フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 柳田國男 山島民譚集 原文・訓読・附オリジナル注「馬蹄石」(28) 「神々降臨ノ跡」(4) | トップページ | 那智瀑布賦 すゞしろのや(伊良子清白) »

2019/06/03

うたかた すゞしろのや(伊良子清白) (河井酔茗・横瀬夜雨との合作)

 

うたかた

[やぶちゃん注:本篇は明治三一(一八九八)年七月二十日発行の『文庫』掲載。署名は「すゞしろのや」。但し、河井酔茗・横瀬夜雨(既に示した通り孰れもパブリック・ドメイン)との合作。「さへつる」「さくり」の清音はママ。なお、「未通女」「おぼこ」の当字で、ここは未だ世間慣れ(擦れ)していない若い女性の意。また「閻浮」は「えんぶ」で「閻浮提(えんぶだい)」のこと。仏教の世界観での「四洲(ししゅう)」の一つ。須弥山(しゅみせん)の南方の海上にあるとする巨大な島で、その中央には閻浮樹(えんぶじゅ)の大森林があり、諸仏が出現する島とされた。具体にはインドを指したが、その後は辺縁に拡大し、遂には人間世界及び三世(さんぜ)の内の現世(げんせ)の代名詞となった。他に「閻浮洲」「瞻部(せんぶ)洲」等とも呼ぶ。]

 

もゝ舟はつる夕つけの、

鳥羽の港は見えながら、

白帆まきては碎けゝん、

三河のあまの小舟はも。

 

黑髮長きくはし女の、

蛋にあらねば汐なれぬ、

花の衣のかゝりては、

岸のいはほも靡きけん。

 

柩を土にをさむれば、

雲雀さへつる春の野の、

つぼすみれ咲く靑草も、

慰み難き墓なるを。

 

夫に嫁ぐとて行きしこの、

沈める舟のあと見ては、

答志の浦に玉藻刈る、

未通女の歌もつらきかな。

 

逆汐いかゞ荒くとも、

海になれたるかこならば、

み命ばかりたゝでもと、

思ふもあはれ數ならで。

 

いらこ岬のあらいはに、

くつをもめさで泣倒れ、

こかれたまへる妹君は、

今も渚にまたすらん。

 

さすが別れを惜みてか、

琴のつれびき遊ばして、

よめりをいはふ盃に、

むせびませしも今朝なれば。

 

せめて空しきからをだに、

さくり求めて歸らんと、

浪のまにまにかいやれど、

其れかと思ふちりもなく。

 

閻浮を戀ふるなき魂の、

若しも我身にうつりなば、

鳥羽の港にさす棹の、

せめて力もあるべきを。

 

今宵よりして吾妹と、

呼ばゝん人は世を代へて、

みなわの痕もなきぞとは、

雲の色にもさとるまじ。

 

數の小島は廻れども、

君待つ磯はあらなくに、

哀しき今日も立ちこむる、

汐のけふりにくれてゆく。

 

かへらぬ浪のあと追ひて、

何處にはてむわが舟ぞ、

七十五里の灘の上、

隈なく渡る月はあれど。

 

« 柳田國男 山島民譚集 原文・訓読・附オリジナル注「馬蹄石」(28) 「神々降臨ノ跡」(4) | トップページ | 那智瀑布賦 すゞしろのや(伊良子清白) »