フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 自然は人に近づきて すゞしろのや(伊良子清白) | トップページ | 冬の水車場 すゞしろのや(伊良子清白) »

2019/06/10

噴火の後日 すゞしろのや(伊良子清白)

 

噴火の後日

 (數篇中一篇を揭ぐ)

 

石垣壞(くづ)れて立木を損じ

兒等喜悅(よろこび)の柿皆折れて

灰降り濁れる庭の池に

小手を拍(たゝ)けど鯉は寄らず

 

村人誰彼門(もん)に迫りて

米庫(こめぐら)開くを切(せつ)に乞へば

明日は戸の前蓆(むしろ)を布きて

施米(せまい)の料(りやう)の俵(たわら)を積まむ

 

岩屑落ちたる道を踏みて

木戶より山の燒を望めば

また地震(なゐ)震り來て鎭守の楠(くす)の

上に焰は强く上りぬ

 

竹の林の小家(こいへ)の中(なか)は

諸人(もろびと)互(たがひ)に肘を摩(す)りて

狹莚(さむしろ)一枚(ひとひら)席(せき)を學び

暗きを責むるか汚く罵(そし)る

 

白髮(しらが)の媼珠數を繰りて

佛名(みな)を唱ふる殊勝なれど

落ち行く夕日を朝日と誤り

物の笑の種を蒔きぬ

 

恐怖(おそれ)に人の性(さか)を損ひ

鍬硏ぎ鎌揮る勤を厭へば

教へ導く術(すべ)も盡きて

われ村長(むらをさ)の德は至らず

 

山燒焰しばし歇みて

野の色黃ばめば左右(さう)雲分れ

夕の空は步(ふ)の星屑の

領ずる境に限を見せぬ

 

大(だい)なる天地(てんち)の力を信じ

常の理及ばぬ微妙と知らば

自然の變轉旋るを俟ちて

我(われ)他(ひと)榮(さかえ)の時は到らん

 

[やぶちゃん注:明治三三(一九〇〇)年十一月二十三日発行の『新潮』(第四号)掲載。署名は「すゞしろのや」。現行の『新潮』(明治三七(一九〇四)年五月創刊)とは無関係。「料(りやう)」「俵(たわら)」「性(さか)」のルビはママ。意識的にルビを振っているのに、この歴史的仮名遣の誤りは異常。しかもこの一篇、今までの伊良子清白の詩篇に比して、有意に確信犯で韻律を崩そうとしているかのようにも思われる。最終二連の奇妙な事前哲学的叙述は、どうも私には言葉がいい加減に滑っているようで気に入らない。

「步(ふ)の星屑の」「領ずる境に限を見せぬ」よく判らない謂いだが、「步」には「天体の運行を推し量る」の意があるから、「雲の裂け目に見えている夜空の星くずの動きを司ってるところのその天界の力」に対して火山の自然力は自ずとその限界を見せていた、とでも言うのであろうか。]

« 自然は人に近づきて すゞしろのや(伊良子清白) | トップページ | 冬の水車場 すゞしろのや(伊良子清白) »