フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 柳田國男 山島民譚集 原文・訓読・附オリジナル注「馬蹄石」(40) 「水邊ニ牧ヲ構ヘテ龍種ヲ求ム」(1) | トップページ | 岩波文庫本のはしに 清白(伊良子清白) / 岩波文庫版詩集「孔雀船」の序 »

2019/06/23

鄕軍勇士におくる歌 伊良子清白

 

鄕軍勇士におくる歌

 

   

聖戰すでに酣に

皇軍の意氣天を衝く

君等を送りて早(はや)幾(いく)日

凱歌は故國に轟けり

   

醜賊未だ平がず

山河(が)草木掃蕩の

神軍さながら火(ひ)の如し

潰滅期(き)して待たんのみ

   

外力(ぐわいりよく)依存(いぞん)あるはまた

長期抗戰敵は吼ゆ

堂々威武の進擊に

四百餞州の空(そら)朗(ほがら)

   

斷乎の決意邁進の

一路は前に橫たはる

堅忍持久膺懲(ようてう)の

皇師(し)はいよいよ猛からん

   

祖國日本の興廢は

君等の肩にかゝるなり

戰線銃後團々と

一つに燃ゆる焰かな

 

[やぶちゃん注:昭和一三(一九三八)年二月三日附『伊勢新聞』に掲載。底本は総ルビに近いが、五月蠅いので、パラルビとした。「膺懲(ようてう)」はママ(歴史的仮名遣では「ようちよう」でよい)。「皇師(し)」は「皇」にルビなくして「し」は「師」一字のみへのルビである。署名は「伊良子清白」。この年、伊良子清白、満六十一。四月五日に岩波文庫版の詩集「孔雀船」が刊行されている。その序「岩波文庫本のはしに」はこの後で電子化して示す。

「膺懲(ようてう)」敵や悪者を打ちこらしめること。この場合の「膺」は「胸」ではなく、「負わせる」の意。但し、この時、この熟語は特殊な限定的意味を持っていた。則ち、「暴支膺懲(ぼうしようちょう)」(「暴戻(ぼうれい)支那(しな)ヲ膺懲(ようちょう)ス」(「暴虐な中国を懲らしめよ」)を短縮した四字熟語)で、これはこの前年に勃発した「日中戦争」(一九三七(昭和一二)年七月七日に発生した「盧溝橋事件」に端を発する「支那事変」)に於ける大日本帝国陸軍のスローガンであったからである。ウィキの「暴支膺懲」によれば、『大本営が国民の戦闘精神を鼓舞するために利用したスローガンでもあ』り、『盧溝橋事件および通州事件』(昭和一二(一九三七)年七月二十九日に中国の通州(現在の北京市通州区)に於いて、中国人部隊の冀東(きとう)防共自治政府保安隊が、日本軍の通州守備隊・通州特務機関及び日本人居留民を襲撃殺害した事件)『以降は特に用いられるようになり、「暴支膺懲国民大会」が数多く開催された。同年』七月二十一日にはファッショ政党『日本革新党が日比谷公会堂で開催した』『ほか』、九月二日に『東京府東京市(当時)の芝公園で開催された対支同志会主催・貴族院及び在郷軍人会、政財界後援による暴支膺懲国民大会では「抗日絶滅」や「共匪追討」がスローガンとなっており、政財界・言論界の人物が登壇したという』。『対米英開戦後(太平洋戦争中)は「鬼畜米英」が前置されるようになり、合わせて「鬼畜米英、暴支膺懲」となった』とある。さすれば、この表題もそれに合わせた如何にもなものであることが判る。「鄕軍勇士」は一語ではない。「鄕軍」は「在郷軍人」であり、「勇士」は中国の戦線にいる兵隊を指しているのである。]

« 柳田國男 山島民譚集 原文・訓読・附オリジナル注「馬蹄石」(40) 「水邊ニ牧ヲ構ヘテ龍種ヲ求ム」(1) | トップページ | 岩波文庫本のはしに 清白(伊良子清白) / 岩波文庫版詩集「孔雀船」の序 »