フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 鳩 ツルゲエネフ(生田春月訳) | トップページ | 春の野 S.S.(伊良子清白) »

2019/06/01

春の月 すゞしろのや(伊良子清白)・河井酔茗・木船和郷・横瀬夜雨・塚原伏龍による合作

 

春 の 月

 

[やぶちゃん注:本篇は河井酔茗(既注通り、パブリック・ドメイン)・木船和郷(「さいたづま」参照。生没年の確認は出来なかった(「さいたづま」の冒頭添書きから伊良子清白とはほぼ同年代と推定される。可能性は低いと思われるが、彼が万一、パブリック・ドメインになっていなかった場合はこの詩篇を削除する。没年を御存じの方はお教え願えると幸いである)・横瀬夜雨・塚原伏龍(後の島木赤彦(明治九(一八七六)年~大正一五(一九二六)年:パブリック・ドメイン。伊良子清白より一つ年上。発表されたこの時、長野尋常師範学校を卒業し、翌四月より北安曇郡池田会染尋常高等小学校の訓導となった)五名との合作。合作の内容は不詳だが、五篇から成るので、それぞれどれかを主担当し、内容を全員で協議して手を入れたものか。よく判らぬ。「一」の「しつかなる」「たとりくる」「やすくそ」「かゝけては」「急く」(音数律から見て「せく」ではなく「いそく」(いそぐ)であろう)「誰か」(音数律から見て「たか」(誰(た)が)である)、「二」の「君か」「わか」「かつく」、「三」の「わか上」、「四」の「花かけ」「わか心」「むかしなからの」の「なかむれば」、「五」の「君か」「死なはや」「おほろ舟」(「朧舟」であろう)「こきてや」の清音は総てママ。明治三一(一八九八)年三月二十日発行の『文庫』掲載。署名は「すゞしろのや」。

 

   

 

松しつかなるいそ山へ、

汐のけふりの沖こめて、

いさりする火や村肝の、

心消え消えたとりくる。

 

聲こそなけれ世の岸に、

よせぬ隙なき浪の上を、

やすくそ渡る眞帆片帆、

誰か夢のせて島かげに。

 

長き裳裾のもつるゝを、

片手に高くかゝけては、

急くとばかり思へども、

胸押へてはたゆたひて。

眞砂の上によこたはる、

主なき舟のふなべりに、

現なき身をよせかけて、

何處をかける思ひそも。

 

あれあれ遠くなほ遠く、

朧のそらをかすめきて、

あを呼ぶ聲と聞ゆるは、

月にや松のさゝやける。

 

   

 

眺めよろしきこの浦に、

慰むかたやありなむと、

たらちのをやのま心を、

いなみ難くて宿れども。

 

君か在するあづま路の、

都のかたのこひしくて、

よひよひ每にてる月の、

くもり勝なるわか思ひ。

 

せめて海苔採る蜑の子の、

かつく少女に代りなば、

刈藻と髮はみだれても、

亂れさりしをこゝろ迄。

 

夫なる君にいとはれて、

去られしことも忘れねど、

こひの絆をたちかねて、

迷ひのみちに迷ひつゝ。

 

   

 

重ぬる夢のやすからで、

若きいのちの幸もなく、

かはく隙なきわが袖を、

しつかにはらふ春の風。

 

なさけも薄き世の人の、

語るもにくしわか上を、

君にはなれて吾こゝろ、

何れの岸につなぐべき。

 

かすみも匂ひ花も咲へ、

かの高どのゝ夕まぐれ、

仰きし影に行くくもも、

樂かりしかふたりして。

[やぶちゃん注:「咲へ」の読みは不詳。「わらへ」では音数律が如何にも悪いから違うので「ゑへ」だろうか。しかし、語としての発音はよくないし、無理がある気がする。識者の御教授を乞う。]

 

月よむかしの月ならば、

亂れてほそき玉の緖の、

今は絕えなむと斗りを、

せめて人に語れかし。

 

   

 

望みに生くる人の世に、

幸うすかりし少女子の、

ゆくて短き世のきしに、

過こし空をみかへれば。

 

月もすみだの夕じほに、

ひと夜うかべし二葉舟、

ふれし斗りの棹ならば、

さしても事はなかりしを。

 

おなじ流れのおなじ岸、

ともに廻りし花かけに、

人の情けのなどてかく、

身にしみそめしわか心。

 

花こそ咲かねいそ山の、

かすみにこもる月の色、

むかしなからの大空を、

くもる眼になかむれば。

 

   

 

君かあたりになびき寢て、

みだれしかみを姿見に、

うつしゝ頃の忘られで、

いまも淚のこふるゝに。

 

寢覺がちなる此夜らに、

たまたまさめて有明の、

淋しき影を泣かむより、

死なはやとこそ思はるれ。

 

葦間につなぐおほろ舟、

こきてや出む春の夜を、

はてなき海に流れても、

月は浪路に靜かなれば。

« 鳩 ツルゲエネフ(生田春月訳) | トップページ | 春の野 S.S.(伊良子清白) »