フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« いさり舟 すゞしろのや(伊良子清白) | トップページ | 和漢三才図会巻第三十九 鼠類 鼫鼠(りす) (リス類) »

2019/05/23

太平百物語卷五 四十 讃岐の國騎馬の化物の事

 

   ○四十 讃岐の國騎馬の化物の事

 或る僧、さぬきの國丸龜より、三井(みゐ)といふ所へ行(ゆく)とて、「千代池(ちよいけ)の堤(つゝみ)」といふを夜中(やちう[やぶちゃん注:ママ。])に通りけるが、むかふの方(かた)より、騎馬の、おほく、いなゝき來(きた)る体(てい)の聞へければ、此僧、心に、

『あやしや、夜(よ)いたく更(ふけ)て、何方(いづかた)へ行(ゆく)人々にて有(あり)けるぞ。』

と思ひながら、靜(しづか)に進み行けるに、蹄(ひづめ)の音、次第次第に近くなりて、今は其間(あいだ[やぶちゃん注:ママ。])十間(けん)[やぶちゃん注:約十八メートル。]斗(ばかり)にもなるらん、とおもふ折節、向ふの方(かた)を、

「きつ。」

と見るに、音斗(ばかり)はなはだしくて、其あや[やぶちゃん注:ここは単に姿・形・シルエットの意。]、少(すこし)も、見へず[やぶちゃん注:ママ。以下同じ。]。

『こは、ふしぎ。』

と、おもひながら、堤の上にかゝれば、かの騎馬、行過(ゆきすぎ)て、跡に、聞ゆ。

 此僧、いよいよあやしみ、思ふ樣、

『此堤より外(ほか)に行べき道、なし。あら、不審(いぶか)さよ。』

と、立留(たちとゞまり)て、能(よく)々きけば、堤の下(した)に、ありありと聞ゆ。

『さらば、行て見定めん。』

と、堤を下(くだ)りて見れ共、更に、見へず。

 しばらくして、又、上の堤に聞ゆ。

『扨は。』

と、上にあがりてきけば、いなゝく聲、下に、あり。

 下(した)へ、行けば、上に、音す。

 此僧、ふかく怪しみながら、今は、はや、すべきやうなく、志ざす方(かた)に行(ゆけ)ば、又、むかふの方(かた)に聞ゆ。

 追付(おつつき)てきけば、後(しりへ)に、あり。

 此僧、あきれて、四方(しほう)を見廻しければ、夜(よ)はゝや、東より白みて、ほのぼのと明渡(あけわた)りぬ。

 此僧、大きに仰天し、それより、三井にぞ、急がれける。

 後(のち)、能々きけば、古狐の、夜もすがら、徃來(ゆきゝ)の人を、かく、たぶらかしけるにてぞ有ける。

[やぶちゃん注:『さぬきの國丸龜より、三井といふ所へ行くとて、「千代池(ちよいけ)の堤(つゝみ)」といふを夜中に通りける』「千代池」は現在の香川県仲多度郡多度津町葛原に実在する(グーグル・マップ・データ。以下同じ)。丸亀城下(丸亀市内)はここの東北で直線でも三キロ半ほどしか離れていない。問題は「三井」で、このような地名を見出し得ない。方向から見て、南西方向の路次であるから、この延長線上で、「三」の附く古い地名は、恐らく、讃岐国旧三野郡の現在の三豊(みとよ)市三野(みの)町地区(取り敢えず最北の三野町大見をポイントしてある。広域の「三豊市」は現代になって統合で生まれた地名で元が「三野」の「三」由来であるから候補にはならない)と思われる。丸亀と三野のほぼ中間に千代池があることになるからである。万一、「三井」という地名が相応しい場所に別にあるとせば、御教授頂けると幸いである。

« いさり舟 すゞしろのや(伊良子清白) | トップページ | 和漢三才図会巻第三十九 鼠類 鼫鼠(りす) (リス類) »