フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 噴火の後日 すゞしろのや(伊良子清白) | トップページ | 靈泉 すゞしろのや(伊良子清白) »

2019/06/10

冬の水車場 すゞしろのや(伊良子清白)

 

冬の水車場

 

冬は來にけり水車場の

木立は枯れて霜柱

立つや宵々小狐の

來ては粉糠をぬすみ去る

 

苔むす杭に折かゝる

葦の枯葉に行く水の

水は朝に瘦せゆけど

からから車は廻りけり

 

廻れよ車汝が爲めに

主の身上も太らねば

米つく臼も太らねば

くるりくるりと廻れとぞ

 

藁屋の軒にうづくまる

里の小砂の山をつき

雀は低く下りなれて

小舍のひゞきに驚かず

 

古びし蜂の巢はあれど

恐れな子供病葉の

朽ちて重なる軒の梁

敵の甲は上にあり

 

いづれ土性、火性でも

水性でもなし畠に來て

麥蒔き了へし夕ぐれを

彼は聲なく歸るなり

 

鶴を放たばふさはしき

岸の並木の中にして

一本楡の木高きを

この小字の名にもせり

 

右せば里に出づるべく

左りは山と敎へたる

標の石の倒れしを

小舍の主は忘れたり

 

冬は來にけり倒れたる

石を忘るゝ冬は來て

今年も村にゆとりなく

橋はかゝらで暮るゝらん

 

[やぶちゃん注:明治三三(一九〇〇)年十二月十五日発行の『東海文學』(第一巻第二号)掲載。署名は「すゞしろのや」。]

« 噴火の後日 すゞしろのや(伊良子清白) | トップページ | 靈泉 すゞしろのや(伊良子清白) »