フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 那智瀑布賦 すゞしろのや(伊良子清白) | トップページ | 何を私は考ヘるだらう?……… ツルゲエネフ(生田春月訳) »

2019/06/03

光の瀧 すゞしろのや(伊良子清白)

 

光 の 瀧

 八月八日澗月鐡南兩子と共に河内國光の瀧にあそぶ。南河内
 郡瀧畑村の山中にあり。深山窮谷の境遊客甚だ稀なりといふ。

[やぶちゃん注:本篇は明治三一(一八九八)年九月十五日少年園営業部発行の『靑年文 第壱集』に掲載されたもの。署名は「すゞしろのや」。

「澗月」掲載誌は『文庫』であるから、以下の「鐡南」と同じく『文庫』派の仲間であるが、不詳。

「鐡南」既注であるが、再掲しておくと、木村喜代子氏の論文「伊良子清白」(昭和四〇(一九六五)年(?)。「Osaka Shoin Women's University Repository」所収のもの(但し、部分)がPDFでダウン・ロード可能)に、「鉄南」について注に、『堺の覚応寺の嗣子で、本名河野通該、当時錦西小学校の教師をしていた。『よしあし章』の同人』とある。木村氏の当該論文では彼宛の書簡を引用しており、それを読むと、詩人仲間としてはかなり親密であったことが窺われる。

「南河内郡瀧畑村の山中にあ」る「河内國光の瀧」とは「河内國」の「光」(こう)「の瀧」で(詩篇本文に出るそれは音数律から確かに「ひかり」ではなく「こう」と音読みしていることが判る)、現在の大阪河内長野市滝畑にある「光滝(こうたき)」のことである。滝畑ダム上流の「滝畑四十八滝」の一つとして特に有名らしい。ここ(グーグル・マップ・データ(以下同じ)。サイド・パネルの画像も見られたい)。You Tube のスペっぷ氏の「滝畑ダム・光滝(こうたき)<大阪 河内長野市>」の6:00以降で現況動画が見られる。標題も「こうのたき」と読んでおく。

「むかひの山の名におひて」とあるが、山名は不詳。ずっと東に岩湧山はあるが、続く詩句と「岩湧」との連関が私にはよく判らぬ。しかし直後に出る「寺」はこの滝の下流直近にある光滝寺(こうたきじ)か、そうすると、やはり岩湧山か。しかし、「光の御寺の跡とかよ」とあるから廃寺の跡か(光滝寺は現存する)。やはり、よく判らぬ。現地に行かずんばならずか。

『道の聖の「時まちて、』「法の燈ともせかし、」「光の瀧つ瀨石はしる、」『音」とうたひし』

今のうつゝにうかぶなり。「道の聖」も一首も不詳。識者の御教授を乞う。

「泅ぎ」「およぎ」(泳ぎ)。

「豐けき」「ゆたけき」。豊かな。豊饒に満ちた。

「水嵩」「みかさ」。「みずかさ」で水量のこと。

「長野の里」この川(「石川」と言う)の下流の河内長野の町。]

 

錦織るてふ錦部の、

山は南に連りて、

和泉に界するところ、

光の御瀧は落つといふ。

嶺に棚引く朝雲の、

立ち分れ行く涼しさに、

山路に咲ける秋草の、

花も夢よりさめいでゝ、

われら三人の賓客を、

迎へがほなる野邊のさま、

稻葉の波に見えかくれ、

社の杜もそよぐなり。

さ百合の花ををらんとて、

友の一人があやふくも、

まろびしこともおもしろく、

うなゐの兒等に伴ひて、

草刈歌をおぼえしも、

鄙の放路の興なりき。

百合野の川の岩かねは、

垂る蘿にうづもれて、

暗き峽間を流れ去る、

水に音なき淵の底。

むかひの山の名におひて、

扇に畫く秋の色、

露に洗へるてふてふの、

羽がひもかろく舞ふやらむ、

棗(なつめ)實れる賤が家に、

筧の水の音澄みて、

炭を荷へる黑駒を、

門の榎樹に繫ぎたり。

松杉立てる瀧山の、

麓の里は疎らなる、

烟の中の竹林、

人をとがむる犬ぞなく。

丸木の橋をうち渡り、

靑葉の中を分けくれば、

山の半ばに荒れたるは、

光の御寺の跡とかよ。

七堂伽藍榮えたる、

昔の夢の影もなく、

たゞ戀祈る人のため、

佛は殘りたまふらむ。

か黑き髮を結びたる、

御堂の柱かたぶきて、

僞ゆゑにうせしてふ、

女の恨のこるなり。

御寺の友は小枝さす、

木々のしげみに包まれて、

しぐるゝ蟬の聲のみぞ、

靜けき晝をまもりたる。

流をせきてさかのぼる、

瀨々の白波冷やかに、

水窮りて谷窄み、

石橫たへて道もなし。

四十八瀧山深く、

百合の岩窟(いはや)をきて見れば、

五つ重る花瓣の、

北に向ひて開くかな。

瀧の花蘂(しべ)ま白なる、

萼(うてな)の底に咲きみだれ、

山の嵐の吹き立ちて、

千本の糸は搖ぐなり、

綠の空は低くして、

沈める影を行く雲の、

天つ光はいつの日か、

瀧のしぶきにはるゝらむ。

光の御寺の御佛の、

この瀧壺を出でませし、

遠き例も見ゆるまで、

道の聖の「時まちて、

法の燈ともせかし、

光の瀧つ瀨石はしる、

音」とうたひし面影の、

今のうつゝにうかぶなり。

友の二人は衣ぬぎて、

淸きながれに泅ぎつゝ、

われは岩ほを攀ぢのぼり、

香れる草の上をふむ。

うたゝねさそふ鳥の音は、

佛法僧の聲にゝて、

祕密の森にあらねども、

さびしき秋にたへかねて、

水もすみうく思ふらん、

流れて洞を去ぬるめり。

かへさの道に夕立ちて、

雨やどりせし瀧畑の、

賤が女の物語り、

みは山家の米搗きて、

都の花は知らねども、

豐けき秋の祝賀とて、

去年の祭も賑ひき、

紅葉のころはまた來ませ、

滝の水嵩やまさるらん、

村の男が網張りて、

魚捕る業も見ませやと、

をしへくれしはわすられず。

峪をいでし山川の、

秋の光に照らされて、

虹こそかゝれ西東、

彼方此方にたちきれて、

あまり景色のをかしさに、

よろしき歌もよみつれど、

長野の里に酒酌みて、

醉の心地にまぎれつゝ、

殘らず忘れはてにけり。

 

« 那智瀑布賦 すゞしろのや(伊良子清白) | トップページ | 何を私は考ヘるだらう?……… ツルゲエネフ(生田春月訳) »