フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 落花 伊良子暉造(伊良子清白) | トップページ | 姬百合 伊良子暉造(伊良子清白) »

2019/05/11

常盤の前 伊良子暉造(伊良子清白)

 

常盤の前

 

櫻はなさく高殿に、

      琴かきならしあそびしも、

    月影淸き秋の夜に、

        笛吹きすさびあそびしも、

          今はむかしとなりにけり。

  よそほひ飾りしあともなく、

        綾もにしきも色うせぬ。

    かはるこの身は恨まねど、

           いとし三人をいかにせむ。

     *  *  *  *

 伏見の野路はくれはてゝ、

       見渡すかぎりはるばると、

     雪ふりつもる夕まぐれ、

         いづこの誰れに宿からむ、

           かるべき宿もあらなくに。

   松の下蔭雲散りて、

         すさぶ嵐の音凄し。

     ひゆるこの身はいとはねど、

           いとし三人やさむからむ。

 

[やぶちゃん注:明治二八(一八九五)年三月の『少年文庫』掲載。署名は本名の伊良子暉造。特異な和歌のような分かち書きはママ。

「常盤の前」源義朝(保安四(一一二三)年~平治二月三日(一一六〇年二月十一日))の側室で、かの源義経の実母である常盤御前(ときわごぜん 保延四(一一三八)年~?)。義朝との間に今若(後の阿野全成(仁平三(一一五三)年~建仁三(一二〇三)年:鎌倉幕府開幕後も有力御家人として将軍家に仕えたが、正治元(一一九九)年に頼朝が死去し、甥の頼家が将軍職を継ぐと、全成は、実朝を擁する舅北条時政及び義兄弟の義時と結び、頼家一派と対立するようになった。建仁三(一二〇三)年五月十九日の子の刻に先手を打った頼家は武田信光を派遣し、全成を謀反人として捕縛し、御所に押し込め、同月二十五日に常陸国に配流され、六月二十三日、頼家の命を受けた八田知家によって誅殺された。享年)・乙若(義円(久寿二(一一五五)年~治承五(一一八一)年:異母兄の頼朝が挙兵すると、その指揮下に合流し、父である義朝から一字を採って義円と改名、治承五(一一八一)年、叔父源行家が尾張で挙兵すると、頼朝の命により、援軍としてその陣に参加した。墨俣川河畔にて平重衡らの軍と対峙(「墨俣川の戦い」)したが、この時、義円は単騎、敵陣に夜襲を仕掛けようと試みるも失敗し、平家の家人(けにん)高橋盛綱と交戦の末、討ち取られた。享年二十七)・牛若(義経(平治元(一一五九)年~文治五(一一八九)年:享年三十一)の三人(詩篇中の「三人」は「みたり」と読もう)に子を設けた。近衛天皇の皇后九条院藤原呈子の奥向きの召使いであったが、源義朝の側室となった。「平治の乱」(保元元(一一五九)年)で敗れた義朝が殺されると、常盤は平氏の追及を逃れて、三児を連れ、大和国に隠れた(本篇は現在の二月中旬のその折りの歴史詠である)。しかし、結局、平氏に捕らえられた母を助けるために六波羅に自首し、許された。この時、平清盛の妾となったとも伝えられる。のち一条大蔵卿藤原長成に嫁している。]

« 落花 伊良子暉造(伊良子清白) | トップページ | 姬百合 伊良子暉造(伊良子清白) »