フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 明日は! 明日は!  ツルゲエネフ(生田春月訳) | トップページ | 『絞罪にせい!』 ツルゲエネフ(生田春月訳) »

2019/06/02

自然 ツルゲエネフ(生田春月訳)

 

    自  然

 

 私は夢に高い丸天井(まるてんじやう)のついた地下の大廣間にゐた。あたりはあまねく地下の光に照らされてゐた。

 その廣間の眞中に、綠色のふうわりした衣(きぬ)を着(つ)けた威巖のある一人の婦人がすわつてゐた。頭を手で支(さゝ)へて、深い沈思に耽つてゐるやうであつた。

 私は直(す)ぐにこの婦人が『自然』そのものであると知つた。すると畏敬の念が心の奧底まで沁み渡つて、ぶるぶると身ぶるひがした。

 私は此のすわつてゐる人に近寄つて、恭しく身を屈(かゞ)めて、『おお私達の共通の母よ!』と叫んだ、『あなたは何をお考へになつてをります? 人類の未來の運命についてですか? それとも人類がどうしたら最高の完全や最大の幸福に達し得られるかと云ふことですか?』

 婦人はその黑い脅(おびやか)すやうな眼をおもむろに私に向けた。その脣は動いて、そして私は鐡の響のやうなよく徹(とほ)る聲を聞いた。

『私は蚤がその敵から一層容易に逃げられるやうに、その足の筋肉にもつと强い力を與へる方法を考へてゐる。攻擊と防禦との平衡(バランス)が破れてしまつた……元のやうに直さなくてはならない』

『何ですつて』と私はどもつて言つた、『あなたはそんな事を考へていらつしやるのですか? 然し私達人間はあなたの寵兒(ちようじ)ぢやありませんか?』

 婦人はかすかに眉を顰(ひそ)めた。『あらゆる生物は皆私の子供です』と彼女は言つた、『だから私は同じやうに皆の爲めに圖(はか)つてやりもし、また同じやうに皆を破滅させるもする』

『けれども善……理性……正義は……』と私はまた吃(ども)つた。

『それは人間の言ふ言葉だ』と鐡のやうな聲は答へた。『私は善も惡も知らない……理性なんぞ私の法則にはならない――そして正義とは何のことだ?――私はお前に生命(いのち)をやつた、私はそれをまたお前から取つて、他(ほか)の者にやる、人間にでも森にでも……何だつてかまやしない……だからお前もそれ迄は自分の事によく氣を附けて、私の邪魔などしなさるな!』

 私はまだ何か言ひ抗(あらが)はうとした……けれども地面は鈍い唸きを發して震動し出したので、私は目を覺ました。

    一八七九年八月

« 明日は! 明日は!  ツルゲエネフ(生田春月訳) | トップページ | 『絞罪にせい!』 ツルゲエネフ(生田春月訳) »