フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 太平百物語卷五 五十 百物語をして立身せし事 附 奥書・冠首・全巻目録 /「太平百物語」~全電子化注完遂 | トップページ | ニンフス ツルゲエネフ(生田春月訳) »

2019/05/30

スフィンクス ツルゲエネフ(生田春月訳)

 

    スフィンクス

 

 上の方は柔かく、底の方は硬(かた)くきしむ黃色がかつた灰色の砂……見渡す限り際涯(はて)のない砂。

 そして此の沙漠の上、此の死せる砂埃(すなぼこり)の海の上には。埃及のスフィクスの巨大な頭が突出てゐる。

 これ等の厚い出張つ脣や、動くことなく開いた仰向いた鼻孔、二つの眼、二重の弓門(アーチ)のやうになつた高い眉の下に半ば眠り半ば醒めてゐるやうな眼などは何を言はうとしてゐるのだらう?

 それ等は何か言はうとしてゐるのだ。實際それ等は何か語つてゐるのだ。けれどもその無言の言葉を解し、その謎を解き得るものは、ただエヂプスだけである。

 ところで、私はかうした容貌(かほつき)を知つてゐる……それには少しも埃及風のところはない。白い低い額、出張(でば)つた頰骨。短かい眞直(まつすぐ)な鼻、綺麗な口に白い齒、柔かな口髭にちぢれた顎髯、ずつと懸け離れた二つの大きからぬ眼……そして頭には眞中(まんなか)から分けた髮を頂いてゐる。……ああ。それは汝である、カルプである、シドルである、セミヨンである、ヤースラアフやリヤザンの百姓、我が同國人、血あり肉ある露西亞人である! 汝もまたスフィンクスの仲間であるか?

 汝もまた何をか言はうとするか? 然り、汝もまたスフィンクスである。

 そして汝の眼、汝の光澤(つや)のない窪(くぼ)んだ眼もまた語つてゐる……そして汝の言葉もまた無言で謎のやうである。

 然し汝のエヂプスは何處にゐるか?

 惜むぺし! 汝のエヂプスとなるためには、百姓服を着ただけでは十分では無いのである。おお、全露西亞のスフィンクスよ!

    一八七八年十二月

 

スフインクス、埃及のスフインクスは誰でも知つてゐるが、露西亞の農夫をそれに比したのである。】

エヂプスはテエベの王、スフインクスの謎とは、朝は四本の足で行き、晝は二本の足で行き、夜には三本の足で行く者は何と云ふので、女面獅身翼を備へたスフインクスと云ふ怪物がこの謎に答へない者は皆岩から突落してしてしまふので、それを退治たものを王にすると云ふ布告が出ると、エヂプスが見事その謎を解いてそれは人間だと言つた。赤ん坊の時は四つん這ひ、大きくなると立つて步き、年を取ると杖を突くからだ。それでスフインクスは岩から身を投げて死に、エヂプスは王になる。その後の悲劇はソツオクレスの名作があつて、この間藝術座でも上演した。さう云ふ事からして、ツルゲエネフは埃及のスフインクスの面、更に露西亞農民の面それ自らを謎だと云つたのである。】

カルプ等は皆ありふれた百姓の名前。】

リヤザン等は地名。】

百姓服云々は百姓服を着て人民の愛願を獲ようとした熱狂的なスラヴ主義者、國粹主義者を諷したものである。】

[やぶちゃん注:本文が「スフィンクス」で、註では「スフインクス」であるのはママ。

「ソツオクレス」古代ギリシアの悲劇詩人のソポクレス(ラテン文字転写:Sophoklēs 紀元前四九六年頃~紀元前四〇六年頃)のこと。言わずもがなであるが、彼の「名作」とはギリシャ悲劇の最高傑作とされる「オイディプス王」(ラテン文字転写:Oedipus Tyrannus)のこと。紀元前四二七年頃の作とされる。]

« 太平百物語卷五 五十 百物語をして立身せし事 附 奥書・冠首・全巻目録 /「太平百物語」~全電子化注完遂 | トップページ | ニンフス ツルゲエネフ(生田春月訳) »