フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 春の月 すゞしろのや(伊良子清白)・河井酔茗・木船和郷・横瀬夜雨・塚原伏龍による合作 | トップページ | 柳田國男 山島民譚集 原文・訓読・附オリジナル注「馬蹄石」(27) 「神々降臨ノ跡」(3) »

2019/06/01

春の野 S.S.(伊良子清白)

 

春 の 野

 

咲きては木々の花を彫り、

萠えては草に彩紋(あや)をおく、

春野よなれが細指に、

鋭利(するど)き鑿の香あり。

 

天津乙女か雲の上に、

さへづり飽かぬ鳥の歌。

春野よなれが紅唇(くちびる)に、

妙なる樂のひゞきあり。

 

冰れる虛空(そら)を溫めて、

息柔かき薄がすみ、

春野よなれが眼ざしに、

溢るゝ愛の光あり。

 

うかるゝ胡蝶(てふ)は風に舞ひ、

群がる蜂は花蜜(みつ)に醉ふ。

春野よなれが乳房(ちぶさ)に、

味美き酒の泉あり。

 

何をはぢらふ久方の、

月讀男おぼろにて、

春野よなれが柔肌(やははだ)に、

たのしき夢の宿あり。

 

[やぶちゃん注:明治三一(一八九八)年三月二十三日発行の『千紫萬紅 春の卷』(第四巻第四編)掲載。署名は「S.S.」(「すず」と「しろ」の頭音からか)。当該の同誌は古書店サイトで現物が確認出来たのであるが、博文館発行の『文藝倶樂部』の臨時増刊号であった。因みに、「千紫萬紅」は「さまざまな花の色のこと」を言う語。

 第四連の三行目「春野よなれが乳房(ちぶさ)に」の後半の音数律不全はママ。確信犯らしいが、朗読すると如何にもブレイク、躓いてしまい、甚だよくないと私は思うのだが。「ちちぶ(ふ)さ」でどうしていけないのだろう? フロイト的に考えてしまったよ。]

« 春の月 すゞしろのや(伊良子清白)・河井酔茗・木船和郷・横瀬夜雨・塚原伏龍による合作 | トップページ | 柳田國男 山島民譚集 原文・訓読・附オリジナル注「馬蹄石」(27) 「神々降臨ノ跡」(3) »