フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 光の瀧 すゞしろのや(伊良子清白) | トップページ | 柳田國男 山島民譚集 原文・訓読・附オリジナル注「馬蹄石」(29) 「神々降臨ノ跡」(5) »

2019/06/03

何を私は考ヘるだらう?……… ツルゲエネフ(生田春月訳)

 

    何を私は考ヘるだらう?………

 

 私が死ななければならぬ時に、若しその時何事かを考へることが出來たとすれば、何を私は考へるだらう?

 一生を無駄に費してしまつたこと、ずつと眠りつゞけて夢のやうにすごしてしまつたこと、人生の賜物(たまもの)を享受する道を知らなかつたことなどを考へるであらうか?

『なに? もう死ななきやならんのか? こんなに早く? そんな事があるものか! 私はまだ何一つする暇(ひま)もありやしなかつたんだ……これからやつと何かしようとしたばかりなんだ!』

 私は過去を追想するであらうか、經驗して來た僅かばかりの光彩ある瞬間を――わが身に貴い面影(おもかげ)や容姿(かほかたち)に思ひ浮べるであらうか?

 おのが惡行(あくぎやう)を思ひ出すであらうか、そしてあまりに遲く來た後悔の燃えるやうな苦みに胸を刺されるやうに覺えるであらうか?

 墓の彼方で私を待つてゐるものについて考へるであらうか……實際、其處で何ものかゞ私は待つてゐると考へるであらうか?

 否。……私は考へまいとするであらう、そして私の前を眞黑に閉(とざ)してゐる脅かすやうな暗黑から。自分の心を轉じさせよう爲めにのみ、强(し)ひて何かつまらない事に興味を向けさせることであらう。

 私は曾て、胡桃(くるみ)を嚙ませないと言つて、怒りつゞけてゐた瀕死の人を見た!……しかもそのどんよりした眼の底には、致命傷を受けた鳥の破れた翼のやうに何ものかゞ顫(ふる)へてゐたのである……

    一八七九年八月

 

« 光の瀧 すゞしろのや(伊良子清白) | トップページ | 柳田國男 山島民譚集 原文・訓読・附オリジナル注「馬蹄石」(29) 「神々降臨ノ跡」(5) »