フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 友と敵と ツルゲエネフ(生田春月訳) | トップページ | 岩 ツルゲエネフ(生田春月訳) »

2019/05/31

基督 ツルゲエネフ(生田春月訳)

 

    基  督

 

 私は夢で、まだ靑年と云ふより少年のままで、とある低い木造の教會にゐた。細い蠟燭は古い聖者の畫像の前に點々と赤くともつてゐた。

 七色(なゝいろ)をした光の輪が小さな燈明の火を取り卷いてゐた。教會の中は薄暗くぼんやりしてゐた……だが、私の前には澤山の人が立つてゐた。いづれもブロンドの髮をした百姓の頭ばかりであつた。それ等の頭は時々かがんで、ずつと下(さ)げてはまた上げる、丁度熟した麥の穗が夏の風の吹き過ぎる度に、ゆるやかに波を打たせるやうに。

 不意に、誰れやら後(うしろ)からやつて來て私の傍に立つた。

 私は彼の方には向かなかつた。けれども直ぐ此人こそ基督だと感じた。

 感動、好奇、畏怖の念が忽ち私を囚(とら)へた。私はやつと自分を制して……隣の人を見た。

 他(ほか)の人と同じやうな顏、凡ての人と毫も變りの無い顏であつた。眼は穩(おだや)かに心を籠めたやうに、少しく上の方を向いてゐる。脣は閉ぢられてゐるが、然し堅く結ばれてゐるのではなく、云はば上脣を下脣の上に休めてゐるやうである。濃くない髯は二つに分けられてゐる。手は組まれた儘ぢつとしてゐる。また着てゐる着物もあたり前のものである。

『どうしてこれがまあ基督だらう?』と私は思つた、『こんなあたり前の、何の特徴も無い人が! そんな事があるものか!』

 私は眞直(まつすぐ)向いた。ところが私が此のあたり前の人から眼を離すや否や、また此の傍に立つてゐるのが。基督その人に外ならぬと感じられた。

 また私は自分を制して振向いた……そしてまたそのおなじ顏、萬人に似た顏、見た事の無い顏ではあるが每日出會(であ)ふやうな顏を見た。

 すると急に心が重苦しくなつて私は我に返つた。その時私ははじめて悟つた、丁度このやうな顏が――萬人の顏と同じ顏が基督その人の顏であると。

    一八七八年十二月

 

基督、ツルゲエネフの基督教を窺ふに足る。ルナンが「基督傳」を書いたのと同じ精神で、基督を一個の人間として見ようと云ふのである。】

[やぶちゃん注:「ルナン」フランスの宗教史家で実証主義の思想家として知られるジョゼフ・エルネスト・ルナン(Joseph Ernest Renan 一八二三年~一八九二年)。当初は聖職を志したが、聖書原典研究へ向い、一八四五年に聖職を断念した。一八四八年の「二月革命」に動かされて書いた「科学の未来」(L'Avenir de la science:一八九〇年刊)で科学精神に基づいた実証主義思想を確立した。一八六二年、コレージュ・ド・フランス(Collège de France:フランスに於ける学問・教育の頂点に位置する国立特別高等教育機関)のセム語教授に迎えられたが、開講の辞で、キリストを「比類なき人間」と呼んだため、停職処分を受けた(一八七〇年に教授職に復帰)。生来の理想主義にもかかわらず、超自然的なものを認めようとせず、歴史的な立場から大作「キリスト教起源史」(Histoire de l'origine du christianisme:全七巻。一八六三年~一八八三年)に取り組み、特にその第一巻のイエス・キリストの伝記「Vie de Jésus」(一八六三年刊)がここで言う「基督傳」で、特に名高い(以上は主文を「ブリタニカ国際大百科事典」に拠った)。]

« 友と敵と ツルゲエネフ(生田春月訳) | トップページ | 岩 ツルゲエネフ(生田春月訳) »