フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 神國日本 戸川明三譯 附やぶちゃん注(64) 封建の完成(Ⅱ) | トップページ | 小泉八雲 神國日本 戸川明三譯 附やぶちゃん注(66) 封建の完成(Ⅳ) »

2019/07/01

小泉八雲 神國日本 戸川明三譯 附やぶちゃん注(65) 封建の完成(Ⅲ)

 

 懇々人道を教へ、道德の壞敗を抑制し、獨身を禁じ、祖先祭祀を嚴格に維持した此の法典が、ジエジユイト修道師の根絕の時に制定された事を考へて見ると、幕府が宗教の自由に關して取つた位置は、吾人には不思議な自由の一と見えるのである。第三十一條に宣言する處は、『貴賤共に、虛僞腐敗の宗派(ロオマ舊教)に關する他、現時まで行はれ來たつた宗教上の教義に關しては、彼等みな自身の好む處に從つて隨意である。宗門の爭は今迄此の國の害毒及び不幸となつた故に固くこれを抑壓しなければならぬ』〔有來宗門邪宗之外上下同可ㇾ任其意總而宗論は古來天下之不吉也堅可ㇾ令停止事[やぶちゃん注:「有り來たる宗門、邪宗の外、上下、同じく其の意に任すべし。總て宗論は、古來、天下の不吉なり。堅く停止(ちやうじ)せしむべき事。」。]〕……。併し此の條項の外見上の寬大は誤解してはならぬ、家族の宗教に關して、かく嚴峻なる法令を作つた立法者は、如何なる日本人も外國の信仰の爲めに、自己の種族の信仰を自由に棄ててよいと公言する人では無かつた。家康の眞の位置を了解するには、遺訓の全部を注意して讀まなければならぬ、――それは單にかうである、則ち、何人も彼の祖先祭祀に加へて、國家によつて許容された宗教を採用するのは自由であつた、といふのである。家康、自身も淨土宗の信者で、一般佛教に同情を持つて居た。併し彼は何よも先づ神道信者で、法典の第三條は義務の第一のものとして神を尊奉すベきことを命じて居る。――『心を淸くすべし、而して身體の存せん限り神の尊崇を怠る勿れ』〔尊崇神祇涿磨心身生涯不ㇾ可ㇾ怠事[やぶちゃん注:「涿」は「琢」の誤植と断じて特異的に訂して読んだ。「神祇を尊崇し、心身を琢磨し、生涯、怠たるべからざる事。」。]〕彼が祖先祭祀を佛教以上に置いたことは遺訓の第五十二條の本文に依つて明白である、その中に彼は他の種類の宗教を信仰するの故に、國家の信仰を等閑に附するに至ることのなうやう宣言して居る。此の本文は特に興味深いものである。

  『自他受身神國者儒釋仙道等の外國之教を
  以先ㇾ之專ㇾ之則暫閣我主人忠を他人之主
  に勵むかことしこれ失本之理にあらずや』

[やぶちゃん注:以上、全体が字下げなのでブラウザの不具合を考え、一行字数を減じた。「自他、身を神國に受く者、儒・釋・仙道等の外國の教へを以つて之れを先んじ、之れを專らにするは、則ち、暫(しばら)く我が主人を閣(お)きて、忠を他人の主に勵(はげ)むがごとし。これ、失本(しつほん)の理(ことわ)りにあらずや。」。「閣(お)く」は「手を離して下に置く」の意。]

 勿論將軍は、古の諸神の後裔から、その權威を受けて居ると公言しながら、これ等の諸神を疑ふ自由の權利を公言しては矛盾を生ずる譯である、彼の職責上の宗教上の義務は何等の妥協をも許さなかつた。併し遺訓の内にあらはれて居るやうな、彼の意見に伴なつて

居る興味は、遺訓はただ彼の後繼者にのみ閲讀せしめてこれを導く爲めのものであつて、公のものではなく、堅く私的の文書であつた事實に存するのである。全體として見れば、彼の宗教的位置は現存日本の自由主義の爲政家の位置と餘程よく似て居る――第一の宗教的義務は、日本種族の古來の信仰たる祖先崇拜なり、といふ愛國的確信を、條件として具備した佛教ならば、其の長所は何なりとも尊敬するといふ精神である……。家康は佛教に就いて愛着を有つて居た。併し此の點に於ても彼は何等狹量を示しては居なかった。彼はその遺訓に『我が子孫は常に淨土宗を信ずべし』とは書いたけれども、彼は天台宗の叡山の僧正で、彼の教師の一人であつたものを大いに尊敬して、此僧の爲めに天台宗の大僧正の位置のみならず、僧侶が至り得る最高の位階を授けてやった。その上將軍は叡山に赴いて國家繁榮の爲めに祈願を籠めた事もあった。

[やぶちゃん注:「天台宗の叡山の僧正で、彼の教師の一人であつたもの」家康の側近・ブレーンとして幕府初期の朝廷政策や宗教政策に深く関与した天台僧の天海(天文五(一五三六)年?~寛永二〇(一六四三)年)。大僧正(元和二(一六一六)年四月授位であるが、家康は直後の同月十七日に没している)で諡号は慈眼大師(じげんだいし)、「南光坊天海」「智楽院」とも呼ばれる。出自や年齢不詳(概ね享年は百歳を越えていたとされる)の謎めいた人物である。

 以下、一行空け。]

« 小泉八雲 神國日本 戸川明三譯 附やぶちゃん注(64) 封建の完成(Ⅱ) | トップページ | 小泉八雲 神國日本 戸川明三譯 附やぶちゃん注(66) 封建の完成(Ⅳ) »