左へ私を動かして、私は知らず識らずその命令に服してゐるのだと思ひ出(だ)した。

 けれども私は矢張り進んで行く……然し見よ、私の行手には黑く廣いものが……穴のやうなものがある……『墳墓!』と云ふ考へが頭に閃いた。『老婆は彼處(あそこ)へおれを追ひ込まうとしてゐるんだ!』

 私は急に振返つた。老婆はまたも私と對(むか)ひ合つた……然(しか)も今は目が見える! 老婆は大きな殘忍な不氣味な目で……摯鳥(ラウプフオーゲル)の目で私を見てゐる……私も彼女の顏を、彼女の目をきつと見た……と、また例の不透明な膜、また例の盲(し)ひた鈍い顏附……

『あゝ!』と思つた、「此の老婆はおれの運命だ。人閒の免(のが)れられない運命だ!』

『免れられない! 免れられない! いや、それは狂氣!……免れなけりやならぬ!』そこで私は違つた方向に向つた。

 私は急いだ……けれども矢張り後からはまたかの輕い足音がばたばた近づく……前にはまたかの暗い塚穴(つかあな)。

 また他の方に向ふ……また後にはおなじ足音、前には同じ恐ろしい黑鮎。

 追はれてゐる兎のやうに向きを變へて何方へ走つても……駄目だ、駄目だ!

『待てよ!』と私は考へた。『一つ誑(だま)してやらう! 何處へも行くまい!』そして私は直ぐ樣地面にすわつた。

 老婆は私より二步許り後に立止つた。音は聞えなかつたが、其處にゐるのを感じたのだ。

 不圖(ふと)向うの例の黑鮎を見やると、漂うて私の方へ這つて來る!

 ああ神よ! 私は見返る……老婆は私をぢつと見て、齒のない口を歪(ゆが)めて冷笑してゐる。

『免れられない!』

    一八七八年二月

 

[やぶちゃん注:「摯鳥(ラウプフオーゲル)」「摯鳥」は「シチョウ」(現代仮名遣)で爪と嘴を持ち、他の鳥をそれで攫(つか)み噛み殺して食う強い獰猛な肉食鳥、所謂、鷲・鷹等の猛禽類を指す。ルビの「ラウプフオーゲル」は「猛禽類」の意のドイツ語“Raubvögel”(カタカナ音写:ラオプフォーゲル)である。かく振っているからには、この一篇は「序」で生田春月が示した「ヰルヘルム・ランゲ」のドイツ語訳をもとにしているものと判る。一部で見かけ上では改行判断がつかない箇所は中山省三郎氏の訳に準じた(向後もその仕儀で行き、一々この注は附さない)。]

« 藁屋 伊良子暉造(伊良子清白) | トップページ | 犬 ツルゲエネフ(生田春月訳) »